11/20のお得決済

ウエルシア:Tポイント→1.5倍分で使える / 今日はロッテリアでポテト半額 / 4コマ(5回目)

新たなネット通販「PayPayモール」 Yahoo!ショッピングとの違い、支払い方法、ポイント還元に絞って解説

2019年10月17日、PayPayが手掛けるネット通販サイト「PayPayモール」がオープンしました。

今勢いに乗っているPayPayだけに、ポイント還元がどうなるのか注目です。

また、既存のYahoo!ショッピングとの違いも気になります。

今回はPayPayモールの概要を紹介した上で、Yahoo!ショッピングとの違い、支払い方法、ポイント還元の3つに絞って解説しましょう。

PayPayモールとは?


≪画像元:PayPayモール

PayPayモールは、スマホ決済サービス「PayPay」の名を冠したネット通販サービスです。


≪画像元:PayPayモール

・ LOHACO
・ ZOZOTOWN
・ コジマ
・ ゴディバ

など、約600のお店が出店します。

PayPayモールとYahoo!ショッピングの違いは?


≪画像元:Yahoo!ショッピング

PayPayの親会社であるヤフー株式会社では、通販サイト「Yahoo!ショッピング」も運営しています。

Yahoo!ショッピング利用者にかかわらず、PayPayモールとYahoo!ショッピングは何が違うのか、気になるのではないでしょうか。

厳選店のみがPayPayモールに出店可能

まず以下の条件を満たし、Yahoo!ショッピングを運営しているヤフーから優良店と認められなければ、PayPayモールに出店できません

・ Yahoo!ショッピングベストストアアワードの受賞歴&過去90日間のうち80%以上の期間で優良店

・ Yahoo!ショッピングで年間1.2億円以上&過去90日間のうち80%以上の期間で優良店

・ 上場企業または上場グループに加入

・ 上場グループを含み年商100億円(家電のみ500億円以上)の事業者

比較的厳しい出店条件ですので、PayPayモールでは安心してお買い物ができそうです。

PayPayモールはジャンルで表示が異なる

PayPayモールには、ファッション・家電・食品・アクセサリーなど多彩なジャンルが用意されています。

Yahoo!ショッピングにも同様のジャンルがそろっていますが、ジャンルにかかわらず検索結果の表示は変わりません。

≪画像元:ヤフー株式会社

一方のPayPayモールでは、ジャンルごとに検索結果の表示が異なっています

家電は商品名や品番、店名が分かりやすいです。

レディースファッションは画像を重視し、おすすめコーディネートも分かります

横のタブで、画像の表示方法や並び順も変更できます

画面の見栄えも、PayPayモールの方が高級感がありますね。

14日以内であれば返品OK

サイズ間違いなどがあった際、PayPayモールでは14日以内であれば返品OKとしています。

これは利用者にとってはうれしい話ですね。

チャット・電話でも問い合わせ可能なので、サポートも期待できそうです。

PayPayモールの支払い方法

ペイペイの支払い方法

PayPayモールの支払い方法は、以下の通りです。

・ クレジットカード払い
・ PayPay残高払い
・ デビットカード決済
・ 代金引換(商品代引)
・ キャリア決済(携帯電話料金合算支払い)
・ モバイルSuica
・ コンビニ決済
・ 銀行振込(ペイジー)

以下で、支払い方法ごとに詳しく見ていきましょう。

クレジットカード払い

登録可能なクレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、ダイナース、アメックス、ヤフーカードです。

入力の手間はかかるものの、Yahoo!ウォレットに登録していなくても利用できます

分割払い、リボ払い、ボーナス払いが可能ですが、アメックスは1回払いのみ、セゾン、ダイナースは分割払いができません。

ショップによって対応しているクレジットカード、支払い回数が異なりますので、購入前に確認しましょう。

PayPay残高払い

PayPayモールでは、PayPay残高を使った支払いができます

支払い方法は、全額残高払い、もしくはクレカ一括払いや分割払いと併用のいずれかです。

・ PayPay残高払いに対応していないお店
・ ログインせずに注文
・ 発送先が複数

の場合はPayPay残高払いを利用できません。

デビットカード決済

デビットカードを使った決済も可能です。

デビットカードを使うと、設定している金融機関口座から購入金額が即時に引き落とされます

注文のキャンセルの際は、カード会社によって返金される日数が異なります。

キャリア決済

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いだけでなく、auかんたん決済、ドコモ払い(スマホ版のみ)など自社系列でない携帯キャリアの合算支払いにも、PayPayモールでは対応しています。

ただし、PayPayモールではキャリア決済に以下のような上限額を設定しています。

モバイルSuica

モバイルSuicaでの利用限度額は2万円です。

モバイルSuicaでの支払い方法は、以下のように行います。

1. 支払い方法で「モバイルSuica」を選択
2. モバイルSuicaに登録済みの携帯メールアドレスを入力
3. 注文完了後、携帯メールアドレスにモバイルSuicaの支払い案内メールが届く
4. メールの指示に従い支払いをする

コンビニ決済

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップで、支払いが可能です。

コンビニによって、端末操作が必要なところとレジに直接行くところがあります

利用限度額は30万円で、コンビニでの支払いは現金のみです。

ペイジー

各金融機関のATMやインターネットバンキングから支払いができます。

利用限度額は金融機関によって異なります。

PayPayモールのポイント還元は?

高還元キャンペーンをバンバン展開しているPayPayですので、PayPayモールを利用してどれだけのポイント還元があるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

PayPayモールを利用した際に還元されるポイントの種類、ポイント還元率は以下の通りです。


≪画像元:ヤフー株式会社

ストアポイントとして、1%分のTポイントが還元されるのが基本です。

支払い方法で上積みポイントを得るには、PayPay残高払いかヤフーカード支払いがいいでしょう。

ただし、より多くのポイント還元を受けるには、Yahoo!プレミアム会員やソフトバンクユーザーになるのが手っ取り早いです。

また、還元されるPayPayのポイントについても、以下のように違いがあります。

PayPay残高払い:「PayPayボーナス」を還元

キャッシュレス・消費者還元事業、Yahoo!プレミアム、ソフトバンクユーザー:「PayPayボーナスライト」を還元

PayPayボーナス、PayPayボーナスライトとも、出金やわりかんには利用できません

加えて、PayPayボーナスライトには60日間の有効期間がありますので注意してください。

大規模キャンペーンも実施予定。これからのPayPayモールに要注目

PayPayモールが誕生しました。

既存のYahoo!ショッピングと比較して高級感があり、ストアも厳選されていて安心です。

PayPayフリマと比較して支払い方法も豊富です。

もちろんポイント還元もあり、ヤフー、ソフトバンク関連のサービスを利用していると、ザクザクポイントがたまります。

近日中に大規模キャンペーンも実施予定とのことなので、これからのPayPayモールの動きに要注目です。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (346) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう