携帯代は月に1万円を超える人もいるようで、負担を減らしたいと考える出費のひとつです。

実は、料金プランを少し見直すだけで3,000円以上の節約になるケースがあるのです。

今回は、携帯代節約のコツを紹介します。

携帯代を節約できる部分がないか確認

スマホ代が高くて困る

携帯代を節約するには、余計なオプション設定を見直すことから始めましょう。

1. 契約当初につけたオプション

携帯代(スマホ代)は、現在の料金プランを見直すだけでかなりのコストを抑えられます。

現時点で自分がどのような料金プランで契約しているのか、しっかり把握できているでしょうか。

・ 契約当初につけていたオプション契約が、今ではまったく不要になっているケース

・ 何のためにつけたオプションなのかいまひとつ理解できていない

ということも往々にしてあります。

各キャリアの公式サイトから自分の契約プランおよびオプション設定を確認しましょう。

必要なさそうなプランがあれば、解除(解約)するだけで、少なくとも1,000円は安くなる可能性があります。

・ 定額制の音楽&動画配信サービス

・ 留守番電話サービス

などのオプション料金が契約時につけられていることがあります。

最近では電話を使う機会が少なくなってきていますし、ほとんどの人はライン通話などで済ませていることでしょう。

仕事でどうしても使わなくてはならないような人はともかく、留守電を使う機会がない方はすぐに外してしまいましょう。

本当に必要になったら、また契約し直せばよいのです。

2. 料金プランが自分に合っているかを見直す

料金プランが契約時のままになっている場合、料金プランがよくわからないままに無駄に高い基本料金を支払っている可能性があります。

最近ではWi-Fiの環境も増えてきているので、うまく利用すれば通話やデータ通信の基本料金を安いプランに変えられます。

携帯の使い方が契約している料金プランに合っているのかどうかを見直すと、大幅な節約になるかもしれません。

通話料金プラン

月々の携帯料金が負担となる主な要因のひとつは、通話料金プランです。

比較的若い年齢層の利用者(スマホ世代)は、基本的に連絡をSNS、ラインメッセージ、ライン通話などで済ませてしまうので、通話料金プランをつけない人がほとんどです。

携帯電話世代の人たちは、ついつい契約時に通話料金プランを気にして何らかのオプションサービスを追加してしまいます。

しかし、実際のところ、通話機能を使う機会がめっきり少なくなっているのです。

プランによっては、2,000~3,000円ほど節約できる可能性があります。

データ通信プラン

大々的に見直すべき料金プランは、データ通信プラン(=パケット料金)です。

携帯電話時代に比べ、YouTubeなどの動画サイトが主流になった今では、データ通信量は昔と比べ物にならないくらいに増大しています。

人によっては、データ通信制限のハードルを下げるために高めの定額プラン(つまりデータ通信容量が多いプラン)に加入している方もいることでしょう。

数十ギガのデータ通信量を確保しようとすれば、5,000円以上かかる計算です。

節約のためには、これを見直さない手はありません。

プランを安く抑える方法は、Wi-Fi環境がないところでは、なるべくネット動画を観ないようにすることです。

それだけで、かなりのデータ通信量を抑えられるため、結果的に安いデータ通信プランで済ませられます。

ドコモ・au・ソフトバンクと格安SIMの違い

格安SIMはどうして安いのか

「格安SIM」は、市場規模を拡大し続けています。

少しでも携帯代(スマホ代)を節約したいと思っている人にとって、格安SIMは気にならないわけがありません。

格安SIMとは何か

格安SIMを簡単に言うと、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から電話回線を借りて使用するスマホのことです。

このように回線を自社で持たず、他社の回線を借りて利用者に使わせるサービスを海外では「MVNO」といいます。

店舗の設備投資費、常駐スタッフの人件費などがほぼゼロなので、その分だけ利用料金を低くできる仕組みです。

大手キャリアから格安スマホに乗り換えることにデメリット

人によってとらえ方が異なるので一概には言えませんが、

大手キャリアの提供するサービス(ポイントキャンペーン、景品交換、長期契約特典など)

キャリアメールが一切使えなくなる

時間帯によって回線速度が遅くな

などがデメリットとして挙げられます。

これらの点に関して特に不都合がないのであれば、格安スマホに乗り換えるメリットを十分に享受できると言えます。

プラン内容にもよりますが、格安スマホは月々2,000~5,000円ほどです。

ただし、

契約から2年以内の解約・キャリア変更に伴って発生する違約金には注意

してください。

データ通信料を抑えるコツ

Wi-Fiを上手に使えば、データ通信料を大幅にカットできます。

データ通信料金を安く済ませるには、Wi-Fiを積極的に活用することが1番です。

自宅での動画視聴

自宅であってもWi-Fiがない環境で頻繁に動画を観ると、データ通信量がどれだけあっても足りません

もし、自宅にWi-Fiルーターを置いていないのであれば、設置することをおすすめします。

動画閲覧などデータ通信量が多くなる使い方を外出先でしたい場合には、飲食店やカフェなどのお店や、公共施設で提供されている無料Wi-Fiサービスを利用するようにしましょう。

外出先でも便利なポケットWi-Fi

外出先でも動画を観たい方、あるいは仕事の関係で快適なネット接続環境を求める方は、外出先でもWi-Fiを使用できる「ポケットWi-Fi」を契約するとよいと言えます。

平均で月々2,000~3,000円ほどです。

ポケットWi-Fiは会社によって契約内容や料金プランが異なるので、自分に合う内容を選びましょう。

スマホ代見直しで節約のポイント

スマホ料金を見直す

・ 余計な有料プラン

・ データ通信プラン

まずはこの2点を見直すことから始めましょう。

それだけでも3,000~5,000円ほど携帯代を節約できるはずです。

スマホで動画をよく観る方は、Wi-Fiを活用してデータ通信料を抑えるなど工夫をしましょう。(執筆者:編集部)