領収書でなくレシートでも大丈夫?

釣り銭トレイの上の領収書

仕事で使った経費の精算には、領収書が必要です。

領収書には「日付、宛名、金額、但し書き、発行者の住所・氏名」がありますが、レシートには、そのほかにも「人数」「品名」など細かい情報が記載されています。

ただし「宛名」がないため、利用者を特定できません

そのため、会社ではレシー トではなく、領収書をもらうように指示されていると思います。

領収書の本来の目的は、「支払った」ことの証明です。

会社としては、不正な申請 をさせないように、利用者が特定できる資料を求めますが、税務上は、「支払った」 ことの証明ができればいいので、発行日付、支払い先、支払い金額、支払い内容が記載されていれば、レシートでも有効なのです。

高額なものを購入したときは、宛名があったほうがいいですが、少額なものについては、むしろレシートのほうが情報量も多く、何を購入したかが一目瞭然のため、わざわざ手書きの領収書をもらわなくても、レシートで十分なのです。

少額ならレシートの方がいい

レシートだと支 払った内容が明確になり、いい加減な説明はできなくなります。

つまり、確定申告をするときのあなたにとっては、領収書もレシートも同じレベルの書類なのです。

税務上は、たとえレシートであっても、取引の根拠として認められる項目はすべて 印字されているため、領収書の代わりになります。

むしろ、領収書に宛名を「上様」と記載されたり、但し書きに「お品代」と記載されてしまうと、取引内容の信憑性に欠けてしまうため、レシートのほうがいいくらいなのです。

「これって経費で落とせる?」シリーズの記事一覧はこちら

本記事は以下書籍から内容を一部抜粋して掲載しております。
「10分でわかる! 経費で落とせるレシート・領収書」著者:林 仲宣 出版:WAVE出版

書籍は以下から購入できます(Amazon)