休日、家族全員が家にいて昼食をどうするか考えなければいけない、こんな状況を苦痛に感じる人もいるのではないでしょうか。

苦痛だと感じる原因は3つ考えられます。

1. 献立が決まらない

2. めんどうくさい

3. 外食にしたいがお金のことを考えると毎日は無理だ

Yahoo!知恵袋をみてみると、家族そろっての昼食を外食にする場合の予算は1,000円~2,000円という声が多いみたいです。

外食、というと空腹を満たす、手間を省く、以外にもレジャー性を求めがちで、それが予算を底上げする一因のようです。

ホットプレートランチがすごい

ホットプレートって何がいいの?

そこでオススメしたいのがホットプレートです。

休日の昼食にホットプレートを勧める理由は3つあります。

1. 簡単

ホットプレートなら、大きなフライパン1つで家族全員の食事が1回で作れてしまうのと同意義です。

材料をあらかじめ食卓に用意さえすれば、調理中に動く必要もありません

2. 材料費が安い

ホットプレートで作るものはワンプレートランチが多く、1品完結、あれこれ作る必要がありません

一汁三菜の定食スタイルの食事に比べて、材料費が少なくてすみます。

3. イベント感が演出できる

食卓に湯気が上がり、ジュージュー音を立てるホットプレートがあるだけで非日常感が出ます。

家族全員で材料を並べたり、混ぜたり、ひっくり返したり、と調理過程から参加すれば、それはもうイベントです。

筆者は週末にホットプレートを使うことが多いのですが、料理する人も一緒に食べられる、というところも気にいっています。

料理をしているそばから家族が食べ始め、自分が食卓に着くころには料理がなくなっていたり、冷めていたりするということがありません。

ホットプレートで料理をすれば、みんなと一緒に温かい料理を楽しめるのです。

ホットプレートの電気代

電気代については契約している料金プランや、使っているホットプレートによるので一概にはいえません。

そこでここでは56.7cm×37.9cm×13.6cm、消費電力1,300wのファミリーサイズのホットプレートで、1kwhあたり25円の契約と仮定して計算します。

そうするとホットプレートの電気代は1時間当たり32.5円になります。

都市ガスを1時間強火で使うと約36円、中火だと約21円です。

1時間料理するときのガス代と比べてホットプレートの電気代は特別に高いということはありません

ホットプレートの電気代を節約する方法

しかし、ホットプレートでもちょっと気を付けるだけで電気代を抑えられます。

ポイントは2つ

加熱時間を短くすること

加熱温度を低くすること

ホットプレートは上がりきった温度を維持するのは得意ですが、温度を上げるのに時間がかかります。

そこでフタを利用します。

ホットプレートを温めるとき、食材を加熱するときに適宜フタをすることで、熱が逃げてしまうのを防ぎ、加熱時間を短くできます

さらに料理ができたら保温にしましょう。

電気代を抑えると同時に、

・ 料理に火が入りすぎてしまう

・ 乾いてしまう

ということも防げます

ホットプレート簡単レシピ

ホットプレートの料理といえば、焼きそば、お好み焼き、ホットケーキが王道でしょうか。

今回は簡単にできて、王道とはちょっと違ったレシピを紹介します。

フレンチトースト

フレンチトースト完成図

1. 食パン1枚を9個に切る

2. 卵と牛乳を混ぜ合わせたものに漬ける

3. 両面、色づくまで焼く

サイコロ状のフレンチトースト

1人前約90円でできました。

あらかじめ砂糖で味つけはしないで、食卓で好みのはちみつやジャムで食べれば、大人にも甘すぎるということはなく、おススメです。

鮭チャーハン

鮭チャーハン完成図

1. 塩鮭をホットプレートでフタをしながら蒸し焼きにする

2. 塩鮭は骨を取り除きながら、身をほぐす

3. 塩鮭をはじに寄せ、中央に溶き卵を流し入れる

4. 卵が固まる前にごはんを入れ、全体をよく混ぜる

5. 長ネギのみじん切りをくわえ、塩で味を調える

鮭チャーハン作り途中

1人前約145円でできました。

魚がメインの料理は家族に不評を買いやすいのですが、卵と長ネギを組み合わせたチャーハンにすれば、おかわり間違いなしです。

トマトスパゲッティ

パスタ完成図

1. スライスした玉ねぎ、ソーセージ、半分に折ったスパゲッティをホットプレートに並べる

2. スパゲッティの重さの3.5倍になるように、トマトの水煮缶+水を計量し入れる(スパゲッティ2人分160gの場合、トマトの水煮缶+水は560cc)

3. 全体にまんべんなく塩をふり、ふたをして加熱する

4. 沸騰したら、ときどき混ぜながら水気がなくなるまで加熱する

きのこを炒める

麺もホットプレートで

トマトもこのままon

もうすぐパスタが完成

1人前約143円でできました。

ソーセージをサバの水煮缶に変えてもおいしいです。

連休中は外出が難しいというときこそ、ホットプレートを活用して、節約しながら家族との時間を楽しんでください。(執筆者:小原 水月)