日用品や雑貨だけでなく生鮮品まで、さまざまなものがインターネットで買えるようになった便利な時代に、ネットショッピングを活用している方は多いでしょう。

ところで皆さん、ネットで買い物する時はどのサイトを使っていますか?

Amazon
ヤフーショッピング
楽天市場
Q10

などの大手ネットショップから、欲しいものをチェックして、最安値で買うこともあると思います。

しかし最安値で使い分けるより、1つのサイトに絞ったほうがおトクな理由が2つあります。

通販サイトを映すPCと手

あなどれないポイント還元

ネットショッピングで買い物をすると、ほとんどのサイトでポイントを付与してもらえます。

ポイント還元率はキャンペーン等にもよりますが、原則1%のポイントを付与しているサイトが多いです。

たかが1%、されど1%。

月にどの程度の買い物をするかは人それぞれですが、筆者の場合、日用品から洋服、お中元を始めとするギフト等…すべて合わせると、平均して月に3万円以上はネットで買い物をしています。

単純計算で、年間36万円になり、36万円の1%は…3,600円です。

これは、なかなか無視できない数字だと思いませんか?

しかも筆者がメインに使っている楽天市場の楽天スーパーポイントの場合、ネットに限らず、加盟店であれば普段のお買い物でもポイントを貯められます

ダイコクドラッグマクドナルドなど店舗数の多いお店がたくさん加盟しているので、よりポイントが貯まります。

スマホでネットショッピングをする女性

理由1.:ポイントの還元率が上がる

ポイント還元率は1%のサイトが多いと最初にお伝えしましたが、これはあくまで、一般的な還元率です。

各ネットショップサイトはさまざまなキャンペーンやポイント還元セールを打ち出しています。

月の獲得ポイント数に応じて還元率が上がることも多いです。

また楽天市場を例に出すと、楽天のクレジットカードを作ってそのカードで決済するだけでポイントはなんと3倍になります

たくさんのサイトのキャンペーンを逐一チェックするのは大変で、見落として損をしやすく、サイトの価格、ポイント還元率、キャンペーンを比較…1回のネットショッピングにそれほど時間をかけていられないのが本音です。

だから、1つのサイトに絞ったほうが効率的にポイントが貯められるというわけです。

理由2:ポイントの失効を防げる

ポイントの有効期限は、

最後にポイントを取得、もしくは使用した日から1年間

というサイトが多く、例えばネットショッピング大手である楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングは全てそうです。

せっかく貯めたポイントも、失効してしまっては意味がありません

サイトを1つに絞ることで、こういうミスを防げます。

筆者はネットショッピングとクレジットカード、ポイントカードを楽天に絞るようになってから、年間2万ポイント前後を安定して稼げています

賢くポイントを貯めて、失効する前に使って、ポイント活用のサイクルを作りましょう。(執筆者:中村 香織)