auユーザーなら、自分のライフスタイルに合わせて、コード決済・プリペイドカードもau PAYにしたいものです。

そして、肝心のクレジットカードは「au PAYゴールドカード」がおすすめです。

この記事では、au PAYゴールドカードの概要やメリットなどを、ライバルカードと比較しつつ紹介しましょう。

au PAYゴールドカードの概要

au PAYゴールドカード

まずは、au PAYゴールドカードの概要を見てみましょう。

au PAYゴールドカードの概要

かつては、auの回線契約がないと申込不可だったauのクレカですが、現在はau ID(auユーザー以外も無料で登録可能)があれば申込可能です。

au料金で最大11%分のPontaポイントが貯まる

au料金でPontaポイントがたまる

au PAYゴールドカード限定特典として、auのデータ定額プラン(料金プラン)支払いに応じて、毎月税別1,000円ごとにPontaポイントをプレゼントします。

最大11%還元も可能で、税別8,500円(au STAR加入、auフラットプラン30、2年契約適用時)の場合、毎月の還元ポイントは以下の通りです。

・通常ポイント:92ポイント(税込200円 → 2ポイント)

・ゴールド特典ポイント:800ポイント(税別1,000円 → 10ポイント)

1年間の還元ポイントは「892ポイント × 12か月=1万704ポイント」となり、これだけでau PAYゴールドカードの年会費の元を取れます。

au料金以外の利用でも1%分貯まる

au料金以外の利用でもたまるポイント

au料金以外の利用でも、世界中のVisa/Mastercard加盟店で税込200円利用ごとに2ポイント(還元率1%)貯まります。

6月23日以降は、税込100円利用ごとに1ポイント貯まり、ポイントの取りこぼしがより少なくなります

au PAY残高へのチャージで合計1.5%還元

合計1.5%還元も

≪画像元:KDDI

au PAYゴールドカード → au PAY(コード決済・プリペイドカード)残高へのチャージでも、還元率は1%です。

au PAY(コード決済・プリペイドカード)を利用すると0.5%分のポイントが貯まるので、ポイント二重取りもできます

ポイントアップ店なら還元率1.5%以上

ポイントアップ対象店

ポイントアップ店で利用すれば、1.5%以上の還元率も夢ではありません

対象店舗は多彩で、今後も続々登場予定です。

年間利用額が多いとボーナスポイントも

こちらはau PAYゴールドカード限定特典で、年間利用額に応じてボーナスポイントが還元されます。

・ 年100万円以上150万円未満:500ポイント

・ 年150万円以上200万円未満:1,500ポイント

・ 年200万円以上:4,000ポイント

家族会員の利用分も合算されますので、家族で協力すれば4,000ポイントGETも夢ではありません。

貯まったポイントの使い道も改善

au PAYゴールドカードで貯まるポイントは、「au WALLETポイント → Pontaポイント」に変更されました。

au WALLETポイントはau内のサービスでしか利用できませんでしたが、PontaポイントはauサービスだけでなくPonta提携社でも使えます

ゴールドカードならではの補償・サービスも充実

ゴールドカードといえば充実した補償・サービスですが、au PAYゴールドカードも例外ではありません。

充実の補償

au PAYゴールドカードには、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯しています。

しかも、海外旅行保険は自動付帯なので、旅行代金をカード払いできなくても心配いりません

ショッピング保険も年間300万円まで補償(免責3,000円)され、しかも国内外問わず、支払い方法も問わず補償されます。

充実のサービス

au PAYゴールドカードには、以下のようなサービスが付帯しています。

・ 国内空港+ハワイの空港ラウンジを利用可能

・ Reluxによる一流ホテル・旅館優待サービス

・ 国内外レンタカー優待サービス

・ 海外アシスタンスサービス

旅行好きにはたまらないサービスです。

au PAYカードとの比較

au PAYカード

≪画像元:KDDI

au PAYゴールドカードを検討する際、必ず比較するのが一般カードである「au PAYカード」でしょう。

比較してみると、こんな感じです。

au PAYカードとの比較表

一般カードはau回線契約がないと年会費が発生しますので、auユーザー以外は損をします。

ただし、au料金を支払ってもポイントアップがないので、一般カードは「どっちつかず」という印象でしょうか。

しかし、ポイントアップ店も使えますし、ショッピング保険も年間限度額は少ないながらも国内外、支払い回数を問わず利用できます。

ポイントアップ店を多く利用する方でしたら、一般カードでも年会費分のもとはとれるでしょう。

デメリット・注意点

au PAYゴールドカードには以下のようなデメリット・注意点があります。

年会費が高額

2,000円台の格安ゴールドカードもある中、1万円の年会費は大きなデメリットです。

携帯料金だけでもとをとるには、月9,000円程度の携帯料金でなければいけません。

そこまで携帯を使わない人は、カード利用でもとをとるしかないでしょう。

ゴールド特典の+10%には条件あり

au料金を支払うと、通常の1%に加えて10%のゴールド特典ポイントがもらえます

その条件は、「新auピタットプラン・auピタットプラン・auフラットプラン・auデータMAXプラン利用でau STARに加入」です。

その他旧プランを利用の場合は+8%、au STAR未加入または長期優待ポイントが付与されるプランは+2%です。

ちなみに、家族の携帯料金はゴールド特典ポイントの対象外です(通常ポイントは還元される)。

ケータイ補償がない

dカードGOLD

≪画像元:dカード

ライバルともいえる「dカードGOLD」にはケータイ補償が付いています

ケータイ購入から3年以内に、紛失・盗難・修理不能になって新端末の購入をする際、購入金額または頭金および事務手数料のうち最大10万円を補償するものです。

au PAYゴールドカードにはこのような補償が付いておらず、若干不満です。

タッチ決済に対応していない

au PAYゴールドカードは、タッチ決済に対応していません

また、電子マネーも搭載していないので、スピーディーに決済するのは難しいです。

au料金でPontaポイントがザクザク貯まる auユーザーは持って損なし

au PAYゴールドカードをau料金の支払いに使うと、11%分のPontaポイントを貯められます。

税別8,500円の携帯料金を支払えば、年会費の元を取れる計算ですので、auユーザーは持って損はありません

au PAY残高へのチャージでも1%分のポイントが貯まり、コード決済・プリペイドカードとの相乗効果も期待できます。

年間利用金額に応じたボーナスポイントもあるので、上手に使って節約にも役立ててください。(執筆者:角野 達仁)