腕時計だけで改札を通過したり買い物をしたりする姿、スマートですね。

それが可能なのは、これまで「Apple Watch」だけでした。

しかし、2020年5月21日以降は「Garmin」のウェアラブルデバイスでも可能となるので、早速紹介します。

5月21日より「Garmin」の時計でSuicaが利用可能に

Suica対応「Garmin」の時計

≪画像元:Garmin Japan

Garminは、GPS製品を提供するアメリカの会社で、スポーツ・アウトドア用スマートウォッチで有名です。

そんなGarminの一部ウェアラブルデバイスで、2020年5月21日より「Suica」が利用できるようになります。

年会費・デポジットは無料です。

年会費・デポジットは無料で使えます

≪画像元:JR東日本

対応予定機種

対応予定機種は、以下の通りです。

・ Approach S62シリーズ
・ fenix 6X シリーズ
・ fenix 6X Pro Dual Powerシリーズ
・ fenix 6Sシリーズ
・ fenix 6 シリーズ
・ Legacyシリーズ
・ Venuシリーズ
・ vivoactive 4/4Sシリーズ
・ vivomove 3/3Sシリーズ
・ vivomove Style/Luxeシリーズ

Suica対応のシリーズ

≪画像元:Garmin Japan

最安は「vivomove 3/3Sシリーズ」で、実勢価格は2万7,000円程度です。

Suica対応のGarminでできること

Suica対応のGarminでは、以下のようなことができます。

公共交通機関の利用・お店での買い物

Suicaでお買い物

≪画像元:Garmin Japan

ウェアラブルデバイス上にSuicaを発行すれば、Suicaが利用可能な電車・バスなどの公共交通機関に乗れます。

Suicaが利用可能な店舗であれば、買い物も可能です。

Google Payによる入金(チャージ)

Google Payでチャージ

≪画像元:Garmin Japan

専用ページからGoogle Payのアカウントを作成し、クレジットカードを登録したら、時と場所を選ばずSuicaにチャージできます。

Androidスマホから「チャージする」ボタンを押してチャージ金額を押すだけで、チャージ可能です。

他にも、店頭・券売機からの現金チャージもできます(残高上限は2万円)。

JRE POINTが貯まる

JRE POINTが貯まる

≪画像元:JR東日本

JRE POINTのWEBサイトでGarminのSuicaを登録すると、Suica利用でJRE POINTが貯まります。

貯まったJRE POINTは、1ポイント=1円でSuicaにチャージできるなど、使い道も豊富です。

残額表示・前日分までの履歴表示

残額表示・前日分までの履歴表示される

≪画像元:Garmin Japan

GarminのSuicaの残高を、スマホから確認できます。

前日分までの履歴を、鉄道利用だけでなくチャージ履歴や買い物履歴まで表示可能です。

GarminとApple Watchとの違い

Apple Watchとは何が違う

≪画像元:Apple

ウェアラブルデバイスとSuicaとの連携における元祖は、「Apple Watch」です。

Apple WatchとGarminには、どんな違いがあるのでしょうか。

GarminはiPhone・Androidスマホの両方とも連携できる

Apple WatchとGarminでは、連携できるスマホが以下のように違います。

・Apple Watch … iPhoneのみ

・Garmin … iPhone・Androidスマホ

Androidスマホユーザーが利用したい場合は、Garmin一択ですね。

Apple Watchはスマホを使わず直接チャージできる

iPhoneを取り出さなくても、Apple Watchは直接チャージ可能です。

Apple WatchのWalletアプリからApple Watchにクレジットカードを追加しておけば、Apple Watchの「チャージ」ボタンで簡単にチャージできます。

一方のGarminはチャージにスマホが必要で、Garminから直接チャージはできないようです。

Garmin → スマホへのSuica移動はできない

Apple Watchの場合、iPhone→Apple Watchだけでなく、Apple Watch → iPhoneにSuicaを移動できます。

Garminの場合、スマホ → GarminにSuicaを移動できますが、Garmin → スマホにSuicaを移動できません

GarminではSuica定期券を使えない

Apple Watchでは、Suica定期券を使えます。

一方のGarminでは、Suica定期券を使えません(バス定期券も含む)。

Suica定期券を利用する方は、カード・スマホ・Apple Watchのいずれかを利用しましょう。

GarminではSuicaグリーン券を購入できない

GarminではSuicaグリーン券を購入できない

≪画像元:JR東日本

Apple Watchでは、Suicaグリーン券を購入できます。

Suicaグリーン券があれば、通勤・通学やレジャーでの長距離移動も楽チンです。

しかし、GarminではSuicaグリーン券を購入できません

Garminではエクスプレス予約を利用できない

東海道・山陽新幹線のチケットをいつでもお得価格で購入でき、切符を受け取らず改札を通過できるサービスが、「エクスプレス予約」です。

Apple Watchでは利用できますが、Garminでは利用できません

Garminは機種変更をしてもSuicaの残高を引き継げない

「旧Apple WatchのSuicaを削除 → 新Apple WatchとiPhoneを連携 → 新Apple Watchにsuicaを追加」とすれば、Apple Watchは機種変更をしてもSuica残高を引き継げます。

ただし、Garminは機種変更をするとSuicaの残高を引き継げないようです。

その他注意点

その他、GarminでSuicaを利用する際には、以下の点に注意してください。

ソフトウエアの更新が必要

すでに対象のGarmin製品を持っている人も、ソフトウエアの更新が必要です。

Suicaを利用する前に、忘れずアップデートしておきましょう。

デバイス1台につきSuicaは1枚

1台のウェアラブルデバイスにつき、登録できるSuicaは1枚だけです。

2枚のSuicaを一緒に入れようとしても、できません。

オンラインでチャージの場合は「Google Pay」で

券売機やレジ以外のオンラインでチャージする場合は、AndroidスマホでもiPhoneでも、Google Payを使ってください。

「iPhone=Apple Pay」のイメージがありますが、Apple Payではチャージできません。

Androidスマホユーザーは検討の価値あり

Apple WatchはiPhoneとしか連携できないので、AndroidスマホユーザーにとってGarminは有力な選択肢です。

また、Apple Watchと比較してGarminはスポーツ・アウトドア向きのデバイスなので、スポーツ・アウトドア好きの方もいいですね。

ただし、肝心のSuica機能がApple Watchほど充実していないので、機能拡充を待っても良いかもしれません。(執筆者:角野 達仁)