お金を切り詰めていていく際に、主婦が先に削るのは「化粧品代」といわれます。

節約前には気にしていなかった化粧品の費用も家計が切羽詰まってくると、結構なお金がかかっていたことに気づかされます。

「家計が大変なときに、美容になんかお金をかけてられない!」

しかし、ずっとスッピンというわけにもいきません。

外出時や来客時など、メイクをしなければならない状況もあることでしょう。

そこで今回は、コスパの良い化粧品と人気ブランドの化粧品を安く手に入れる方法を紹介します。

節約中も満足のいくスキンケアをする方法

「オールインワン」で基礎化粧品代を節約

化粧水・乳液・美容液・クリーム、女性のスキンケアアイテムをすべてそろえると費用がかさみます

しかし、たとえ節約生活でもスキンケアは必要です。

「化粧品にお金をかけられない…けれど、お肌のケアで手を抜きたくない」という方には、オールインワン化粧品がおすすめです。

複数の基礎化粧品の役目をオールインワン化粧品であれば1つでまかなってくれるのです。

スキンケアにかかる費用だけではなく時間も節約できます。

リーズナブルな商品もありますので節約したい方は必見です。

また、保湿効果もある「パックタイプ」のオールインワンもあるので、パックをかかさずするという方はぜひ検討してみてください。

オールインワンジェルクリーム

高級ブランドの化粧品を安価で手に入れる方法

節約前からずっとブランド物の化粧品を使っていた場合には、家計の都合でコスパ重視の化粧品に変えてみたものの肌に合わず、お肌の調子が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

お肌のトラブルは、女性のあらゆるモチベーション低下につながるリスクを孕んでいます。

節約中でもこれまで通りにブランド物の化粧品を手に入れる方法はないのでしょうか。

実は、誰でもできる3つの方法で本来高価な化粧品を安く手に入れることができるのです。

1. お正月の「化粧品福袋」

節約中になかなか使用できないのは、人気ブランドの化粧品です。

そのような良質な化粧品を年に1度、安く手に入れる機会があります。

それは、「福袋」です。

コスメブランドの福袋には、購入金額以上の商品がたくさん入っています

2,000円前後で6,000円相当の商品が入っていることもあるので、節約をしている人はぜひ購入を検討しましょう。

【福袋を販売しているコスメブランド】

・ LUSH

・ L’OCCITANE

・ HABA

・ THE BODY SHOP など

人気のコスメブランドの多くが、年始に福袋を店頭販売しています。

普段はコスパ重視で化粧品を選んでコツコツとスキンケアに励んでいるという方も、自分へのご褒美としていかがでしょうか。

化粧品の福袋

2. モニターに応募する

化粧品の「モニター」に登録すると、数日分の化粧品を無料で手に入れられます

終了後も謝礼として、無料または半額で本品を入手できる可能性があります。

お目当ての化粧品ではないかもしれませんが、それなりに良質な化粧品が手に入ることでしょう。

モニター登録の方法は以下のとおりです。

(1) ネットでモニターを募集しているサイトを探す

「化粧品 モニター」などで検索してみましょう。

(2) 会員登録して応募する

サイトで登録後にいま行っているモニター募集の中から好きなものに応募しましょう。

(3) モニターを開始する

モニターに選ばれて商品が届いたらその日から使い始めてください。

使った際の感想などはしっかりとまとめておきましょう。

(4) レポートを提出する

使い終わったら期限までに感想や効果をレポートにまとめてメーカーに提出しましょう。

3. メルカリで探してみる

個人でさまざまな商品を取引できるメルカリでは、節約中には高くて買えない高級ブランドの化粧品も安く購入できます。

メルカリの基礎化粧品の出品一覧

≪画像元:メルカリ

メルカリの出品者は、価格の設定を個人で考えて行うため、高価なものでもかなり安く設定されているケースがあるのです。

出品者によっては、

「たくさん買うので、少しお値引きできませんか」

といった交渉に応じてくれる可能性があります。

プロフィールなどを確認のうえで交渉できそうであれば、購入前に相談してみてください。

自分の肌にあったコスパのよい化粧品を見つける

女性にとって美容の問題は小さくありません。

「節約しながらでも、いかにお肌の調子を整えられるか」に関心が高い女性は多いことでしょう。

家計をやりくりするうえで、高価な化粧品を使い続けることは避けたいものです。

一方で化粧品は価格が高ければよいというわけでもありません。

コスパが良く、効能も十分な化粧品もたくさんあります。

自分の肌にあったコスパのよい化粧品をみつけてください。(執筆者:編集部)