我が家流「攻め」の増税対策3本柱 支払いが増えるなら収入を増やす作戦

前回の記事では、増税に対抗する手段として支出を抑えるべく、

(1) 不要な支出(特に固定費)を減らす

(2) 可能な限りポイントを獲得する

(3) ポイントを支払いに利用するよう設定

という守りの3本柱を紹介しました。

今回の記事は、反対に攻めの対策です。

節約には限界がありますから、収入を増やす対策も進めてみましょう。

できる範囲からのスタートでも大丈夫です。

早速みていきましょう。

1. 不用品をフリマアプリやブックオフで売る

ブックオフ

こちらの記事にも書きましたが、筆者は増税前に在庫チェックを兼ねて片づけをしてみました。

すると、大きめ段ボール4箱分もの古本やCD、DVDが出てきました。

早速ネットでブックオフに買い取りを依頼、メルマガで届いた査定額25%アップのクーポンをしっかり利用しています。

指定した日に宅配業者が集荷に来てくれますので、店に運ぶ手間はありません。

2日後に査定結果がメールで届きました。

驚いたことに結果は、1万6,000円超えです。

ブックオフ買取査定

本は新しいほど高い値がつきましたが、かなり古いガイドブックも買い取ってもらえました。

値がつかないものがあっても、本棚がスッキリして気持ちもすっきりします。

ちなみに、入金は翌日にきっちりされていました。

もし、とりわけ思い入れがあったり、希少価値の高い物は、メルカリなどのフリマアプリがおすすめです。

熱い気持ちを紹介文に書き綴れば、共感してくれる人に譲ることができます。

2. 在宅ワークで収入アップ

ランサーズトップページ

≪画像元:ランサーズ

次はモノを売るのではなく、あなたの知識や経験を使って稼いでみましょう

主婦など家を空けられないという方でも大丈夫です。

昨今は、ネットで完結する在宅ワーク(クラウドソーシング)がたくさんあるので活用しない手はありません。

このクラウドソーシングは、「ランサーズ」、「クラウドワークス」の2社に代表されます。

いきなり仕事を請け負うのはプレッシャーがかかりますので、まずはアンケートから始めてみましょう

サイト検索や体験談の投稿など、特別なスキルが不要な仕事募集もたくさんあります。

一般的なアンケートサイトより報酬単価は高めに設定されています。

ランサーズアンケート

≪画像元:ランサーズ

3. マネー情報へのアンテナをはる

いまはキャッシュレス決済の群雄割拠、新しい決済方法が次から次へと誕生して、キャンペーン展開で競い合っています。

一方で1日平均10億円が消費者に還元されており、政府は想定よりも早く予算が不足する可能性を明らかにしました。

今後、還元ポイントの割合や期間が大きく変更される可能性もあります。

消費者が気づかないうちに変更されている政策もありますから、常にチェックしておきましょう。

日経新聞

≪画像元:日本経済新聞社

日経新聞を毎日読むのは大変かも知れませんが、マネー情報サイトの記事を毎日チェックするだけでもマネーリテラシーは格段に上がります。

さらに最新情報を入手することが可能です。

節約で「防御」と収入アップで「攻撃」

今回の記事では、節約ではなく収入をアップする「攻め」の方法をご紹介しました。

可処分所得が年々減っている今だからこそ、収入につながる道を複数持つことをおすすめします。

増税を機に投資にチャレンジするのもよいかもしれません。

節約で「防御」と収入アップで「攻撃」、バランスよく組み合わせてた戦略で賢い消費者になりましょう。(執筆者:安藤 鞠)

この記事を書いた人

安藤 鞠 安藤 鞠(あんどうまり)»筆者の記事一覧 (35)

子供のころから実験が大好だった根っからの“リケジョ”ママライターです。常にコスパと合理性を追い求めた結果、お金をかける/かけない部分の差がはっきりとしてきました。隙あらばお金をかけずに海外旅行に飛び立ちます。ネコ派。工学修士(環境工学)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう