小銭貯金はプチ節約の代表格です。

ゴールが見えなくていつの間にか小銭を貯金箱に入れることを忘れてしまうということはありませんか。

そこで紹介するのが「365貯金」です。

いくら貯まるのかがはっきりしていること、シートを使うことで達成感が得られやすいことが特徴です。

誰でも簡単! チリツモ「365貯金」 金額が見える 達成感が得られる 続けられる

「365貯金」をおすすめする理由

始めやすいけれど、いつの間にか忘れてしまうのが小銭貯金です。

小銭貯金が続かない理由には、

・目標が設定しづらい

・いくら貯まったのか分かりにくい

といったことが挙げられます。

365貯金の特徴は、

・いくら貯まるのかがはっきりしている

・達成感が得られやすい

ということです。

小銭貯金のデメリットが解消されているので続けやすいという訳です。

しかも、続けているといつの間にか7万円弱のお金が貯まります。

「365貯金」のやり方

365貯金アプリ

≪「365貯金」のスマホアプリ≫

ここからは、詳しい方法を紹介します。

必要なアイテム

365貯金を始めるために用意するものは、たったの2つだけです。

1. 小銭を入れる貯金箱や容器

2. 1~365までの数字がマスに書かれた用紙

用紙は手書きでもパソコンで作ってもどちらでも構いません。

「365貯金」記録用スマホアプリもリリースされているので、それを使うのもお手軽な方法です。

具体的なやり方

「365貯金」では、1円から365円までの小銭を貯めていきます

入れた金額の数字を塗りつぶしていきましょう

例えば、2円を入れたら2と書かれたマスを塗るのです。

筆者の365日貯金シート

「365貯金」の特徴

塗りつぶすことで毎回達成感が得られますし、マスが埋まっていくことから自分がどれだけ小銭貯金を続けられているのかが視覚的にわかりやすいのが魅力です。

達成金額が明確なので、

・ モチベーションが上がりやすい

・「貯まったら〇〇に使おう!」という目標が立てやすい

こともポイントと言えます。

「365貯金」のマスがすべて埋まると66,795円貯まります。

最大で365円しか入れないのに、結構大きな額ですよね。

「365貯金」わが家の場合

SNSやネット上では「365貯金」用のかわいいシートも配布されていますが、私は実用性重視のエクセルで作ったシンプルなシートを使っています。

「365貯金」では毎日小銭を入れることを目標にしている人が多いようですが、わが家の家計管理法では「お金を使わない日」もあるので毎日は入れていません

代わりに、1,000円入れて365円、265円、205円、165円など合計して1,000円になるような複数のマスを塗ることもあります。

「365貯金」でお釣りや余り予算をコツコツと貯めた結果、1年弱の期間で負担なく6万6,795円を貯めることができました。

貯めたお金で、家族3人の近県1泊旅行に出かけました。

現在は、2回目の「365貯金」に挑戦中です。

家族で楽しみながらやるのも一興

お子さんがいるご家庭の場合、マスを塗りつぶすのをお子さんにお願いするのもよいかもしれません。

家族全体で節約意識が高まりそうです。

「365貯金」で楽しくお金を貯めて、有意義に使いましょう。(執筆者:金子 ゆかり)