新型コロナウィルスの影響で先行きの見えない不安が広がっている現在ですが、学校の休校や在宅勤務によりいつもより光熱費や食費が高くなっている家庭も多いのではないかと思います。

少しでも生活費を抑えるために家庭でできる節約として1番見直しやすいのは「食費」ですが、ただ食費を節約するよりも「買い物の仕方」を見直すことが重要です。

その手段の1つとしてネットスーパーをおすすめします。

実店舗での買い物では得られない4つのメリットを紹介します。

ネットスーパーは 節約にも役立つ

1. 24時間どこでも買い物、玄関までお届け

最近では深夜まで営業している実店舗もありますが、ネットスーパーであれば24時間・昼夜問わず自分の好きな時間帯に買い物できます。

スマホからでも購入できるので仕事のランチ中など、スキマ時間を利用して効率的に済ませられるのも魅力のひとつです。

また天候の悪い日、小さなお子さんを連れての買い物や日用品など重たいものを持ち運ぶなど買い物だけでひと苦労です。

ネットスーパーであれば買った食材を玄関まで届けてくれます。

2. プロが選んでくれる

野菜や果物、肉や魚にはそれぞれ鮮度がわかるポイントがあります。

しかし、素人の私にはどこを見たらよいのかわからないことが多く、いろいろと迷うので食材選びにも時間がかかります

ネットスーパーであれば、食材を売り場のプロが選んでくれるので、自分で選ぶより鮮度よいの食材が手に入ります

鮮度のよい食材が手に入ることにより、長持ちするので節約につながります

3. 予算内で買い物できる

実店舗で買うより高く感じますが、値段は同じです。

配送料がかかる場合もありますが、一定額以上の購入で送料無料としている店舗もあります

なにより助かるのは、カゴに入れるだけで購入前に合計金額を確認できることです。

実店舗の場合にはレジでしか合計金額がわからないので、会計後に「買い過ぎたな」と予算オーバーを後悔することもあります。

ネットスーパーであれば、予算オーバーになった時点で食材を減らしたり、安いものに交換するなどして予算内におさめられます

これは節約に大きく貢献する大切なポイントです。

4. 買い忘れ・かぶりがない

買い物を済ませた後や家に帰ってから

「買うの忘れた!」

「まだ家にあったんだ…」

という経験は誰しもあると思います。

ネットスーパーの場合には購入後も一定時間内であれば追加購入でき、不要になったものもキャンセルすることが可能です。

忘れたものを買いに行くと「ついで買い」をしてしまう可能性が高くなります。

「ついで買い」を防げるのも節約には重要なポイントです。

おすすめネットスーパー

代表的な3つのネットスーパーの特徴を紹介します。

1. おうちでイオン イオンネットスーパー

イオンのネットスーパー

【配送料】
配達エリアによって異なります。

【配達時間】
2時間おきに配送時間を指定できます。

ただし、配送時間や受付時間は、店舗・配送エリアによって異なるので注意が必要です。

独自サービス

買い物でたまったWAON POINTは「おうちでイオン イオンネットスーパー」をはじめ、 AEON.comのネットショップでも使えます。

新規登録をするとポイントがもらえる期間限定キャンペーンなどがあるのでチェックしてみてください。

「KIDS REPUBLID」というサービスでは、エリア限定にはなりますが商品合計金額4,000円(税込)以上のお買い物で配送料200円(税抜)引きのクーポンが配信されます。

2. イトーヨーカドーのネットスーパー

イトーヨーカドーのネットスーパー

≪画像元:イトーヨーカドー

【配送料】330円(税込)

【配達時間】
3時間おきに配送時間を指定できます。

近くに店舗がある場合には、店舗での受け取りを指定することも可能です。

ただし、受付時間は店舗・配送エリアによって異なるので注意が必要です。

独自サービス

食品はもちろん、日用品から医薬品、衣料品まで購入できるのが魅力です。

グループ各社で使えるnanacoポイントも貯まります。

「子育て応援キャンペーン」に登録すると4年間は1回の配送料が102円になるサービスがあります。

3. 楽天西友ネットスーパー

rakutenのネットスーパー

【配送料】
一定額以上で無料です。

【配達時間】
2時間おきに配送時間を指定できます。

ただし、受付時間は店舗・配送エリアによって異なるので注意が必要です。

独自サービス

楽天スーパーポイントが貯まります。

貯まったポイントを使って、楽天市場などで買い物することも可能です。

「楽天ママ割」では、毎週水曜19時~木曜日に買い物をすると楽天ポイントが3倍になります。

配達可能エリアを確認

ネットスーパーを利用する前に、自宅への配達が可能かを調べます

配達可能エリアはネットスーパーのホームページから、郵便番号などをいれると担当店舗が確認できます。

効率的な買い物によって無駄使い、時間の浪費をおさえることが節約成功への重要ポイントです。

ネットスーパーを上手に活用してお得で無理のない節約をしてください。(執筆者:和田 理子)