利用金額の20%をキャッシュバックする三井住友カードの新規入会キャンペーン、いよいよ2019年12月27日までと締切が迫ってきました。

このキャンペーンについては、次の記事でも紹介しました。

この12月27日というのは20%キャッシュバックの終了日ではなく、実は新規申込の締切です。

つまり、12月27日までにカード入会を申し込めば20%キャッシュバックを受けられるのです。

そこでこの記事では、キャンペーンをおさらいするとともに、新規申込におすすめのクレジットカードを紹介します。

三井住友カードの20%キャッシュバックをおさらい

三井住友カードの20%還元キャンペーン

≪画像元:三井住友カード

2019年9月2日~12月27日の期間中、三井住友カードの新規入会者を対象として、利用金額の20%(上限1万2,000円)がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。

20%キャッシュバックの特典を受けるには、以下の3つの条件を満たす必要があります。

・ キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードに入会

・ カード入会月の2か月後末までに、Vpassアプリへログイン

・ カード入会月の2か月後末までに、クレジットカードまたはiDで買い物利用

2019年12月27日は「新規入会申込期限」

2019年12月27日の締め切りは、三井住友カードの新規入会申込であり、三井住友カードの買い物利用ではありません

申込後の新規カード発行日によって、Vpassアプリログイン・カード利用の期限は以下のように異なります。

Vpassアプリログイン・カード利用の期限

2019年12月27日までに新規申込が受理されて、2020年1月31日までにカードを発行されればキャンペーンの対象となるので、余裕がありますね。

多くの支払いが対象

このキャンペーンの特筆すべき点は、以下のように多くの支払いが対象となる点です。

・ クレジット払い
・ 電子マネー「iD」払い
・ 海外での利用
・ ネットショッピング
・ 公共料金・税金の支払い
・ 電子マネーへのクレジットチャージ

プリペイドカード「Kyash」

≪画像元:Kyash

おすすめはプリペイドカード「Kyash」へのチャージです。

チャージで三井住友カードのポイントが貯まり、Kyash利用で1%分のKyashポイントが貯まります。

貯まったKyashポイントは、1ポイント = 1円のレートでKyash残高にチャージすることが可能です。

毎月計算してキャッシュバックは行われる

このキャンペーンでは、利用金額を毎月計算したうえで20%のキャッシュバック金額を以下のように決定しています。

例えば、2019年12月に新規にカードを発行した場合、「カード入会月+2か月後末」のスケジュールは以下の通りです。

・2019年12月末までに1万円利用 → 2月に2,000円キャッシュバック

・2020年1月単月で2万円利用 → 3月に4,000円キャッシュバック

・2020年2月単月で3万円利用 → 4月に6,000円キャッシュバック

3か月弱の利用期間がありますので、1万2,000円のキャッシュバック上限を十分に享受できそうです。

どの三井住友カードを新規発行すべきか

このキャンペーンでは、多くの三井住友カードが対象です。

1つの契約でVISAとMastercardの2枚を持てる「デュアル発行」の場合、それぞれのカードに対してキャンペーンが適用されるため、上限は2枚で2万4,000円です。

かなり魅力的ですが、ここでは中でもおすすめのクレジットカードを紹介しましょう。

18~25歳は「三井住友VISAデビュープラスカード」

三井住友VISAデビュープラスカード

≪画像元:三井住友カード

18歳~25歳の方でしたら、「三井住友VISAデビュープラスカード」がおすすめです。

実質年会費無料ながらポイント還元率が1%と、費用対効果が高いカードです。

満26歳以降は「三井住友VISAプライムゴールドカード」に、満30歳以上は「三井住友VISAゴールドカード」に切替わり、着実なステップアップもできます。

旅行好きの女性ならば「三井住友VISAアミティエカード」

三井住友VISAアミティエカード

≪画像元:三井住友カード

女性には「三井住友VISAアミティエカード」がよいかもしれません。

女性限定のカードではありませんが、券面が女性らしさを醸し出しています。

海外最高2,000万円、国内最高2,000万円の旅行傷害保険は、同額年会費の三井住友VISAクラシックカードを上回ります

しかも、携帯電話の料金がポイント2倍になるのは、ゴールドカードにすらありません。

「リボスタイル」は評価が分かれる

「リボスタイル」

≪画像元:三井住友カード

新規募集を終了したリボ払い専用カード「エブリプラス」に代わって登場したリボ払い専用カード「リボスタイル」は、評価が分かれるところです。

デュアル発行や家族カードを除いて、三井住友カードは1人が持てるカードは1枚しかありません。

すでに三井住友カードを持っていても、リボスタイルは例外的に追加で持つことができます。

年会費永年無料でポイント還元率1%、リボ払い手数料も年9.8%と、他のリボ払い専用カードと比較して高スペックです。

しかし、初回返済からリボ払い手数料が発生するため、安易に手を出すのは危険です。

日にちに余裕をもって新規入会申込

三井住友カードの20%キャッシュバックキャンペーンは、2019年12月27日が「新規入会申込の期限」です。

このキャンペーン、上限が1万2,000円と余裕があり、キャッシュバック対象の支払いも多岐に渡りますので、ぜひ利用したいものです。

特に、年末年始はキャンペーンの締切と相まって新規申込が殺到することが予想され、申込当日中に申込が受理されないかもしれませんので、余裕をもって新規申込を完了させましょう。(執筆者:角野 達仁)