ネット銀行は利息が高いという話はネットやニュースなどで見たことはありましたが、ネット銀行で口座を開設するには知名度や信頼度の面から不安がありましたのでわが家ではお金はメガバンクに預けて利息は少ない物として諦めていました。

しかし、わが家が普段から使用している楽天の傘下である、楽天銀行と楽天証券を利用することで利息アップできました。

楽天銀行の口座と楽天証券の口座の両方を持っている方にはすぐにできるワンステップでできる金利アップ方法を紹介します。

特別な契約、毎月の支払いなど面倒なハードルが一切なくなったので必見です。

金利を普通預金の100倍にするマネーブリッジ

利息について

利息とは、金額と期間に比例して一定の割合で支払われる金銭のことです。

銀行にお金を預けているだけで貯まっていくので、ぜひ効率よく資産を増やしたいと考えます。

メガバンクの利息

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行などのメガバンクの普通預金の利息は0.001%です。

100万円預けても利息は約10円です。

もちろんメガバンクには知名度があり、大事なお金を預けるうえでの安心感もあります。

しかし、0.001%では利息はないに等しいと感じてしまうのも正直なところです。

楽天銀行の特徴

楽天銀行
≪画像元:楽天銀行

楽天銀行はいわゆるネット銀行ですので店舗はありません。

通帳もありません。

アプリで入出金を管理します。

お金の引き出し、預け入れもコンビニATMや他銀行のATMなどを利用でき、なんといってもハッピープログラムがおすすめです。

ハッピープログラムとは

ハッピープログラム
≪画像元:楽天銀行

ハッピープログラムとは、エントリーすると預かり残高や利用状況などの条件の達成で3大特典を受けられるプログラムのことです。

3大特典

・ ATM手数料最大月7回まで無料

・ 他行振込手数料最大月3回まで無料

・ 楽天スーパーポイント獲得倍率最大3倍

他行への振込手数料は意外と高いもです。

これが無料なのはとてもありがたいことです。

楽天銀行 × 楽天証券 マネーブリッジ

マネーブリッジ
≪画像元:楽天銀行

わが家では日頃から楽天のサービスを幅広く利用しています。

楽天グループ1つを集中的に使うことによってポイントを貯めています。

特に楽天スーパーポイントは、楽天グループのサービスを使えば使うほど還元倍率も上がっていくのでお得です。

その楽天傘下の楽天銀行と楽天証券との双方を利用したマネーブリッジという仕組みがあります。

マネーブリッジの優遇金利

マネーブリッジとは、楽天銀行の口座と楽天証券の口座の情報を連携させることです。

この連携によって

・ 楽天銀行の普通預金に年0.1%(税引き前)の優遇金利

・ 自動入出金

・ 楽天証券のお取引も楽天銀行のハッピープログラムを通して楽天スーパーポイントやレベルが付与

・ 楽天証券のサイトでも楽天銀行口座の残高の確認が可能

などのサービスを受けられます。

マネーブリッジを申し込むと翌月から金利0.1%(税引き前)が適用されますので、税引き後は0.079%です。

100万円を普通預金に預け入れると年間で796円の金利を受け取れます。

マネーブリッジの申し込み方法

マネーブリッジ申し込みフロー
≪画像元:楽天銀行

マネーブリッジを利用するには、同一人物の楽天銀行の口座と楽天証券の口座が必要です。

楽天銀行公式ホームページ、楽天銀行口座のマイページから申し込みが可能です。

マイページから申し込む場合には、

ログイン後にホームのページ中央部にある[商品・サービス]

→ 最下部にあるサービス一覧

→ マネーブリッジ

から申し込みが可能です。

証券取引なしでもマネーブリッジは申し込める

わが家は日経新聞を読むために楽天証券の口座を開設しました。

もともと楽天銀行は振込手数料無料(※条件あり)などの特典が魅力的で普段から利用していましたが、楽天証券は日経新聞のためにしか利用していません。

証券口座での証券取引、お金の振り込み等は一切していません。

実際の証券取引がなくてもマネーブリッジを申し込めます。

預け入れ方法1つで金利が100倍になるマネーブリッジを検討してみてください。(執筆者:金融業界出身の管理栄養士 藤上 かほ)