退屈な空港での待ち時間を、快適なラウンジで過ごすことを可能にする「プライオリティパス」は、世界を旅行するトラベラーの必須アイテムです。

プライオリティパスには、年間数回の利用に限定されている会員や、同行者1名も無料でラウンジ利用できる会員など、複数の会員資格が用意されています

そして、このプライオリティパスを手に入れるためには、いくつもの申し込み方法があります

プライオリティパスの申し込み方法と、それぞれの方法で手に入るプライオリティパスの会員資格について紹介します。

プライオリティパスの取得

1. 直接プライオリティパスを申し込む

プライオリティパス成田

プライオリティパスを入手する最も基本的な方法は、公式ウェブサイトからの直接申し込みです。

スタンダード会員は、年会費が99ドルで、空港ラウンジの利用ごとに32ドルを支払います

スタンダード・プラス会員は、年会費が299ドルで、年間10回までの空港ラウンジの利用が無料となり、11回目以降は利用ごとに32ドルとなります。

プレステージ会員は、年会費が499ドルで、空港ラウンジを何度でも無制限に無料で利用ができます

会員資格のランクが上がると無料で利用できる回数が増えます。

同伴者がいる場合には、毎回32ドルを支払うことで会員と同じようにラウンジが利用できます。

2. 楽天プレミアムカードで申し込む

楽天プレミアムカード

楽天が発行している楽天プレミアムカードを持つことによって、プライオリティパスを無料で手に入れられます。

楽天プレミアムカードは年会費が1万円で、特典として発行されるプライオリティパスは最高ランクのプレステージ会員資格であるため、とてもお得です。

また、楽天プレミアムカードには海外旅行保険も付帯していますので、空港のラウンジ利用だけでなく、旅行中のもしもの際の備えにも最適です。

3. アメックスプラチナで申し込む

アメックスプラチナカード

≪画像元:アメックスプラチナ

ステータスカードの代表格であるアメックスプラチナにも、プライオリティパスのプレステージ会員資格が付帯しています。

アメックスプラチナは年会費が14万3,000円という超高額のカードですので、プライオリティパスを取得するだけなら、楽天プレミアムカードの方が有利です。

ただし、アメックスプラチナでは家族カードを4枚まで無料で発行できるという特徴があり、家族カードであってもプライオリティパスが発行できます。

さらに、アメックスプラチナは海外旅行時の特典が豊富で、世界の4大ホテルグループでの上級会員資格や、補償額が最大1億円の海外旅行保険などが付帯しています。

クレカの特典活用がお得

プライオリティパスを申し込みについて、3つの方法をご紹介しました。

空港ラウンジを利用するためにプライオリティパスを申し込む場合には、公式ウェブサイトから直接申し込むよりも、クレジットカードの特典を活用する方がお得です。

コスパが最高なのは楽天プレミアムカード、家族で利用して海外旅行を快適にする特典も活用するならアメックスプラチナがおすすめです

クレジットカードをうまく活用して、退屈な空港での待ち時間を快適にしてくれるプライオリティパスを取得してみてください。

空港ラウンジは1度利用すると、やみつきになる快適さです。(執筆者:斉田 暁)