「PayPayフリマ」送料無料の恩恵で、定価の1/10で買い物ができた筆者 お得なキャンペーンは見逃しません

PayPayフリマ、使っていますか。

「品物が少ない」という声もありますが、ライバルも少なく送料分安く買える今はチャンスです。

筆者のお得な経験をご紹介します。

お得なクーポンがもらえる

PayPayフリマ登録すると、初めてのお買い物の際、1,000円以上の購入で使える500円引きのクーポンがもらえることはご存じの方も多い事と思いますが、1度買い物をすると随時お得なクーポンが送られてきます。

筆者には、今までに、2種類のクーポンが送られてきました。

筆者のアプリ内画像

≪筆者のアプリ内画像≫

公式にはお知らせはありませんので、ランダムの配信のようですが、もらえたらうれしいクーポンです。

定価の1/10で欲しかった品物をゲット

現在、PayPayフリマが送料を負担してくれるキャンペーンを行っています。

ペイペイフリマ送料全額負担キャンペーン

≪画像元:PayPayフリマ

出品者側としては、送料がいらない分安く売れます

筆者も売り切りたいものや、かさばるものはできるだけ安い価格で売っています。

おそらく、多くの出品者の方は同様に考えているのではないでしょうか。

裏を返せば、それだけ安く落札できるということでもあります。

筆者は新品同様の品を定価の10分の1の価格で手に入れられました。

分厚いニット

ニットは、厚みがあり175円では送れません

圧縮袋に入れてコンパクトにして発送してくれる方もいますが、皆がそうしてくれるとは限リません。

ゆうパックやヤフネコ宅急便の最小サイズ600円の送料分が上乗せされて価格設定されることが多いようです。

しかし、今回の送料無料キャンペーンで

「お安く出品されているのでは」

と思って「タートルニット」を検索してみました。

すると、うれしいことに1度着用のみの「未使用に近い」すてきなセーターが1,800円で出品されていました。

筆者のアプリ内画像タートルニット

フリマアプリで買い物する時にブランドや商品名などがはっきりしている場合、公式の販売サイトから同じものを見つけられます。

そこで、服の場合なら丈や素材などの詳しい情報を得られます。

今回、見つけたニットをタイトル、ブランドで検索してみると、ZOZOTOWNで1万円ほど売られていることがわかりました

モヘヤ混のステキなセーターです。

お安いのですが、図々しくも価格交渉ボタンで100円だけお値下げをお願いしてみました。

すると、数時間後に了解の通知がきました。

そこでさらに500円オフのクーポンを使って最終的に600円引きの1,200円で購入できました

ツボ押しグッズ

ニールズヤードツボ押し

≪画像元:ニールズヤード

筆者はパソコン作業が多いので、肩凝りに悩んでいました。

ネットで評価の高い ツボ押しグッズがあるのですが、お値段相応の効果があるのでしょうが3,960円とちょっとお高く、試してみたいと思いつつ、手を出せずにいました。

ニールズヤードツボマッサージローラー

こちらも、ほとんど使用していないという品を破格の値段で発見しました。

そこでクーポンを使用し、380円の2割引き、 304円で購入できました

幅約13㎝、高さが約6㎝と結構大きさがあり、通常なら送料600円分が必要になっていますが、度外視したお値段です

筆者のアプリ内画像破格のツボ押し

届いた品物の使い心地は期待通りで、木の突起の根元にゴムのクッションがあり、肩に押し当てた時に心地いい刺激を得ることができ、満足のいく買い物ができました。

さらにお得なキャンペーンも実施中

ペイペイフリマ20%戻ってくるキャンペーン

≪画像元:PayPayフリマ

PayPayフリマの購入で最大20%相当戻ってくるキャンペーン

キャンペーン期間:2019年11月1日~2019年12月25日

PayPay残高で支払うと10%還元、ソフトバンクスマホユーザー(スマートログイン設定)なら最大20%還元となる、大型キャンペーンが開催されています

キャンペーンの今、出品者の方も送料がいらない分、安く設定してくれている場合があるので欲しかった品物を検索してみてはいかがでしょうか。(執筆者:桐谷 春音)

この記事を書いた人

桐谷 春音 桐谷 春音(きりたに はるね)»筆者の記事一覧 (56)

二児の母。経理の仕事の傍ら、ライターのお仕事をしています。趣味は読書、洋裁、手芸。お得情報を求めてのネットサーフィンが大好きです。FX歴5年。かなりのおっちょこちょいでおおざっぱですが、こんな私でもできた節約やお得情報をご紹介していきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう