5月下旬から6月にかけて、auでは多くの変更点があります。

ここでは、特に皆さんに影響が大きそうな変更点を紹介しましょう。

auのポイントが「Pontaポイント」に変更

auのポイントが「Pontaポイント」に変更

≪画像元:KDDI

auのサービス利用で貯まるポイントが、5月21日より「au WALLETポイント → Pontaポイント」に変更となりました。

Pontaポイントは、Ponta提携各社(ローソン、ビックカメラなど)でポイントを貯められて使えるので、使い勝手が大幅に向上します。

有効期限は最終利用日(ポイントを貯める・使う)から1年後の同日で、実質無期限です。

ポイント変更について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

ドコモとauがポイントでつながる

auのサービス利用で貯まるポイントがPontaポイント、ドコモのサービス利用で貯まるポイントはdポイントです。

そして、Pontaポイントとdポイントは相互に等価交換できます

ドコモとauがポイントでつながるということで、これは地味にスゴイことです。

「au PAYアプリ」でPontaを使いやすく

「au PAYアプリ」でPontaを使いやすく

≪画像元:KDDI

「au PAYアプリ」内で、Pontaポイントを貯めやすく、使いやすくなりました

アプリのトップ画面に表示される「Pontaカード」ボタンをタップすると、デジタルPontaカードが表示されます。

au PAY(コード決済)が使えるPonta提携各社であれば、

Step1.
au PAYアプリを起動

Step2.
デジタルPontaカードを表示させ提示

Step3.
トップ画面に戻り「コード支払い」をタップ

Step4.
au PAY(コード決済)で支払う

と、au PAYアプリだけでカード提示から決済まで可能です。

au PAYアプリだけで「Pontaポイント → au PAY残高へのチャージ」が可能

au PAY残高へのチャージが可能

≪画像元:KDDI

貯まったPontaポイントを、au PAY残高にチャージできるようになりました。

au PAY(コード決済)だけではなく「au PAYプリペイドカード」とも残高を共有しますので、残高管理が楽になります。

「Pontaポイント→au PAY残高へのチャージ」も、au PAYアプリ内で完結します。

「au PAYカード」の申込がauユーザー以外も可能に

au PAYカード

≪画像元:KDDI

これまではauユーザー限定だった「au WALLETクレジットカード」が「au PAYカード」に名称変更され、auユーザー以外でも申込可能になりました

従来との変更点は、次の通りです。

・ auユーザー以外でも初年度無料、年1回利用で翌年度も無料(利用がないと税別1,250円の年会費)

・ 6/23より、還元単位が「200円 → 2ポイント」から「100円 → 1ポイント」に変更

・ au PAY残高チャージ時の還元率が0.5% → 1%にアップ

チャージ&利用で合計1.5%の高還元

チャージ&利用で合計1.5%の高還元

≪画像元:KDDI

特に大きいのが、au PAY残高にクレジットチャージした際の還元率が0.5% → 1%(6/22までは200円 → 2ポイント、6/23からは100円 → 1ポイント)と2倍になる点です。

これで、au PAYカードは残高にチャージする際の有力候補ですね。

チャージ済みのau PAYを支払いに利用すれば0.5%還元されるので、合計還元率は1.5%になり、PayPayの最高還元率に並ぶ還元率です。

「au Wowma! → au PAYマーケット」へ名称変更

au Wowma!はau PAYマーケットに

≪画像元:KDDI

5月21日より、総合通販サイト「au Wowma!」は「au PAYマーケット」へ名称変更されました。

auユーザー以外でも引き続き利用可能で、ショッピングのみならずふるさと納税もできます。

au PAYマーケットの支払いを最大2か月猶予できる「ゆったり後払い」

ゆったり後払い

≪画像元:KDDI

後払いといえばクレジットカードですが、クレカを使うのに抵抗がある、そもそもクレカを持っていないという人もいることでしょう。

それでも後払いしたい方のために、au PAYマーケットで利用できる「ゆったり後払い」が開始されました。

auユーザーとau PAYマーケット会員限定のサービスで、商品購入から2か月以内にコンビニ払い・口座振替で支払えばOKです。

コンビニ払いでは請求書の有無で330円~550円の手数料がかかりますが、口座振替であれば手数料はかかりません

さらに、auスマートパスプレミアム会員(有料)の場合には、コンビニ払いでも手数料が無料です。

・ ゆったり後払いを初めて利用すると100ポイント還元

・【7/31まで】ゆったり後払いを利用して200万ポイント山分け

という2つのキャンペーンも実施しています。

【6/1まで】誰でもPontaポイントが50%増量

Pontaポイントが50%増量

≪画像元:KDDI

au IDを持っているau PAYマーケット会員が、PontaポイントをPontaポイント(au PAYマーケット限定)に交換すると50%増量されるキャンペーンを6月1日まで実施しています。

キャラクターの「ポンタ」が50%増量してメタボになるのはいけませんが、Pontaポイントが増えるなら歓迎ですね。

最大2回、交換上限ポイントは1,000ポイント/回です。

Pontaポイント(au PAYマーケット限定)は文字通り使い道が限定されますが、交換後のポイントでふるさと納税もできるので、ふるさと納税がさらにお得になるのです。

【7/2まで】Pontaポイント総額100万ポイントが抽選で当たる

Pontaポイント総額100万ポイントが抽選で当たる

≪画像元:KDDI

au PAYマーケットリリースを記念して、総額100万Pontaポイントが抽選で当たるキャンペーンが実施されています。

Ponta会員IDとau IDを連携して、エントリーした人が対象です。

エントリー期間を3回に分けて抽選を行い、

・抽選で10名:1万Pontaポイント

・抽選で50名:1,000Pontaポイント

・抽選で367名:500Pontaポイント

が当たります。

外れてもエントリーした人にはもれなく、au PAYマーケットで総額4,000円以上利用すると使える100円オフクーポンがプレゼントされます。

「au PAYスマートローン」がauユーザー以外も利用可能に

au PAYスマートローン

≪画像元:KDDI

「au WALLETスマートローン」は「au PAYスマートローン」と名称変更しただけではなく、5月21日からはau IDがあればauユーザー以外も利用できるようになりました。

カードローンのようなものですが、カードは発行されずにすべてスマホで完結します。

年利2.9%~18%、限度額は1万円~50万円です。

借入金はau PAY残高に簡単にチャージ可能ですが、借金には違いないので気軽に利用するものではありません。

変更が多いauのサービスをしっかり確認する

・ auで貯まるポイントが「Pontaポイント」になる

・ au PAYアプリ内にデジタルPontaカードを内蔵可能

・ auユーザー以外もau PAYカードを利用可能

・「au Wowma!→au PAYマーケット」に名称変更

・ au PAYマーケットの支払いを最大2か月後にできるサービス開始

・ auユーザー以外もau PAYスマートローンを利用可能

と、5月下旬から6月にかけてauではいろいろと変更があります。

多すぎてパニックにならないよう、自分が使いそうなサービスを中心に変更点をしっかりと確認しましょう。(執筆者:角野 達仁)