これから海外投資をはじめようと考えている個人投資家の方にとって、最初のハードルになるのが海外の銀行口座です。

海外の銀行口座を持っていなければ投資資金を海外へと移転させることができません

また、投資で得た利益をプールしておくためにも、海外口座を持っていると便利です。

ただし、ここ10年くらいの間に、世界の多くの国々では銀行への規制を強めていて、銀行口座の開設が非常に難しくなっています

このような状況のなか、旅行者であっても口座を開設することが可能な海外の銀行を3つ、ご紹介します。

旅行者でも銀行口座が作れる海外の銀行おすすめ3つ

バンクオブハワイ

日本人の旅行先として常に人気のビーチリゾートであるハワイにあるバンクオブハワイは、旅行者にも優しい銀行です。

一般的にアメリカの銀行での口座開設は難しいですが、ハワイだけは例外的に旅行者であっても口座開設が可能です。

ハワイにある多くの銀行のなかで最も人気があるのがバンクオブハワイで、パスポートを持参するだけで全ての手続きが完了します。

口座開設時には、25ドルから200ドル程度の預金を求められますので、余裕を持って現金を持参するようにしてください。

バンクオブキプロス

トルコの南、地中海に浮かぶキプロス島にあるバンクオブキプロスも、旅行者であっても銀行口座の開設が可能です。

キプロスは、税制優遇がおおいタックスヘイブンであり、EU加盟国であることから、EUを市場としたビジネスをしようとする方が、法人を設立する島としても有名です。

バンクオブキプロスの口座開設では、事前に必要書類を提出して審査を受ける必要があります

また、最低預金額が1000ドル以上ですので注意が必要です。

事前の準備さえ終わらせておけば、現地での手続きは少なく、銀行口座とデビットカードを取得することができます。

HSBC香港


日本に最も近いタックスヘイブンの香港には、日本人にも大人気のHSBC香港があります。

このところHSBC香港の口座を開設するための英語での面談が厳しくなり、旅行のついでに気軽に作れる銀行口座ではなくなってしまいました。

しかし、口座開設サポートなどのサービスを提供する会社に依頼すれば、書類の準備から支店への案内までを手助けしてくれます

複数の通貨が預け入れられるマルチカレンシー口座や、株式や投資信託が購入できる投資口座など、HSBC香港の口座を持つことですぐに投資をはじめられます。

旅行者でも開設可能な海外の銀行口座まとめ


金融機関への規制が厳しくなった現在でも、旅行者に対して口座開設をしてくれる海外の銀行を3つ、ご紹介しました。

アメリカに口座が欲しい方はバンクオブハワイ、EU圏であればバンクオブキプロス、そしてアクセスの利便性を考慮すればHSBC香港が良いです。

それぞれの銀行ごとに作れる口座には特徴がありますので、利用目的に応じて最適な銀行を選択するようにしてください。

海外オフショア投資の第一歩は、海外の銀行口座を開設することからはじまります。(執筆者:斉田 暁)