※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

平井 拓の記事一覧

平井 拓

執筆者:元税務署職員 平井 拓 平井 拓

12年勤務した税務署を退職し、ライターとして活動してます。税務署時代は資産課税部門に所属しており、相続税・贈与税・所得税が専門でした。 脱税は嫌いですが、節税は好きです。少しでも税金を身近に感じていただける文章をお届けします。 寄稿者にメッセージを送る

【確定申告】年の途中で転職・退職した際に確定申告手続きをしなければいけないケースとは? 画像
税金

【確定申告】年の途中で転職・退職した際に確定申告手続きをしなければいけないケースとは?

多くの会社員は確定申告が不要ですが、仕事を転職・退職した方については、申告手続きをしなければならない可能性があります。

+4
初めて所得税の確定申告をする人が、注意すべきポイントはココ! 画像
税金

初めて所得税の確定申告をする人が、注意すべきポイントはココ!

会社員や公務員の方でも、医療費控除や住宅ローン控除を適用するために申告することもありますが、給与所得者は基本的に年末調整を行っているため、確定申告をした経験がある人は少ないです。

+5
所得税が還付になる場合でも、確定申告をしない方が良いケース 画像
税金

所得税が還付になる場合でも、確定申告をしない方が良いケース

令和4年分の所得税の確定申告書を提出した納税者は2,295万人もおり、そのうち約6割は税金を戻してもらうために還付申告手続きを行っています。

+25
【要注意】税務署の確定申告相談 閉庁日対応が日曜日2回から1回に変更 画像
税金

【要注意】税務署の確定申告相談 閉庁日対応が日曜日2回から1回に変更

税務署での税金相談は原則平日しかできませんが、確定申告期間中は例外的に閉庁日でも申告相談を行える税務署も存在します。

+1
令和6年能登半島地震に関する国税の申告期限延長・特例制度を紹介 画像
税金

令和6年能登半島地震に関する国税の申告期限延長・特例制度を紹介

令和6年能登半島地震で被災された皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

+1
贈与税の確定申告書を初めて作成する方が押さえておくべきポイント 税率ごと速算表と注意点も解説 画像
税金

贈与税の確定申告書を初めて作成する方が押さえておくべきポイント 税率ごと速算表と注意点も解説

所得税の確定申告書の提出件数は2,200万件を超えているのに対し、贈与税の申告書の提出件数は約50万件と、所得税に比べ申告書を作成したことがある人は少ないです。

+8
【インボイス制度導入後初の確定申告】消費者が消費税申告をする可能性はある?ない?対象者と罰則を確認 画像
税金

【インボイス制度導入後初の確定申告】消費者が消費税申告をする可能性はある?ない?対象者と罰則を確認

インボイス制度は昨年(令和5年)大きな話題となりましたが、事業を営んでいない方はインボイス制度がどのような内容なのか、わかりにくい部分が多いと思います。

+2
令和5年分の所得税の確定申告からe-Taxがもっと便利になる 変更内容と確認のポイントを解説 画像
税金

令和5年分の所得税の確定申告からe-Taxがもっと便利になる 変更内容と確認のポイントを解説

今年もこれから確定申告シーズンに突入しますが、所得税の確定申告書は基本的に年1回しか提出しないので慣れませんし、申告書を作成するのも面倒です。

+19
インボイス登録をした個人事業主は消費税申告を必ずしなければならないのか【2024確定申告】 画像
税金

インボイス登録をした個人事業主は消費税申告を必ずしなければならないのか【2024確定申告】

話題になったインボイス制度は令和5年(2023年)10月にスタートし、今回の確定申告で初めて消費税の申告をする方もいらっしゃると思います。

+10
【万馬券的中】ギャンブルの儲けを寄附したら通常より高い節税効果が得られるケースとは? 画像
税金

【万馬券的中】ギャンブルの儲けを寄附したら通常より高い節税効果が得られるケースとは?

所得税には寄附額に応じて節税できる「寄附金控除」が存在しますが、競馬や競輪などの払戻金をそのまま寄附した場合、通常の寄附よりも節税効果が高くなる可能性があります。

+2
所得税の還付金を最速で受け取るためにやるべきこと3つ 画像
税金

所得税の還付金を最速で受け取るためにやるべきこと3つ

所得税の還付は先に納めた税金が多すぎた場合に発生しますが、還付金を受け取るためには確定申告手続きが必要です。

+11
これから投資をする人は絶対に新NISAを利用しないと損なのか? 画像
投資

これから投資をする人は絶対に新NISAを利用しないと損なのか?

