ポイントカードは、上手に運用すればお得にお買い物ができて、節約につながります。

今回は、おすすめしたいポイントカードを紹介します。

自分がよく利用するお店と提携しているカードを選んで活用しましょう。

ポイントカードのメリット

ポイントカードのメリット

ポイントカードの目玉はなんといっても還元率です。

各ポイントカードの還元率や加盟店について紹介します。

もしも利用頻度の高いお店が加盟していたら、ぜひそのポイントカードを用意しておきましょう。

各種ポイントカードの還元率

・ Tポイントカード:加盟店によって200円 = 1ポイントまたは、100円で1ポイント

・ Pontaカード:基本的に200円 = 1ポイント(ガソリンスタンドは1L=1ポイント)

・ dポイントカード:加盟店によって200円 = 1ポイントまたは、100円で1ポイント

・ 楽天ポイントカード:加盟店によって200円 = 1ポイントまたは、100円で1ポイント(ガソリンスタンドは2L = 1ポイントまたは、1L = 1ポイント)

・ nanacoカード:200円 = 1ポイント

・ WAONカード:200円 = 1ポイント

ポイントカードの提携先

前述のポイントカードの提携先を紹介していきます。

Tポイントカード

TSUTAYAおよび関連店、蔦屋書店、新星堂、GYAO!ストア、Honya Club With、マイナビBOOKS、Yahoo!ブックストア、毎日新聞、Ameba、東急ホテルズ、カメラのキタムラ、パシフィックゴルフマネージメント、アシックス、福岡ソフトバンクホークス、東急スノーリゾート、東武ストア/フエンテ、マルエツ、ウエルシア、ハックドラッグ、金光薬品、日本メディカルシステム、100満ボルト、ガスト、バーミヤン、ステーキガスト、吉野家/そば処吉野家、牛角、ロッテリア、大阪王将、食べログ、洋服の青山、眼鏡市場、コンタクトのアイシティ、など

Pontaカード

ローソン、ゲオ、高島屋、京阪グループホテル、じゃらんnet、SEGA、日本航空、ケンタッキーフライドチキン、COCO’S、すき家、はま寿司、ピザハット、ホットペッパーグルメ、スーツのAOKI、セカンドストリート、ホットペッパービューティ、昭和シェル石油、日産レンタカー、HMV、朝日新聞デジタル、日刊スポーツ、丸善ジュンク堂、楽天Edy、アパマンショップ、サカイ引越センター、コジマ、エネワン、ガスワン、関西電力、など

dポイントカード

ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシ、ファミリーマート、サツドラ、スーツのAOKI、東急ハンズ、タワレコ、Amazon、メルカリ、DHC、ABCマート、無印良品ネットストア、など

楽天ポイントカード

ファミリーマート、マクドナルド、COCO’S、大丸、出光興産、コスモ石油、すき家、大戸屋、ツルハドラッグ、ミスタードーナッツ、Right-on、など

nanacoカード

セブンイレブン、イトーヨーカドー、しまむら、西武・そごう、ダイイチ、ゆめタウン・ゆめマート、デニーズ、マクドナルド、コメダ珈琲店、ミスタードーナッツ、吉野家、ロフト、コジマなど

WAONカード

イオン、まいばすけっと、ダイエー、マックスバリュ、しまむら、ミニストップ、ファミリーマート、ローソン、ツルハドラッグ、サツドラなど

おすすめのポイントアプリ

おすすめのポイントアプリ

Stocard

いくつもあるポイントカードを一括管理できるスグレモノです。

お財布の中にカードを入れて持ち歩かなくてもよいのがうれしいところです。

dポイントクラブ

ドコモユーザーであれば絶対に用意しておきたいアプリです。

dポイントをまとめて管理できるので非常に便利です。

Pontaカードアプリ

スマホをかざしてポイントを獲得、カード不要でポイントを管理します。

「あれ、カードどこにいったっけ…」とレジの前であわてふためくこともなくなります。

還元率のよいポイントカード4選

ライフスタイルに寄りそうポイントカードは、自分に合ったものを選んで上手に活用しましょう。

圧倒的な使いやすさ「Tポイントカード」

TSUTAYAとファミマをよく使う方におすすめです。

Tポイントを効率よく貯めるならヤフーカードと併用するのが良いでしょう。

ヤフーカードでスマホ代や公共料金などを支払えば、ポイントが着実に貯まっていきます

Tポイントカードの加盟店で使えば、基本的にポイント還元レートは「200円 = 1ポイント」です。

Tポイントを貯めると、「1ポイント = 1円」でお買い物に利用可能です。

お買い物だけでなく、ANAのマイルとして利用できます。

還元レートは「500ポイント = 250マイル」です。

ホットペッパーを使う人にもおすすめ「Pontaカード」

圧倒的ポイント還元率の良さが特徴です。

飲食店との提携数も多いため、ホットペッパーを使う方は積極的に活用しましょう。

Pontaカードの加盟店では「200円 = 1ポイント」または「100円 = 1ポイント」です。

貯めたポイントは「1ポイント = 1円」です。

1円単位で細かく利用できるのがうれしいところです。

dマーケットで買い物にも使える「dポイントカード」

ドコモユーザーはどんどんポイントが貯まる「dポイントカード」は、ローソンをよく利用する方にはおすすめです。

「100円 = 1ポイント」または「200円 = 1ポイント」です。

加盟店が多く、ドコモユーザーであればより効率よくポイントを貯められます

「dカード」を作ってそれをローソンで利用すると、お会計が3%オフになるだけでなく、なんとポイントが2倍になります。

使いこなせばかなりお得にポイントを活用できることでしょう。

加盟店の多さがうれしい「楽天ポイントカード」

楽天系列でよくショッピングをする方はぜひ持っておきたいカードです。

また、ファミマをよく利用する人は持っておくと何かと便利です。

還元率は「100円 = 1ポイント」または「200円 = 1ポイント」です。

楽天トラベルや楽天ブックスでも活用できるので、楽天のヘビーユーザーであればぜひとも用意しておきたいポイントカードです。

楽天のクレジットカードでもポイントが付与されます。

楽天市場でショッピングをすると、ポイントが3倍になり、二重取りもできるのであわせて持っておくとお得です。

利用頻度の高いお店との提携カードを選ぶ

ポイントカードは、自分がよく利用するお店と提携しているカードを選ぶのがコツです。

ポイント還元率だけで選んでも利用する機会がなければあまり意味がないので、上手にポイントを活用して買い物上手になりましょう。

ファミマ利用者必携→ファミマTカード