フィーチャーフォン(ガラケー)を使っている人、結構多いですよね。

ガラケーからスマホへの流れは止めようもなく、ガラケー向けの電子マネーサービスも続々と終了しています。

今回は、主な電子マネーのガラケー向けサービスへの対応状況と、利用者の対策を紹介しましょう。

主なガラケー向け電子マネーサービスの状況

【QUICPayモバイル】2020年3月24日~12月1日に終了

【QUICPayモバイル】2020年3月24日~12月1日に終了

≪画像元:JCB

後払い式電子マネー「QUICPayモバイル」、そのガラケー向けサービスが2020年3月24日~12月1日にかけて終了します。

終了時期に幅があるのは、通信事業者やサービスの種類によって時期が異なるためです。

3月24日にはソフトバンクの「S!アプリ」、12月1日にはドコモのガラケー向けサービスが終了します。

ダウンロード済みのアプリについては、有効期限(紐付しているクレジットカードの有効期限と同じ)到来まで利用可能です。

【iD】2019年2月26日に終了

【iD】2019年2月26日に終了

≪画像元:三井住友カード

後払い式電子マネー「iD」、そのガラケー向けサービスが2019年2月26日に終了しました。

不便にはなるものの、サービス終了後も紐付したクレジットカードの有効期限までは引き続き利用可能です。

【モバイルSuica】2020年2月25日~12月22日に終了

【モバイルSuica】2020年2月25日~12月22日に終了

≪画像元:JR東日本

2020年2月25日をもって多くのガラケーでサービスを終了した「モバイルSuica」、12月22日は残りのガラケーでもサービス終了となる予定です。

・ 電子マネーでの鉄道利用・買物

・ レジ・チャージ専用機による現金チャージ

・ 定期券利用(定期券の有効期限まで)

・ モバイルSuica特急券(受取済みチケットによる新幹線利用)

・ オートチャージ(登録しているビューカードの有効期限到来まで)

以外のログインを伴うサービスは、サービス終了とともに利用できません。

上記以外のサービスは、引き続き利用できます

【nanacoモバイル】2020年8月31日に終了

【nanacoモバイル】2020年8月31日に終了

≪画像元:nanaco

電子マネー「nanaco」のガラケー向けサービスが、2020年8月31日に終了します。

・ nanaco残高での支払い

・ レジなどを使った現金チャージ・残高確認・ポイントから残高への交換

以外のサービスは、9月1日以降は利用できません

【楽天Edy】2020年3月18日に終了

【楽天Edy】2020年3月18日に終了

≪画像元:楽天

電子マネー「楽天Edy」のガラケー向けアプリは、2020年3月18日に以下のサービスを終了しました。

・ クレジットチャージ
・ 楽天IDでのチャージ
・ 銀行口座からのチャージ
・ Edyの受け取り
・ Edyでポイント(新規・変更・解除登録)
・ ユーザー情報登録(新規・変更・削除登録)
・ 楽天Edyオンライン(機種変更)
・ お預けサービス
・ MobileEdy決済(オンライン)

なお、以下のサービスは引き続き利用可能です。

・ コンビニでレジでの現金チャージ・現金入金機でのチャージ

・ チャージ済みEdy残高の利用

・ 設定中のポイント/マイルを貯める

・ ポイント/マイルの交換、キャンペーン賞品などで付与されるEdyの受取

【モバイルWAON】2018年11月20日に終了

【モバイルWAON】2018年11月20日に終了

≪画像元:WAON

電子マネー「WAON」のガラケー向けアプリは、2018年11月20日に以下のサービスを終了しました。

・ 新規発行
・ 利用履歴照会
・ オートチャージの設定変更
・ クレジットチャージ
・ センター預かりポイントのチャージ
・ ポイントチャージ
・ お客様情報の変更
・ パスワード変更
・ 利用可能残高・チャージ限度額変更
・ 機種変更

なお、上記サービスの一部もWAONステーション・イオン銀行ATMで引き続き利用でき、以下のサービスは引き続き利用可能です。

・ 支払い
・ 残高照会
・ 現金チャージ
・ オートチャージ

ガラケー向けサービス終了への対策

ガラケー向けサービス終了への対策としては、以下の4つが考えられます。

それぞれのメリット・デメリットを紹介しましょう。

対策案1:スマホに変更する

最も手っ取り早いのは、スマホにすることです。

ただし、ガラケー向けサービスが終了している場合は、ガラケーからスマホへの機種変更をして、電子マネー情報をそのまま移せません

新規で電子マネー情報を発行することになります。

スマホで電子マネーを利用するには「おサイフケータイ」を搭載している必要があり、一部格安スマホでは未搭載です。

今までガラケーを愛用していた人には、スマホへの乗り換えはハードルも結構高く、大変かもしれません。

対策案2:カードタイプにする

モバイルにこだわらないのであれば、カードタイプにするのもいいでしょう。

どの電子マネーもカードタイプを用意しており、そちらの方が使いやすいかもしれません。

ただし、複数の電子マネーカードを入れると財布が膨らんでしまうので、ある程度カードの取捨選択が必要です。

QUICPayのようにカードタイプにとどまらず、キーホルダータイプなどを用意している電子マネーもありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。

カードタイプはオンラインでのチャージなどができないので、何かと足を運ぶ必要性が出てきます

対策案3:ガラケーを使い続ける

どうしてもスマホは嫌だという方は、ガラケーをそのまま使い続けるという手もあります。

コンビニのレジやチャージ機を使って現金チャージもできますし、もちろん支払いも可能です。

ただし、大幅に不便になることは覚悟してください。

「ガラホ」にする

「ガラホ」にする

≪画像元:NTTドコモ

「スマホもカードタイプも嫌だ」という方は、「ガラホ」という手もあります。

ガラホの見た目や操作性はガラケーですが、スマホ向けのOS(基本ソフト)を搭載しており、引き続き利用可能な電子マネーも多いです。

ただし、ガラホにいつまで対応してくれるかが分からないので、長期的な戦略とはいえません

どちらの「利便性」をとるかで対策は変わる

ケータイやスマホの中に電子マネーが入っているのは、非常に便利です。

ただし、以下のどちらの「利便性」をとるかによって、ガラケーユーザーのとるべき対策は異なってきます。

・ いつでもどこでも端末からチャージ・登録情報ができる「利便性」

・ 使い慣れた端末を使い続ける「利便性」

前者をとるのであればスマホに乗り換えるのがいいでしょうし、後者をとるのであればガラケーのまま使い続けるかカードタイプにするのがいいでしょう。(執筆者:角野 達仁)