NISAは令和6年から制度が大きく変更するため、従来のNISAと区別するために「新NISA」や「新しいNISA」と呼称されることが多いです。

+3
【ふるさと納税】節税効果を実感できるのはいつ? 控除は2パターン、申告も忘れずに 画像
税金

【ふるさと納税】節税効果を実感できるのはいつ? 控除は2パターン、申告も忘れずに

ふるさと納税は、節税をしつつ返礼品を受け取れるのが魅力ですが、節税効果を寄附した瞬間に実感することはできません。

+2
プロ野球選手の契約金は退職金の前払い?税金の課税方法を解説 画像
税金

プロ野球選手の契約金は退職金の前払い?税金の課税方法を解説

プロ野球選手には退職金がありませんので、入団時に受け取る契約金が退職金の前払いや代わりと言われたりもします。

+2
プロ野球選手の「年俸」大幅ダウンすると税金を支払えなくなるのは本当か 画像
税金

プロ野球選手の「年俸」大幅ダウンすると税金を支払えなくなるのは本当か

アメリカのMLBで活躍している大谷翔平選手が、10年700億ドル(約1,000億円)で契約したことが話題になりましたが、プロスポーツ選手は活躍できなければ年俸が一気に下がる厳しい世界です。

+3
まだ間に合う!年内に実施できる所得税を節税する4種類の方法 画像
税金

まだ間に合う!年内に実施できる所得税を節税する4種類の方法

所得税の節税手段は数多く存在しますが、対策する時期を間違えてしまうと節税効果が下がることもあるので注意が必要です。

+19
10年で7億ドル!大谷翔平選手にかかる税金はどれくらい? 画像
税金

10年で7億ドル!大谷翔平選手にかかる税金はどれくらい?

アメリカで活躍する大谷翔平選手は、10年7億ドル(約1,015憶円)の契約でドジャースに移籍しますが、収入が桁違いなったことにより、税金の支払額も桁違いになることが予想されます。

+12
富裕層の申告漏れ980億円、過去最高の理由2つ 配信者・インフルエンサーの申告漏れも摘発 画像
税金

富裕層の申告漏れ980億円、過去最高の理由2つ 配信者・インフルエンサーの申告漏れも摘発

国税庁が令和5年11月22日付で令和4事務年度の所得税の税務調査の実績を公表しましたが、富裕層の申告漏れ所得金額の総額が過去最高額の980億円に達した点が注目されています。

+0
金の相場価格1万円超え!売る際は譲渡所得税に要注意 画像
税金

金の相場価格1万円超え!売る際は譲渡所得税に要注意

金の価格は年々上昇しており、2023年には初めて1グラム1万円を超えました。

+7
生前贈与はやるべき?事前に知っておきたい5つのポイント 画像
税金

生前贈与はやるべき?事前に知っておきたい5つのポイント

節税などを理由に、生前贈与をするか迷っている方もいるかもしれませんが、何となく贈与するのは少々もったいないです。

+18
【年末までに要確認】医療費控除の基本要件と手続きのしかた 画像
税金

【年末までに要確認】医療費控除の基本要件と手続きのしかた

医療費控除は支払った医療費の額によっては控除を受けられる制度で、適用することで所得税を節税することが可能です。

+15
【もらえるならどっち】より嬉しいのは還付金?給付金? 画像
税金

【もらえるならどっち】より嬉しいのは還付金?給付金?

還付金と給付金はお金を受け取れる点では同じですが、受給条件など異なる部分もあります。

+4
扶養家族も年末調整が必要? 所得税の精算手続きをやるべき人はこんな人 画像
税金

扶養家族も年末調整が必要? 所得税の精算手続きをやるべき人はこんな人

専業主婦(主夫)の方は、扶養控除等の範囲に収まる形で働いていることが多いと思いますが、パート・アルバイトなどで収入を得ている場合、年末調整が必要になる可能性があります。

+8
働き方別の所得税の精算方法 年末調整・確定申告・申告不要のどれに該当? 画像
税金

働き方別の所得税の精算方法 年末調整・確定申告・申告不要のどれに該当?

所得税は年間の所得金額に対して課される税金であり、納めることになる所得税の額は確定申告で算出することができます。

+19
年末調整だけでは不完全 確定申告が必要になるケースとは? 画像
税金

年末調整だけでは不完全 確定申告が必要になるケースとは?

タイトル前に「編集中」をつけて、登録実行!

