冬になるとお湯を使う機会が増えますね。

でもそのような時に限って、ガス給湯器の故障などトラブルが起こったりします。

修理で済む場合はよいけれど、長年使っているといずれは買い替えの時期がやってきます。

ガス給湯器は、最新のものがいろいろと販売されていて、

・ガス代の節約になる
・将来的に元がとれる
・補助金が出る

など、魅力的な話がいっぱいです。

しかし、本当にそのガス給湯器はお得なのかと思う方の参考になる、我が家のガス給湯器買い替え事例を紹介します。

ガス給湯器買い替えの実際

「エネファーム」と「エコジョーズ」

今までは新築戸建てに引っ越してきた時にすでに設置されていた「エコウィル」を使っていました。

約12年使用していた「エコウィル」が使えなくなり、2018年1月に給湯器を買い替えました。

その時に提案されたのが、「エネファーム」と「エコジョーズ」です。

初期費用にかなりの差があるのですが、結局どちらがお得なのかと購入前はいろいろと悩みました。

この2つの違いを簡単に説明します。

「エネファーム」の特徴

エネファームの特長

≪画像元:OSAKA GAS

まずは、「エネファーム」の特長からあげていきます。

(1) エネルギーを最大限に生かし、暮らしの中で、電気をつくる。

(2) 光熱費を年間約11万4,000円削減できるお得な料金メニュー。

(3) 1次エネルギー消費量とCO2を、同時に削減。

(4) コンパクト設計。

(5) 24時間高効率な発電をキープし、余った電気はお得にシェア

(6) 運転状況の遠隔見守りと10年間のフルメンテナンスで安心。

(7) 家中どこでも外出先からでも、ガス機器を遠隔操作。

(8) 停電発生時に自立運転で発電を継続。給湯・暖房も使用可能。

など、さまざまな魅力的なメリットがあります。

ただし、価格がかなり高額です。

設置条件や取扱業者などによっても変わりますが、だいたい160〜200万円します。

ちなみに我が家の見積価格は、「エコウィル」の撤去費用・設置代全て込みで約160万円でした。

「エコジョーズ」の特長

エコジョーズの特長

≪画像元:OSAKA GAS

(1) 従来は捨てていた燃焼ガスの熱までお湯づくりに再利用することで、エネルギーをムダなく利用して高効率を実現。

(2) エネルギーの有効活用で、従来システムに比べガス代が約1万1,000円/年お得

(3) これからの地球環境に配慮。年間約240kg-CO2(約13%)のCO2排出を削減。

と、「エネファーム」に比べるとやや見劣りするかもしれませんね。

我が家の見積価格は、「エコウィル」の撤去費用・設置代全て込みで約50万円でした。

高額な「エネファーム」と迷った末に「エコジョーズ」にした理由

我が家の買い替え時に、これだけの価格差があるにも拘らず迷った理由は、

発電と売電ができるので、長い目で見ると「エコジョーズ」よりもお得になる

という説明を聞いたからです。

その長い目というは、約10年だそうです。

つまり、初期費用の価格差を埋めるのに約10年かかり、その10年以降はずっとお得になるわけです。

悩んだ末に、我が家で選んだのは「エコジョーズ」です。

理由は、「エネファーム」では価格差を埋めるのに10年かかってしまうということです。

「エコウィル」 は12年で動かなくなりましたが、もしも同じように12年動いたとしても、お得になるのは2年間だけです。

もしかしたら、もっと早くに故障してしまうかもしれません。

反対にもっと長く使えるかもしれません。

10年後のことはわからないので、今の価格差を選択したということです。

「エコジョーズ」を使用してみての所感

「エコジョーズ」に変えてから、ガス代・電気代の変化が気になりましたが、1年間使って言えることは、

ガス代は少し下がり、電気代は少し上がり、トータルでは「エコウィル」 を使っていた時とほぼ同じ

です。

ガス代が下がった理由は、「エコウィル」もガスで発電していたので、その分の費用がかかっていました。

そして電気代は、発電でまかなっていた分がなくなり、その分上がったという訳です。

結局どちらも使ってみないと、本当にお得なのがどちらかわかりませんが、初期費用に100万円以上の差が大きいことを考えると、我が家の場合は「エコジョーズ」でよかったと思っています。

給湯器の買い替えにお悩みの方は、参考にしてください。(執筆者:堀越 まき)