マイナンバーカードがあれば25%還元(上限5,000円分)を受けられるマイナポイントを皆さん申し込みましたか。

まだ申し込んでいない人、特にドコモユーザーの方には「dカード GOLD」をマイナポイントに登録することをおすすめします。

「dカード GOLD」をまだ持っていない人にも、お得な新規入会キャンペーンがありますので紹介します。

まずは「dカード GOLD」のマイナポイントを確認

dカードの利用方法と申込方法

「dカード GOLD」でマイナポイントに申し込むメリット

マイナポイントの登録をdカードGOLDにするメリット

「dカード GOLD」におけるマイナポイントの条件が分かったところで、ここからは「dカード GOLD」でマイナポイントに申し込むメリットを紹介しましょう。

メリット1. マイナポイントの申込方法が多彩

「dカード GOLD」でマイナポイントに申し込む方法には、

・ dカードアプリ(iOS・Android)
・ マイナポイントアプリ
・ コンビニのマルチコピー機
・ セブン銀行ATM
・ PC
・ マイナポイント手続きスポット

があります。

加えて、全国のドコモショップでもマイナポイントの手続きが可能です。

確実に手続きをしたい方はマイナポイント手続きスポットやドコモショップ、サクッと完了させたい人はアプリといったように幅広い世代に対応しています。

メリット2. 利用可能な場所が多い

「dカード GOLD」は、利用可能な場所が多いのも特徴です。

国内外のVisa、Mastercard加盟店やネットで利用できますので、一時的に海外にいる人でもマイナンバーカードを発行していれば、アプリやPCからマイナポイントに申し込み、海外の加盟店でクレジット払いするとdポイントが還元されます。

電気代・ガス代の支払い、ETCカードの利用も、もちろん対象です。

暗証番号入力などが面倒な人は、タッチ決済(Visa)やiDを利用してもマイナポイントの対象です。

メリット3. 分割・リボも対象

「dカード GOLD」は、一括払い以外にも分割払いやリボ払いなどがマイナポイントの対象です。

スマホ決済は一括払いのみでお金に余裕のない時には厳しいのですが、「dカード GOLD」なら家計を圧迫せずにマイナポイントを獲得できますね。

メリット4. 還元ポイントの有効期限が長い

マイナポイントで還元されるdポイントは通常ポイント扱いで、有効期限が48か月間あります。

使い道の多いdポイントですから、2年もあれば使いきれることでしょう。

メリット5. マイナポイント以降も大活躍

マイナポイント以降も、

・ ドコモ利用料金は10%還元

ケータイ補償が最大10万円と充実

・ d払いの支払い元に設定するとd払いの高還元キャンペーンに参加できる

家族カードの年会費が税別1,000円と高コスパ(1枚目は無料

などハイスペックな「dカード GOLD」は、メインカードとして活躍することでしょう。

※ご利⽤料⾦1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。

メリット6. キャンペーンが熱い

このタイミングで「dカード GOLD」に申し込み、マイナポイントにも申し込むと、たくさんのポイントを獲得できます。

詳しくは後述します。

【参考】dカード GOLD(公式サイト)※ドコモユーザー必携

「dカード GOLD」とマイナポイントのキャンペーンを紹介

メリット6.で触れた、マイナポイントも含む「dカード GOLD」のキャンペーンについて、紹介します。

新規入会+利用で合計最大1万1,000ポイント

最大1万1,000ポイント

メルカリユーザーではない方でも、dカード新規入会/各種設定/要エントリー/利用で、合計最大11,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを実施中です! ※dポイント(期間・用途限定)

新規入会をしてケータイ料金の支払いを「dカード GOLD」に設定すると1,000ポイント還元されます。

さらに、入会月~翌月、翌々月の期間のカード利用に対して25%(還元上限は各期間で5,000ポイント、合計1万ポイント)還元され、合計1万1,000ポイントです。

新規入会ではなくdカードからのアップグレードの場合には、最大1万ポイントです。

1,000ポイントは入会当日に還元され3か月間有効、1万ポイントは期間によって入会4か月後、5か月後に還元され、還元より3か月間が有効期限です。

【参考】dカード GOLD(公式サイト)※ドコモ利用料の10%が還元されるカード

※ご利⽤料⾦1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。

「dカード GOLD」とマイナポイントの注意点

「dカード GOLD」でマイナポイントに申し込む際には、以下の点に注意してください。

注意1. 家族カードにマイナポイントは還元されない

「dカード GOLD」の家族カードに、マイナポイントを還元させることはできません。

ただし、本カードをマイナポイントに登録した状態で家族カードを利用すれば、本カードにマイナポイントが還元されます。

注意2. 他のキャッシュレス決済へのチャージは対象外

SuicaやPayPayなど、他のキャッシュレス決済に「dカード GOLD」からチャージしても「dカード GOLD」にはマイナポイントが還元されません。

ただし、チャージでマイナポイントの対象となるPayPayをマイナポイントに登録すればPayPayボーナスが還元されます。

注意3. ドコモ利用料金は対象外

「dカード GOLD」マイナポイントの対象は、「dカード GOLD」を利用して1%還元を受けられるサービスと同じです。

・ ドコモ利用料金

・ バリューコースの端末分割払い

・ 国民年金保険料

・ キャッシング

・ 電子マネーへのクレジットチャージ

などは1%還元を受けられないので、同時にマイナポイントも対象にはなりません。

注意4. d払いのヘビーユーザーはd払いをマイナポイントに登録した方がお得かも

マイナポイントでお得をげっと
≪画像元:NTT DOCOMO

d払いのヘビーユーザーの場合には、d払いをマイナポイントに登録した方がお得かもしれません。

d払いをマイナポイントに登録すると「dカード GOLD」より1,000ポイント多い6,000ポイントがもらえるからです。

利用代金の支払い方法を「dカード GOLD」にすれば、「dカード GOLD」は1%還元を受けられますし「dカード GOLD」の新規入会も適用されます。

d払いでは、チャージ時・利用時の2つのタイミングのどちらかをマイナポイントとして登録可能です。

d払い(利用時)を登録するとd払いなら決済と同時にマイナポイントが還元される一方で、「dカード GOLD」では最長2か月間はかかります

マイナポイント以降も「dカード GOLD」ならお得

「dカード GOLD」をマイナポイントに登録すると、さまざまなメリットがあります。

登録方法も多彩ですので、まだの人は登録するのがよいと思われます。

カードを持っていない人は、これを機に新規入会してはいかがでしょうか。

「dカード GOLD」ならマイナポイント以降もお得なので登録を検討してみてください。(執筆者:角野 達仁)

※ご利⽤料⾦1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。