+14
年末調整の落とし穴。税金は還付だけでなく徴収されるケースもあるので要注意 画像
税金

年末調整の落とし穴。税金は還付だけでなく徴収されるケースもあるので要注意

年末調整は、税金が還付されるケースだけでなく、税金が追加徴収されるケースもあるので要注意です。 今回は年末調整において税金が追加で徴収されることになる原因と、年末調整をしなかった場合のリスクについて解説します。 年末調整

+13
【600万円控除】相続税対策として養子縁組をするメリットと注意点 画像
税金

【600万円控除】相続税対策として養子縁組をするメリットと注意点

相続税の計算をする場合、最初に「相続財産の合計額が基礎控除額を超えるか」判断することになります。 基礎控除額は相続人の数によって変化し、養子も相続人に含まれることから、養子縁組をすることで相続税を節税する方法も存在します

+2
年末調整を忘れた場合のデメリットと対処法は?確定申告との違いも解説 画像
税金

年末調整を忘れた場合のデメリットと対処法は?確定申告との違いも解説

年末が近づきますと、勤務先で年末調整を行うことになります。 会社員・公務員の中には、年末調整をしない方や手続きを忘れてしまう方もいるかもしれませんが、年末調整に関するミスは後から対処することも可能です。 そこで今回は、年

+9
【年末調整】生命保険料控除は自分だけでなく「家族名義」の保険料も対象になる 画像
税金

【年末調整】生命保険料控除は自分だけでなく「家族名義」の保険料も対象になる

所得税の計算は、一緒に住んでいる家族であっても別々に行わなければいけませんが、生命保険料などについては、一定の条件を満たせば家族名義のものも所得控除の対象にすることができます。 そこで今回は、家族名義の保険料を控除対象に

+14
所得税の「ひとり親控除」の節税効果と適用する際のポイントを解説 画像
ライフ

所得税の「ひとり親控除」の節税効果と適用する際のポイントを解説

所得税にはいろいろな所得控除・税額控除が存在しますが、令和2年分の所得税から新たに「ひとり親控除」が追加されました。 今回は「ひとり親控除」の要件と節税効果、そして適用する際の手続き方法について解説します。 「ひとり親控

+8
ゼイチョー「払えない」にワケがあっても滞納NG 延滞税・差し押さえ・猶予処置を解説 画像
税金

ゼイチョー「払えない」にワケがあっても滞納NG 延滞税・差し押さえ・猶予処置を解説

税金は定められた期限までに納付しなければならず、未納となっている場合、税務署は色々な手段を用いて税金を回収します。 そこで今回は、税金を滞納するデメリットと、税務署が税金を回収するために行う手段について解説します。 令和

+6
自宅の売却益が最大3000万円まで非課税!マイホーム特例の適用要件を解説 画像
ライフ

自宅の売却益が最大3000万円まで非課税!マイホーム特例の適用要件を解説

自宅の売却で利益が発生した場合、譲渡所得税を支払うことになりますが、マイホーム特例を適用できれば、最大3,000万円まで非課税にすることができます。 今回は譲渡所得の計算のしくみと、マイホーム特例の適用要件および手続き上

+15
【節税に影響あり】2023年10月からのふるさと納税「制度改正」 画像
税金

【節税に影響あり】2023年10月からのふるさと納税「制度改正」

ふるさと納税のしくみが、2023年(令和5年)10月から一部変更になりました。 制度改正により、ふるさと納税の節税効果が下がることを懸念されている方もいらっしゃると思いますので、今回は制度改正の内容と節税面への影響につい

+5
会社員が不動産賃貸業で節税できるのは本当? 本末転倒になる恐れ、注意点を解説 画像
税金

会社員が不動産賃貸業で節税できるのは本当? 本末転倒になる恐れ、注意点を解説

会社員でも副業をする方は増えており、不動産賃貸業を副業として選ぶ方もいらっしゃいます。 不動産賃貸は不労所得を得られるだけでなく、節税ができるのも魅力とされていますので、今回は不動産賃貸業を営むことで節税ができる理由につ

+2
節税目的で財産を贈与する場合のベストタイミングはいつ?ケース別の正解と注意点も紹介 画像
税金

節税目的で財産を贈与する場合のベストタイミングはいつ?ケース別の正解と注意点も紹介

贈与税は個人から財産を無償でもらったときに課される税金ですので、贈与時期を調整するだけでも納税額を抑える(免除)ことが可能です。 そこで今回は、節税目的で贈与するのに適したタイミングと、贈与時の注意点についてご紹介します

+9
【インボイス制度】免税事業者からの仕入れに対する経過措置の制度内容を解説! 画像
税金

【インボイス制度】免税事業者からの仕入れに対する経過措置の制度内容を解説!

インボイス制度がスタートすると、消費税の免税事業者からの仕入れは仕入税額控除の対象外となってしまいますが、インボイス制度開始後一定期間は、免税事業者からの仕入れの一部を仕入税額控除の対象にすることができます。 本記事では

+6

もっと見る