携帯端末で使えるSuicaには、

・ モバイルSuica
・ Apple PayのSuica
・ Google PayのSuica

の3つがあります。

筆者も含めてその違いが分からない人が多いと思いますが、いまさら聞くのもちょっと恥ずかしいので調べてみました。

今回は携帯端末で使える3つのSuicaを徹底的に比較したいと思います。

携帯端末で使える3つの「Suica」の基本

まずは、モバイルSuica・Apple PayのSuica・Google PayのSuicaの概要をまとめていきます。

モバイルSuica

モバイルSuicaのイメージ

≪画像元:JR東日本

「モバイルSuica」は、JR東日本が提供するアプリです。

従来はカードでしか使えなかったSuicaを、携帯端末でも電車に乗って買い物ができるようにしたものです。

ちなみに、Android端末ではこのアプリを「モバイルSuica」と呼んでいますが、iOS端末ではなぜか「Suicaアプリケーション」と呼んでいます。

今後は混乱を避けるため、iOS端末のSuicaアプリケーションも「モバイルSuica」と呼ぶこととします。

Apple PayのSuica

Apple PayのSuica

≪画像元:JR東日本

「Apple Pay」はApple社が提供するアプリで、iPhoneなどiOS搭載端末で利用できます。

「Wallet」と呼ばれる財布の中で複数の電子マネーを管理することができるものです。

管理できる電子マネーの一つに、Suicaも含まれています。

Google PayのSuica

Google PayのSuica

≪画像元:JR東日本

Google PayはGoogle社が提供するアプリで、GALAXYなどAndroid搭載端末で利用できます

仕組みはApple Payと似たもので、もちろん電車に乗ったり買い物をしたりできます。

3つのSuicaを徹底比較

概要がある程度分かったところで、いよいよモバイルSuica・Apple PayのSuica・Google PayのSuicaを比較します。

1.【年会費】モバイルSuicaのみ有料

まずは、年会費を比較してみましょう。

・ モバイルSuica:1,050円

・ Apple PayのSuica:無料

・ Google PayのSuica:無料


3つの中で、モバイルSuicaだけが年会費有料ですが、ビューカードを紐づけしておくと無料になります。

Android端末でモバイルSuicaを利用する場合は年会費が発生しますが、iOS端末でモバイルSuicaを利用する場合は年会費がかかりません

また、2019年9月3日からは、モバイルSuicaの年会費を支払った人に、年会費相当のJRE POINTをプレゼントしているため、実質無料です。

さらに、2020年2月26日以降は、モバイルSuicaの年会費が完全に無料化されます。

2.【利用可能端末】モバイルSuicaはガラケーでも使える

次に、それぞれのSuicaを利用できる携帯端末を比較します。

・ モバイルSuica:iOS端末・Android端末・フィーチャーフォン(ガラケー)

・ Apple PayのSuica:iOS端末

・ Google PayのSuica:Android端末


Apple PayのSuicaはiOS端末(iPhoneなど)、Google PayのSuicaはAndroid端末(GALAXYなど)でしか利用できません。

一方のモバイルSuicaは、iOS端末やAndroid端末に加えてフィーチャーフォン(ガラケー)でも利用可能です。

ただしガラケーは、クレジットチャージや定期券の新規購入などログインを伴うサービスが、2020年2月25日以降に利用できなくなる予定です(機種によって異なる)。

3.【Suica定期券の新規購入】モバイルSuicaのみ可能

定期券の新規購入ができるかどうかについても、比較してみました。

・ モバイルSuica:できる

・ Apple PayのSuica:できない

・ Google PayのSuica:できない


Apple Pay・Google PayのSuicaは、定期券の新規購入ができません。

Apple Pay・Google PayユーザーがSuica定期券を購入するには、モバイルSuicaアプリをダウンロードしてそこからSuica定期券を新規購入するのが手っ取り早いでしょう。

1度購入すれば、Suica定期券の継続はApple Pay・Google Pay上でも可能です。

ただし、Google PayユーザーがモバイルSuicaを利用するには、年会費1,050円が必要です(年会費無料の条件は同じ)。

4.【Suicaグリーン券の購入】モバイルSuicaのみ可能

モバイルSuicaで購入

≪画像元:JR東日本

普通列車に併設されていることもあるグリーン車を利用するには、グリーン券が必要です。

・モバイルSuica:できる

・Apple PayのSuica:できない

・Google PayのSuica:できない


Suicaにグリーン券情報を書き込むことができるのは、モバイルSuicaのみです。

Apple PayやGoogle PayのSuicaユーザーがグリーン車を利用する際には、磁気券を事前購入するか車内で購入しましょう。

5.【チャージ方法】モバイルSuicaのチャージ方法が最も豊富

Suicaへのチャージ方法も比較してみましょう。

charge方法

最も多彩なチャージ方法を用意しているのが、モバイルSuicaです。

機能を一部制限した「EASYモバイルSuica」でしたら、キャリア決済によるチャージもできます。

Apple PayのSuicaにクレジットチャージする際、VISAブランドは利用できないので注意してください。

≪画像元:JR東日本

ちなみに、駅でチャージをする際に自動券売機・多機能券売機ではチャージができず、ピンク色のチャージ専用機でしかチャージできません

6.【オートチャージ】モバイルSuicaのみ可能

オートチャージはモバイルSuicaのみ可能

≪画像元:ビューカード

Suicaの残額が設定した残額以下になると、改札利用時に自動的に設定金額チャージしてくれる便利な機能、それがオートチャージです。

・ モバイルSuica:できる

・ Apple PayのSuica:できない

・ Google PayのSuica:できない


ビューカードを紐づけしたモバイルSuicaのみ、オートチャージが可能です。

Apple Pay・Google Payでオートチャージを利用するには、モバイルSuicaのダウンロードが必要となります(Google Payは年会費がかかる)

