節約には断捨離が効果的と聞いたことはありませんか。

しかし、もったいなくて物を捨てることができない人は多いです。

しかし、捨てないことは本当に節約になるのでしょうか

そこで、断捨離を実際にした私が、貯蓄につながった理由をお話します。

断捨離は 「貯蓄」につながる

断捨離が節約につながるのはなぜ

「部屋の物が多い人は出費が高い」、「お金を貯めたいなら断捨離をすると良い」という話を聞きます。

しかし、どうして断捨離をすると節約になるのでしょうか。

むしろ、「物を捨てたらもったいない」、「捨てた分をまた買いそうで出費が増えそう」と考える人が多いと思います。

断捨離をする以前は私も、このように思っていました。

しかし私は、断捨離をすることで必要、不必要な物の判断ができるようになってきました。

そのことから、余分な物を断捨離前よりも買わなくなり、結果として節約になりました

他にも良かった点はいろいろあります。

それでは、私が3年間断捨離を続けた結果、節約につながった内容をお話しします。

断捨離をして気づいたこと

断捨離を初めたきっかけは、物が増えて困ったからでした。

当初はお金のために断捨離をした訳ではないため、節約につながったことはとてもラッキーでした。

断捨離をしていくうちに、次のようなことがありました。

1. 同じ物を買っていることに気づく

断捨離を初めて行う人は、まず「なんでこんなに似たような物があるのだろう」と思うくらい、類似品が出てくるそうです。

私の場合は、同じようなヘアスプレーや似たような色のアイシャドウがいくつも出てきました。

同じような物は、1つあれば十分です。

このことから、同じような物は買わないようにしました。

また、興味本位で買って使わなくなった物も多く出てきたので、興味本位でむやみに物を買わないようにしました。

同じような物は 1つあれば十分

2. 着回しができない服は、すぐに着なくなる

思い切って服の処分をした時、着ない服が多く出てきました。

もったいないから、取っておいた服です。

着ることがない服のため、処分をしていきました。

すると、「着なくなった服=着回しがきかない服」と判明しました。

中には1万8,000円~2万円くらいの服があり、買ったことに反省しました。

このことから、着回しがきかない服は基本買わないことを学びました。

3. ストック用品が多い

当時、日用品などのストック用品は、同じ物を常に5個くらい買いだめをしていました。

しかし、ストック用品の中には、違う製品の方が気に入ってしまい、使わなくなった物もありました。

そのため、ストックのために買った新品の物がそのまま残っていることがありました。

使えるストック用品はできるだけ早くに使うようにし、ストック用品は多くても2個くらいに減らしました。

4. 整理棚を買うことがなくなった

捨てずに買うばかりの生活をしていると、物の置き場所に困るようになります

そのため、整頓のための棚や箱を買うことが多くありました。

しかし、断捨離をしていくうちに物が少なくなったので、整理棚などを新たに買わなくてすむようになりました

むしろ、衣装ケースが3個開くなど、整理スペースができたくらいです。

5. 掃除の時間短縮

断捨離をすることで、部屋の片付けをすることが楽になりました。

掃除機をかける時に、以前はよく床の物を動かしながらかけることが多くありました。

しかし、断捨離後は掃除機をかける時間が1回の掃除につき、10分~15分くらい短くなりました

断捨離によって電気代までも節約できるようになるとは思いませんでした。

断捨離を3年続けた結果

断捨離を始めた2か月間で40Lのゴミ袋で8個分の物を処分しました。

それからは1年に1~2回、気になる部分の断捨離をするようにしています。

断捨離をするようになって3年経つと、次のような節約習慣ができました

必要・不必要の判断が早くなった

断捨離をして一番良かったことは、必要・不必要な物の判断が早くなったことです。

断捨離前は節約をしなければと思っていても、衝動買いをして失敗することがありました。

現在は不必要な物の衝動買いがかなりなくなりました

その結果、無駄遣いが減ったことが大きな節約となりました。

例えば、断捨離前はワンシーズンに3万円くらい服を買っていましたが、現在は8,000円以下で済むことも多くなりました。

化粧品などの試供品は早めに使う

試供品は早めに使う

断捨離の時に、たくさんの化粧品の試供品が出てきました。

試供品を使うことが面倒で貯めてしまったのです。

しかし、化粧品の試供品を使わないことは、もったいない行為です。

例えば、約1か月分(30日分)の3,000円の化粧水があるとします。

この場合、化粧水の試供品の1回分の価値は約100円です。

そのように考えていくと、試供品は使わないともったいないので、中身が変質しないうちに、早く使うようにしました

無料でもらった試供品だけで3日間過ごすなど、良い節約になります。

リサイクルに出す回数が増えた

衣替えをするたびに服の断捨離をするようになりました

痛みが少ない服はリサイクルショップやネットで売ります

また、不要になった物もリサイクルショップで売るようになりました。

物によって値段は変わりますが、400円~3,000円になることもあり、お小遣いにもなります。

断捨離をすることで無駄遣いの傾向もわかる

断捨離をすることで、自分がお金をどのように使っていたのかを確認ができます

無駄遣いの傾向もわかり、大きな節約になります

余計な物を捨てることで、家がスッキリする上にお金が貯まって最高です。

まだ断捨離をしたことがない人は、ぜひ行ってみてください。(執筆者:藤代 聖子)