楽天には、以下の3種類のカードがあります。

楽天カード(一般カード)

楽天ゴールドカード(以下、ゴールド)

楽天プレミアムカード(以下、プレミアム)

楽天カード3種

≪画像元:楽天カード

今回は、楽天カード・ゴールド・プレミアムをあらゆる面から比較し、それぞれのカードにおすすめな人を紹介したいと思います。

【維持コスト】楽天カードがローコスト

以下は、各カードの年会費と維持にかかるコストです。

楽天カード・各タイプの保有コスト

楽天カードの年会費は永年無料です。

ETCカードの年会費が税別500円かかりますが、

楽天会員のランクがダイヤモンド・プラチナのいずれかなら、年会費はかかりません。

ゴールドは、他のゴールドカードと比較しても安い年会費で、ETCカードの年会費も無条件で無料です。

プレミアムは、ゴールドより本会員の年会費が高いものの、家族会員の年会費はゴールドと変わりありません。

【カードの種類】楽天カードが最も選択肢豊富

以下は、各カードの選べる種類についてまとめたものです。

楽天カード・各タイプの選べる種類

カードの選択肢が多い方が良い人は、楽天カードがおすすめです。

女性向けの特典が多いPINKカード、ANAマイレージ機能を合わせたカードなど、選択肢は豊富です。

またプレミアムのみ楽天ビジネスカードを年会費2,000円(税別)で追加可能です。

注意点

お買い物パンダデザインやディズニーデザインなどの特別デザインは、ゴールド・プレミアムにはありません

ゴールドはアメックスを選べないので、アメックス希望者は楽天カード・プレミアムのいずれかにしましょう。

楽天ゴールドカード

≪画像元:楽天カード

【ポイント還元】楽天市場ヘビーユーザーはゴールド・プレミアム

以下は、各カードのポイント還元についてまとめたものです。

楽天カード・各タイプのポイント還元

楽天市場を使い倒すなら、ゴールド・プレミアムのいずれかがおすすめです。

一般加盟店で利用した際の還元率は、3枚とも1%で変わりません。

しかし、楽天市場で利用した際の還元率に違いが出ます。

楽天市場で楽天カードを利用すると還元率は3%ですが、

ゴールド・プレミアムは還元率5%です。

そして、プレミアムのみ誕生月に楽天市場で利用すると、還元率が1%アップします。

【サービス】プレミアムが圧倒的に充実

サービスはプレミアムが群を抜いています

プレミアム会員は3つのコースから優待を選べる

楽天プレミアムカード会員は、以下の3つのコースから好きな優待を選べます

・楽天市場コース:毎週火・木曜日は楽天市場で+1%還元

・楽天トラベルコース:オンラインカード決済で+1%還元、手荷物宅配、国内宿泊優待

・エンタメコース:Rakuten TVで+1%還元、楽天ブックスで+1%還元

ゴールドとプレミアムは国内外空港ラウンジ無料

また、ゴールド・プレミアムは、国内・海外空港ラウンジを無料で利用可能(家族カードも含む)ですが、以下のような違いがあります。

ゴールドの利用条件

・ 年2回のみ利用可能

・ 海外空港ラウンジはハワイ・韓国のみ

プレミアムの利用条件

・ 利用回数制限なし

・ プライオリティ・パスを申し込めば多くの海外空港ラウンジを利用可能(家族カードは申込不可)

空港のラウンジでくつろぐ人たち

【補償・サポート】プレミアムが充実だが、サポート目的ならゴールドも

以下は、各カードの補償やサポートについてまとめたものです。

楽天カード・各タイプの補償とサポート

補償

補償に関しては、プレミアムが優れています

旅行代金をカード払いしなくても、海外旅行保険が付帯します。

国内旅行保険・ショッピング保険に至っては、プレミアムにしか付帯しません

サポート

サポートについては、ゴールド・プレミアムともに同じ内容です。

楽天カードは会員数が多いため、コールセンターへの電話がなかなかつながりません

ゴールド・プレミアムが使える楽天プレミアムカードデスクは、コールセンターよりはつながりやすいです。

海外38拠点にあるトラベルデスクでは、情報提供・予約・緊急時の案内などをしてくれ、在外邦人の強い味方となるでしょう。

3つのカード、あなたはどれを選ぶ

ローコストな「楽天カード」

コストを気にする方は、やはり楽天カードです。

年会費無料の割に、ポイント還元率は1%とハイスペックです。

デザインカードや特別な機能を持ったカードも、楽天カードしか発行できません。

サービス充実の「プレミアム」

パフォーマンス重視の方は、プレミアムがいいでしょう。

・ビジネスカードを発行可能

・旅行保険、ショッピング保険が充実

・誕生月は楽天市場で+1%還元

など、サービスが充実しています。

プチゴージャスな「ゴールド」

そうなると、気になるのがゴールドの存在価値ですが、

・アメックスはいらない

・ETCカード無料などコストは気になる

・楽天市場をよく使う

・サポートを充実させたい

に該当する人は、ゴールドを検討してもいいでしょう。

「他の種類も気になる」

と、迷ったときの裏技で「2枚持ち」という手もありますので、こちらも検討してみてください。(執筆者:角野 達仁)