3月は年度末ということで、何かと出費が多い時期でしょう。

メルペイはそんな人たちにお得になってもらうべく、高還元のキャンペーンを2つ実施します。

この記事では、2つのキャンペーンを徹底解説するとともに、注意点も合わせて紹介することで、とことんお得になってもらいましょう。

3/1~3/31:メルペイフィーバー

【3/1~3/31】最大50%還元!「メルペイフィーバー」キャンペーン

「メルペイフィーバー」キャンペーン

≪画像元:メルカリ

3月1日~3月31日の期間中、対象のお店でメルペイを利用すると、最大で20%分のポイントが還元される「メルペイフィーバー」が開催されます。

主な対象店舗例は、以下の通りです。

対象のお店

≪画像元:メルペイ

大手コンビニ・ドラッグストア・マクドナルド・牛丼チェーン・スシローなど全国チェーン店が多く予定されていて、使いやすそうです。

このキャンペーンは、対象のお店によって期間・還元率が以下のように異なります。

期間と還元率

コンビニ以外での利用を増やす目的で、コンビニ以外の還元率が高くなっているとのことです。

また、利用状況に応じて以下のように還元率が変動します。

還元率が変動する

メルペイの本人確認が完了していれば、最高還元率が実現可能です。

マックのビッグマックセット(税込690円)なら、50%還元で実質345円、すき家の牛丼並盛サラダセット(税込520円)なら、50%還元で実質260円となって、お得ですね。

3/1~3/31の日曜日:メルペイサンデー

【3/1~3/31の日曜日】日曜日は全国のお店で最大20%還元! 「メルペイサンデー」キャンペーン

最大で20%分のポイントが還元される

≪画像元:メルカリ

3月1日~3月31日の毎週日曜日、全国のメルペイ加盟店でメルペイを利用すると、最大で20%分のポイントが還元される「メルペイサンデー」も同時に実施します。

メルペイフィーバー・メルペイサンデーとも、翌日にはポイント還元されるのはスピーディーです。

メルペイサンデーも、利用状況に応じて以下のように還元率が変動します。

メルペイサンデーも還元率が変動

メルペイの本人確認が完了している18歳以上が、最高20%還元を実現可能です。

キャンペーンの注意点

メルペイを使うときの注意点

うっかり高還元を逃してしまう可能性もありますので、以下の注意点を読んで取りこぼしを防ぎましょう。

支払い方法について

キャンペーンの対象となる支払い方法は、

・ メルペイのポイント払い

・ メルペイスマート払い

・ メルペイ残高払い

で、対象店舗が対応していれば、iD決済・コード決済・ネット決済が利用可能です。

「メルペイ」のマークがあるお店では「メルペイのコード決済」、「iD」マークがあるお店は「メルペイのiD」で支払ってください

全体で還元上限は3,000ポイント

期間中の還元上限は、メルペイフィーバー・メルペイサンデーで合計3,000ポイントです。

還元率50%の人なら6,000円利用、20%の人でも1万5,000円利用すると上限に達する計算です。

メルペイフィーバー・メルペイサンデーが重複する場合

メルペイフィーバー・メルペイサンデーが重複する場合は、メルペイフィーバーのみ適用されます。

メルペイフィーバーで50%、メルペイサンデーで20%が適用される人が、日曜日に買い物をしても70%還元とはならず、50%還元のみです。

メルペイサンデー対象のお店がある

・ 「メルカリ」アプリ内での購入

・ Suicaチャージ

は、メルペイサンデー期間の利用であっても還元対象ではないので、注意しましょう。

2つのキャンペーンを使い分けて、3月はメルペイでお得になろう

メルペイを賢く使う

メルペイフィーバーは対象店舗で最大50%還元、メルペイサンデーは全メルペイ加盟店で最大20%還元というキャンペーンです。

コード決済だけでなくiD決済も対象など、非常に使いやすいキャンペーンになっています。

利用状況によって還元率が10~50%と大きく変動しますので、条件を整えてキャンペーンに参加しましょう。

また、メルペイフィーバー・メルペイサンデー合わせて還元上限が3,000ポイントと若干少ないので、基本はメルペイフィーバーで50%還元、対象外のお店をメルペイサンデーで補うようにすると、費用対効果を最大限にできると思います。(執筆者:角野 達仁)