毎月のように脱税事件のニュースが流れてきますが、国税組織はすべての脱税情報を把握しているわけではありません

そのため脱税犯を捕まえるため、税務署は国民からの脱税関係の情報提供を呼びかけており、情報提供に基づいて税務調査をすることもあります。

ただ、単なるうわさ話を情報提供しても税務署は相手にしてくれませんので、税務署が必要としている情報についてご説明します。

情報提供は脱税の摘発と抑制効果がある

通報するときに準備すること

現実的にすべての申告漏れや脱税を税務署が摘発するのは困難です。

そのため国税組織は、国民の納税意識を向上させることで調査件数を減少させようとしています。

また脱税をさせないために有効的なのが、脱税の摘発や情報提供に基づく税務調査です。

人は誰かに見られている心理が働くと、悪いことはできません。

脱税も同じで、「もしかしたら密告されるかもしれない」との心理が働く環境が整えば、必然的に脱税を試みる人は減少します。