セブン-イレブンのお世話になることが多い筆者の支払いはいつも「nanaco」です。

2020年3月のnanacoには、

・ セブン-イレブン利用時のポイント還元率

・ ポイントの有効期限迫る

という2つの大きな動きがありますので、詳しく解説しましょう。

nanacoへのクレジットチャージが「セブンカード」限定に


≪画像元:セブンカード

2020年3月12日より、nanacoのクレジットチャージに新規登録できるクレカが、

・セブンカード・プラス【一体型・紐付型】
・セブンカード・プラス(ゴールド)【一体型・紐付型】
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)

に限定され、上記カード以外でのクレジットチャージは不可となります。

クレジットチャージ以外のセブンイレブン店頭・セブン銀行ATMからの現金チャージは可能です。


nanacoへのクレジットチャージでポイント還元されるカードはいくつかありますが、筆者が愛用しているのは1.2%還元される「リクルートカード」です。

2020年3月11日までに新規登録すれば、3月12日以降も継続してクレジットチャージが利用できます。

2020年3月12日以降に新規登録してクレジットチャージに使おうとしてもできませんので、持っている方は3月11日までに新規登録しましょう。

セブン-イレブンでの還元率は1%をキープ

3月以降も1%の還元率

≪画像元:セブン-イレブン

セブン-イレブンでnanacoを使った際の還元率、3月以降も1%のままです。

通常、nanacoの還元レートは「200円(税別)→ 1ポイント」なのですが、セブン-イレブンでは2020年2月29日まで「100円(税別)→ 1ポイント」となっていました。

3月以降はどうなるかと心配していましたが、8月31日までは還元率1%がキープされます。

nanacoを主ににセブン-イレブンで使っている筆者としては、ありがたいかぎりです。

缶コーヒーでボーナスポイントがもらえる

缶コーヒーでボーナスポイント

≪画像元:セブン-イレブン

セブン-イレブンで対象商品を購入すると、ボーナスポイントがもらえるシステムがあります

3月は缶コーヒーが多数ラインアップされました。

一例を紹介しますと、「サントリーボス贅沢微糖185g」(税別105円)をnanacoで購入すると、通常の1nanacoポイントに加えて10ポイントが加算されます。

2018年度に還元されたポイントは3月に期限切れ

3月に期限切れになるポイントもありますので注意

2018年4月~2019年3月に還元されたnanacoポイントの有効期限は、全て2020年3月です。

期限切れのポイントは、一気に失効してしまいます。

nanacoポイントの有効期限は、

・ レシート
・ nanaco会員メニュー
・ セブン銀行ATM
・ nanacoモバイルアプリ

で確認可能です。

貯まったポイントの使い方

nanacoの残高に交換できる

貯まったポイントは、1ポイント=1円で電子マネーnanacoの残高に交換できます

・ セブン-イレブン
・ イトーヨーカドー
・ 西武・そごう
・ デニーズ

などの店舗であれば、レジで電子マネー残高への交換が可能です。

また、nanacoモバイルアプリがあれば、来店することなくポイントを電子マネーの残高に交換できて便利です。

電子マネー残高への交換以外には

・ オムニ7で使う
・ 募金する

などの使い道があり、いずれも期限間近のポイントから消費されます。

今ならANAマイルへの交換がお得

nanacoポイントからマイルに交換

今なら、nanacoポイント → ANAマイルへの交換がお得です。

通常の交換レートは「500nanacoポイント → 250マイル」なのですが、3月31日までは「500nanacoポイント → 300マイル」と50マイルアップします。

申込から2~7日後にマイル交換が反映されるのもうれしい点です。

ただし、nanacoポイントからの交換だけでANA特典航空券に必要な全マイルを補うのは厳しいかもしれません。

ですので、「あとちょっとで特典航空券に交換できるマイルに達するのに」という人の最後のひと押しにおすすめです。

キャンペーン対象はANAマイルのみであり、「ANA SKYコイン」のレートはアップしませんので、注意してください。

期限切れ間近のnanacoに注意して、お得にnanacoを使おう

nanacoへのクレジットチャージがセブンカードしか新規登録できなくなるのは、大きな改悪ですね。

セブン-イレブンでの還元率1%がキープされたのは、セブンユーザーとしては朗報です。

缶コーヒー好きとしては、缶コーヒーでボーナスポイントがもらえるのもうれしいところです。

3月は前年度に還元されたポイントの有効期限でもあります。

電子マネーやANAマイルへの交換などをして、期限切れのポイント消失をぜひとも防いでください。(執筆者:角野 達仁)