住宅ローンの「団信」について知っておくことは、保険見直しを考えるうえでとても大切です。

生命保険を自分で見直したいと考えるとき、重要なことのひとつが、「死亡保障」です。

住宅ローンの「団体信用生命保険」は、死亡保障について考えるとき、避けて通れない保険です。

でも、そもそも団体信用生命保険とは何でしょうか。

今回は、「団体信用生命保険 基本編」について、保険見直し相談歴18年のFPである私がお伝えします。

団体信用生命保険の基本がわかりますので、ぜひ参考にしてください。

「団体信用生命保険」について 【基本編】

団体信用生命保険とは「強制加入と任意加入」

まずは、団体信用生命保険をカンタンにご説明します。

団体信用生命保険とは

(A) 住宅ローンを組んだ人(家を購入した人)が

(B) 返済期間中に死亡や高度障害などの事態になってしまったとき

(C) ローンの返済が困難になるので

(D) 残った住宅ローン残高を保険会社が(A) に代わって返済するという保険

のことをいいます。

「生命保険」といっても

・ 金融機関に保険料を払う → 直接保険会社には払いません
・ 生命保険料控除の対象にはならない

といった、一般の生命保険とは異なる特徴をもっています

団体信用生命保険は、大きく分けて2種類があります。

住宅ローンを組むときに一緒に必ず加入する「強制加入

住宅ローンの契約者自身が加入するかどうかを決める「任意加入

それぞれご説明します。

「強制加入」の団体信用生命保険

強制加入を知るうえで、ポイントは4つです。

【強制加入の団信4つのポイント】

1:「強制加入」とは
2:「強制加入」の理由
3:「強制加入の団信」の特徴
4:「強制加入の団信」がついている住宅ローンはコチラ

それぞれご説明します。

1:「強制加入」とは

強制加入とは、「団信に加入しないと、住宅ローンを組めない」ということです。

例えば、

「多額の死亡保険金が出る生命保険に加入しているので、団信は不要。住宅ローンだけ組みたい」

と申し出ても通りません。

団信と住宅ローンは必ずセットで契約します。

2:「強制加入」の理由

団信と住宅ローンをセットで契約させる理由は、契約者に万一のことが起きた場合に、返済できなくなると困るからです。

住宅ローンは多くの場合1,000万を超える金額を10年以上かけて返済します。

お金を貸す銀行側としては、貸したお金が返ってこないと困ります。

お金を借りる契約者側としては、契約者に万一のことが起きたあとも、毎月大きな金額の返済が残っていると経済的に負担がかかります

しかし、期間が長いため何が起きるかはわかりません。

そのため、住宅ローンの契約者に万一のことが起きた場合でもスムーズに返済できるよう、団信と住宅ローンをセットで契約してもらう仕組みを作っています。

3:「強制加入の団信」の特徴

強制加入の団信の特徴は、「保険料が金利の中に含まれている」という点です。

団信の保険料としての、個別での徴収や金利の上乗せはありません。(「特約」を契約した場合には、特約保険料が別途かかります。)

4:「強制加入の団信」がついている住宅ローンはコチラ

民間の金融機関が提供している「住宅ローン」はすべて、「強制加入」の団信が付帯されています。

ほかには、中央労働銀行が提供する、「ろうきん団信」(正式名称「中央労働銀行団体信用生命保険」)が強制加入の団信です。

「任意加入」の団体信用生命保険

任意加入とは

任意加入の団体信用生命保険を知るうえで、ポイントは2つです。

【任意加入の団信2つのポイント】

1:「任意加入」とは

2:「任意加入の団信」の代表 機構団体信用生命保険(フラット35)

順番にご説明します。

1:「任意加入」とは

任意加入の団信は、住宅ローンの契約者が団信に加入するかどうかを選択できます。

強制加入との最大の違いは、「団信に加入せずに住宅ローンを借りられる」点です。

任意加入の団信では、「フラット35」の機構団体信用生命保険が良く知られています

2:「任意加入の団信」の代表 機構団体信用生命保険(フラット35)

有名な「フラット35」の団信は任意加入で、機構団体信用生命保険と呼ばれます

機構団信は、「加入する団信に応じた保険料を、金利に上乗せして払う」のが特徴です。

参考元:フラット35

加入する団信に応じた借入金利が適用されます。

もちろん団信に加入せずフラット35を利用することも可能です。

団信を知って、保険見直しをスムーズに

今回は、保険見直しの中から、団体信用生命保険について取り上げました。

住宅ローンを組むときは、土地や住宅やローンなど考えることがとても多く、団信のことまであまり考えません。

団信について知ることで、「住宅ローンの契約者が万一のとき」に、残りの住宅ローンを家族が支払っていくかどうかがわかり、準備する死亡保障の金額を具体的に考えられます

この機会に、団信について1度確認してみることをおすすめします。(執筆者:安藤 環)