モバイルSuicaのダウンロードをせずにApple Pay・Google PayのSuicaを利用する際には、リマインダー機能を活用するといいでしょう。

7.【カードタイプSuicaからの移行】Apple Payはデポジット返却手続きが不要

「カードタイプのSuicaは面倒だから、携帯端末で使えるSuicaに移行しよう」

と考えている人も多いでしょう。

カードタイプのSuicaを発行するには500円のデポジットを支払いますが、携帯端末で使えるSuicaに移行した際のデポジットの扱いも異なります。

・ モバイルSuica:窓口で手続きが必要

・ Apple PayのSuica:デポジットがチャージされた状態になる

・ Google PayのSuica:窓口で手続きが必要


カードタイプのSuicaからApple PayのSuicaに移行させると、500円がプラスされてチャージされた状態となります。

この500円は、言うまでもなくデポジットです。

モバイルSuica・Google PayのSuicaに移行した際は自動でチャージされず、デポジットを返金してもらうにはカードを持ってみどりの窓口へ行かなければなりません。

8.【改札通過の手間】Apple Payはエクスプレスカード設定が必須

エクスプレスカードをかざす

≪画像元:Apple

Suicaを使って改札を通過する際、手間取っていては混雑の原因となります。

改札通過の手間について、3つを比較してみました。

・ モバイルSuica:スムーズに通過

・ Apple PayのSuica:本人認証作業が必要

・ Google PayのSuica:スムーズに通過


Apple Payでスマホ決済をするためには、Touch ID(指紋認証)やFace ID(顔認証)が必要で、これで手間取る可能性が高いです。

それを避けるため、Apple PayのSuicaにのみ搭載されている機能が「エクスプレスカード設定」です。

対象のSuicaを設定するだけで、本人認証作業を省略できるため、改札通過だけでなくスピーディーな買い物に欠かせません。

9.【電池切れ・電源オフ時の利用】Apple Payはバッテリーのピンチに弱い

携帯端末は電池が命です。

電池切れの状態でも使えるか、電池切れに備えて電源オフの状態でも使えるか、比較してみましょう。

・ モバイルSuica:電池切れでも使える・電源オフでも使える

・ Apple PayのSuica:電池切れでも使える(条件付)・電源オフでは使えない

・ Google PayのSuica:電池切れでも使える・電源オフでも使える


電池切れであっても、わずかにバッテリーが残っている状態(電源は入るがすぐに切れる状態)であれば、モバイルSuica・AndroidのSuicaは利用可能です。

Apple PayのSuicaが電池切れの場合、iPhone XS以降の端末であれば、「予備電力機能付きエクスプレスカード」機能によって、前述のエクスプレスカード設定をしたSuicaを最大5時間利用できます

電源をオフにするとApple PayのSuicaは利用することができませんので、改札口の係員に申し出てください。

10.【JRE POINT】貯めるにはモバイルSuicaが最もシンプル!

JRE POINTを貯める

≪画像元:JRE POINT

これまで、利用しても基本的にポイントが貯まらなかったSuicaでしたが、2019年10月よりSuicaでの鉄道利用でJRE POINTが貯まるようになりました。

・ モバイルSuica:貯められる・使える

・ Apple PayのSuica:貯められない・使えない

・ Google PayのSuica:貯められない・使えない


モバイルSuicaならば、JRE POINT WEBサイトで登録をするだけで、JRE POINTを貯めることも使うこともできます。

さらに、モバイルSuicaでオートチャージ・定期券の購入などをすると1.5%分のJRE POINTが、鉄道利用で2%分のJRE POINTが貯まります

Apple Pay・Google PayはJRE POINTを貯める&使う際にモバイルSuicaが必要です。

モバイルSuicaをダウンロードしておくと便利!

モバイルSuica・Apple PayのSuica・Google PayのSuicaの比較結果を、簡潔に表にまとめました。

モバイルSuica・Apple PayのSuica・Google PayのSuicaの比較結果

結論から言いますと、

最も便利なのはモバイルSuica

です。

モバイルSuicaのデメリット

・ 現在のところ年会費がかかる可能性がある

・ カードタイプのSuicaから移行の際に、窓口に行かないとデポジットが返却されない

Apple Pay・Google PayのSuicaでも使えないことはありませんが、モバイルSuicaと組み合わせることで利便性が増します

気になる年会費も、ビューカードを持っていれば年会費無料ですし、支払ったとしても現在のところは年会費相当のJRE POINTが付きます。

Apple Pay・Google PayのSuicaで使えない機能(オートチャージ、Suicaグリーン券の購入など)を利用したい方は、モバイルSuicaのアプリをダウンロードしてください。(執筆者:角野 達仁)