外出先でのゲームや、動画の視聴で月の通信容量が足りず、大容量プランでスマートフォンのプランを契約しているという方、いるのではないでしょうか

実はこれ、かなり損をしている可能性があります

大容量データSIMの中でも有名で、筆者も使用したことのあるChat WiFiについて解説します。

大容量データSIMを取り扱う、Chat WiFiとは

チャットWiFi

≪画像元:Chat WiFi

Softbankのメイン回線を使用している通信事業者で、無制限でデータを使用できます。

100GBまでは通信制限がなく、格安SIMの提供する大容量プランとは違い回線混雑時の通信速度の低下等もありません

通常価格は5,100円ですが、現在は【WELCOME令和】というキャンペーンでクーポンを配布しており、クーポンを使用して申し込むと永年2,980円(税抜)で利用ができます

契約期間や解約費用などもないため、自分に合わないなと感じたらすぐに解約できます。

キャリアの展開している大容量プランと比較

Softbank

【プラン名】ウルトラギガモンスター+

データ50GB(6,500円)+音声基本プラン(980円)=7,480円

1年間の割引や、インターネット、家族割などもありますがそれを最大限利用しても3,480円と割高です。

au

【プラン名】auデータMAXプランPRO

データ容量上限なし

家族割プラス(3人以上)、2年契約、auスマートバリュー、スマホ応援割Ⅱなどの割引を適用して1人当たり月額5,980円です。

NTT docomo

【プラン名】ギガホ

30GB

定期契約なし:月額7,150円

定期契約あり:月額6,980円(2年間の契約が条件で、2年定期契約満了月の当月、翌月、翌々月以外での解約は違約金1,000円が発生する。)

dカードお支払い割、みんなドコモ割、ドコモ光セット割の割引込みで、最大6か月間4,980円で利用ができます

3代キャリアを例に挙げましたが、月々の値段の高さが浮き彫りになったかと思います。

Chat WiFiの運用の仕方について

Chat WiFiにはプランが2つあります。

1. SIMカードのみ
2. WiFi端末とSIMカード

自分でWiFi端末や、SIMを入れられ、デザリングのできるスマートフォンを保持していれば、SIMカードのみのプラン選択で良いと思います。

筆者がお勧めするのは、DSDV対応の端末を用意し、格安SIMとChat WiFiのSIMで運用する方法です。

格安SIMについては、以前記事にて解説しています。

2019年に大ヒットしたAndroid端末、OPPO Reno AもDSDVに対応した端末です。

DSDVとは、デュアルSIMデュアルVoLTEの略で、SIMカードを通話用・データ用と使い分けることができます

このDSDVをうまく使えば、自分オリジナルのプランを作ることができるというわけです。

オリジナルプラン例

通話用SIM:OCNモバイルONE 月額1,298円

データ用 SIM:Chat WiFi 月額2,980円

計:4,278円

4,278円で、通話と100GBの高速データ利用ができる端末ができ上がります

データSIMをタブレットに入れて、自宅での動画視聴に使っても良いかもしれません。

自宅での動画視聴に最適です

Chat WiFiを使用する上での注意点

貸与されるSIMカードにはどうやら番号が振りあてられているらしく、SMSも使用できるようです。

ただ、その番号でのSMS利用は禁止されており、使用した場合賠償金5,000円分を請求するとあります。

貸与されるSIMカードで、SMSの利用はしないようにしましょう

自分好みにカスタマイズできる時代に

スマートフォンの端末の進化や、プランの充実によって自分にとって適切なプランをカスタマイズできるという段階まで来ました

これまでの通信料では足りなかったという人は、Chat WiFiを検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:蔵島 紅)