「貯金が全くなくて将来が不安…」

「貯金をするために節約をしても、なかなか続かない。」

そう感じてる人は多いのではないでしょうか。

続かないのは、いきなりハードルの高い節約を始めているせいかもしれません

今回は、貯金ができない理由と対策、そして節約をうまく続けるコツを紹介します。

貯金0円生活から抜け出しましょう。

貯金ゼロからの脱却

貯金できないのはなぜ その原因と対策

まずは、出費がいくらあるのか、知らず知らず使っているお金がないかを把握しましょう

出費額がわかっていない

固定費や食費にいくらかけているかご存じですか。

貯金できない1番の原因は

「毎月の出費額が把握できていないこと」

です。

まずは、毎月出費として考えられるものを挙げてみましょう

予想できる出費額は以下があります。

・ 家賃
・ 電話料金
・ 光熱費
・ 食費
・ 日用品費
・ レジャー費  
・ ガソリン代
・ 保険代

毎月の出費額がわからないと節約のめどが立たないので、まずは出費額を把握しましょう。

クレジットや電子マネーを使い過ぎている

クレジットカードや電子マネーはサクッと支払いができてとても便利なものです。

店舗によってはポイントも貯まるので、一見すると時短・節約に貢献しているようにも見えます。

しかし、その手軽さと「お得感」が思わぬ出費につながっているかもしれません

現金で支払っていないので、お金を消費した感覚が薄く、なおかつ得なことをしているような気になるので危機感が少ないのです。

基本の支払いをクレジットカードや電子マネーにしていると、たいてい予想した出費額よりも多く使っているでしょう。

見えないお金はなるべく使わず、支払いは現金のみにすることをおすすめします

まずは衝動買いからやめてみよう

「この服かわいい、安いし買っちゃおう」

「セールしてるから今のうちに買わなきゃ」

限定商品やセール品という言葉に惑わされて、ついつい買う予定のない不必要な物を買ってしまうことはないですか

衝動買いほど無駄な出費はありません

節約や貯金をするためには、買う物は「あらかじめ決めておく」ことです。

買う物を決められないという方は、欲しいものリストを作りましょう

なんとなく思いつく物だけで良いです。

メモをするだけで頭の中が整理できます

節約が苦手でも続けられるコツ

簡単な目標を立てる

節約って「面倒」で「つらい思い」ばかり、なかなか続かないです。

とはいえ、続けられる人が「才能か元から節約好きな人」というわけではありません。

モチベーションを保つ行動や、簡単な目標を立てるだけで、誰でも節約生活ができます

1週間ごとに予算を組んでみる

節約を成功させるコツをつかむために、1度「ざっくばらんな予算」を立ててみましょう。

いきなり細かい予算設定を立てても続きません。

おすすめの方法は「1週間1万円だけ生活」です。

月曜日、お財布に1万円だけを入れて、日曜日の夜までやりくりするという方法です。

この方法なら、どんなに計算が苦手でも「どうお金を工面するか」と自然に考えて調整するはずです。

1か月この予算の立て方で過ごせば、節約を成功させる感覚が身に付くでしょう

うまくやりくりできれば、予算の余りもできます。

そのお金を貯金に回すのも良し、自分へのご褒美とするのも良いでしょう。

「簡単な予算立て」と、うまくできた時の「楽しみ」があれば、モチベーションも続きます

好きなことや得意なことを生活に取り入れる

節約生活を始めると、普段から

「お金を使い過ぎないように」

「予算内で生活するように」

と、お金のことばかり考えてしまいます。

これまでの生活に「節約について考える時間」も加わると、気持ちも滅入ってしまうでしょう。

そこで、家事をしながら楽しいことを見つけてみませんか

例えば、洗い物や料理中に好きな音楽をかけたり、好きなドラマを見る時間を設けてみたりします

また、献立は得意な物を中心にしてみると、お料理が苦にならず、むしろ気晴らしになります。

使い過ぎのポイントを把握しよう

人によって生活の環境や家族構成はさまざまです。

節約に成功した人の方法が、自分に当てはまるとは限りません

まずは自分のお金の出所や使い過ぎてしまっているポイントを把握してみましょう

把握できたところから、自分の節約方法が見つかるはずです。

また、節約を苦痛に感じていては良いアイディアは生れないですし、続けることも難しく感じます

節約をすることも大事ですが、どうすれば楽しみながらできるかも考え、実践しましょう。

楽しく、そして的確な節約ができれば、確実に貯金額も増やせます。(執筆者:編集部)