年度初めはさまざまなことが変わるシーズンですが、PayPayも例外ではありません。

還元率の条件が大幅に変更となり、お楽しみのPayPayチャンスもなくなってしまいます。

この記事では、4月からのPayPayの変更内容について詳しく解説するとともに、対策も合わせて紹介します。

PayPay利用時に1.5%還元を受ける条件が厳しくなる

1.5%分のPayPayボーナスが還元

≪画像元:PayPay

これまでは、PayPay利用代金の支払いを「PayPay残高」、「ヤフーカード」のどちらかにするだけで、1.5%分のPayPayボーナスが還元されていました。

ヤフーカードを選択しても(ヤフーカード→PayPay残高のチャージも含む)Tポイントとの二重取りはできないものの、それでも1.5%分のPayPayボーナスが還元されるのは、大きなアドバンテージです。

しかし、4月1日からは1.5%還元を実現するための条件が、以下のように厳しくなります

1.5%還元を受ける条件が厳しくなる

4月1日以降も、PayPay利用代金の支払いを「PayPay残高」、「ヤフーカード」にしないと、還元を受けられないのは変わりません。

さらに通常還元率が0.5%に引き下げられ、1.5%還元を実現するには最低でも

1. 100円以上の支払いを月50回以上

2. 月10万円以上

のPayPay利用をしなければならなくなりました。

特に「2.月10万円以上」はかなり厳しい条件のため、1.5%還元を実現するのは難しいでしょう。

還元率を少しでも上げるための対策を紹介!

通常還元率が0.5%に引き下げられるPayPay、ヘビーユーザーでない限りは日常的に恩恵を受けることが難しくなります。

そこで、PayPayの通常還元率を捨ててでも高還元を実現すべく、支払いに使うおすすめクレジットカードを紹介しましょう。

【還元率2.5%】Kyash Card+DCカードジザイル


Kyash Card+DCカードジザイル

≪画像元:Kyash三菱UFJニコス

DCカードジザイル(還元率1.5%)でクレジットチャージしたKyash Card(還元率1%)をPayPay利用代金の支払いに設定すれば、合計還元率2.5%です。

ただし、DCカードジザイルはリボ払い専用カードで、そのままですとリボ払い手数料が発生してしまうため、それを回避するため事前に

「支払額=利用限度額」

の手続きをしておきましょう。

また、Kyash Cardは3D認証に対応していないため、PayPayの利用上限が「5,000円/30日間」に制限されますが、ライトユーザーならさほど問題ないでしょう。

Kyash Cardについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【新規入会で20%キャッシュバック】三井住友カード


新規入会で20%キャッシュバック

≪画像元:三井住友カード

月5,000円じゃ足りない」という人は、三井住友カードに新規入会するといいでしょう。

三井住友カードでは、新規入会で20%キャッシュバック(還元上限1万2,000円)というキャンペーンを実施しています。

3D認証に対応している三井住友カードをPayPay利用代金の支払いに設定すれば、「2万円/24時間、5万円/30日間」にまで利用上限がアップするのです。

【4月1日より】PayPayチャンスが終了

4月1日でPayPayチャンスが終了

≪画像元:PayPay

これまで、毎月内容を変えつつも実施されてきた「PayPayチャンス」、当たった方もいるかもしれません。

2020年3月のPayPayチャンスは、「まちかどペイペイ第2弾」として実施され、20回に1回の確率で最大1,000円相当還元されます。

しかし3月をもって、毎月の抽選企画としてのPayPayチャンスは終了します。

ワクワク感がなくなってしまうのは、ちょっと残念ですね。

4月からは「まちかどペイペイ第3弾」


4月からは「まちかどペイペイ第3弾」

≪画像元:PayPay

4月からは「まちかどペイペイ第3弾」として、

消費者還元事業5%店舗でPayPayを利用すると、さらに5%上乗せされるキャンペーン

が実施されます。

経済産業省によると、5%店舗は全国で約36万店舗あるとのことで、この恩恵を受けられる方は結構いるでしょう。

4月からのPayPayはキャンペーン専用と割り切る

4月1日より、PayPay利用時の通常還元率が1.5%→0.5%に引き下げされ、4月1日以降に最大1.5%還元を実現するには、高頻度かつ高額の利用が必要なので、ヘビーユーザーなら日常的にお得です。

平時のPayPayは通常還元率を捨ててでも、ヤフーカード以外の高還元クレカを紐づけて、クレカポイントの高還元を狙うのが良いかもしれません。

ただしそのままではキャンペーンの恩恵を受けられないので、キャンペーン時はPayPay利用代金の支払いを「PayPay残高」に設定するといいでしょう。

切り替えが面倒な方は「PayPay残高」をデフォルトにして、ほぼ「キャンペーン専用ペイ」とするのもアリですね。(執筆者:角野 達仁)