上限5,000円分のポイントがもらえるマイナポイントのキャンペーンは魅力的です。

すでに申し込んだ人も多いのではないでしょうか。

しかし、ポイントばかりに気を取られると、思わぬ落とし穴で還元を受けられなくなるかもしれません

この記事では、マイナポイントを選ぶ際の6つの注意点を解説します。

注意点1. クレジットカードは参加数が少ない

クレジットカードは参加数が少ない

多くの電子マネーやスマホ決済業者がマイナポイントに参加している一方で、クレジットカード会社の参加はさほど多くありません

メジャーどころでは、

・ オリコカード
・ エポスカード
・ dカード
・ 三井住友カード
・ au PAYカード
・ 楽天カード
・ イオンカード

くらいです。

JCBカード
≪画像元:JCB

・ JCB
・ ダイナース
・ アメックス
・ ジャックス
・ セゾンカード
・ JALカード
・ 三菱UFJニコス
・ ヤフーカード

などのカード会社は、8月23日時点でマイナポイントに参加していませんので、まずは参加の可否を確認しましょう。

注意点2. 対象外のクレカ・支払い方法に注意

選択したキャッシュレス決済を「チャージ or 利用」すると基本的にはマイナポイントが還元されます。

ただし、中には還元対象外のカード・支払い方法があります

たとえば、PayPayはヤフーカード以外のクレジットカードを支払い元として設定した状態で「利用時」に選択するとマイナポイントの対象となりません

三井住友カード
≪画像元:三井住友カード

また、三井住友カードで発行しているクレカでも、次のようなカードはマイナポイントの対象外です。

・ Amazon Mastercard

・ クリスフライヤーVISAカード

・ JTB旅カード

・ Tカードプラス(SMBCモビットnext)

・ Visa LINE Payクレジットカード

・ Booking.comカード

・ ルートインホテルズPonta VISAカード

Vポイントが貯まらないカードが多く、隠れ高還元カードとして注目の「Booking.comカード」は対象外なので注意したいですね。

注意点3.「チャージ時」「利用時」のどちらを選ぶかが重要

マイナポイントはNTTドコモ
≪画像元:NTT DOCOMO

スマホ決済の中には、マイナポイントの還元タイミングを「チャージ時」、「利用時」から選べるものがあります

たとえば、d払いでは「残高チャージか支払いのいずれか」がマイナポイントの対象です。

ただし、一度「チャージ時」を選択する、同じd払い内であっても「利用時」に変更できませんので、どちらを選ぶかが非常に重要です。

d払いの場合、すぐに還元なら「チャージ時」、ポイント多重取りなら「利用時」

マイナポイントの還元をすぐに受けたい人は、「チャージ時」を選択するといいでしょう。

d払い利用で2万円に達するのは結構大変ですが、チャージで2万円であればあっという間です。

一方、dカードなどのクレカを紐づけている人は、「利用時」を選択するとよいことでしょう。

クレカのポイントも還元され、d払いのポイントとマイナポイントも獲得できるからです。

【参考】dカード GOLD(公式サイト)※ドコモ利用料の10%が還元されるカード

注意点4. 自動で還元されないものもある

マイナポイントは、条件さえ満たせば自動的にポイント還元されるのが基本です。

ただし、電子マネーなどでは自動でポイント還元されず、受け取り作業が必要なものもあります

PASMOはセブン銀行ATMでの受取が必要

PASMOはセブン銀行ATMでの受取
≪画像元:PASMO

たとえば、交通系ICのPASMOはキャッシュレス還元事業の際にも自動還元されず、駅の窓口での受取が必要でした。

今回のマイナポイントでは駅での受取こそありませんが、セブン銀行ATMを使ってPASMOにマイナポイント分をチャージしなければなりません

PASMOの場合、受取期限は2021年8月末なので忘れないようにしたいですね。

注意点5. 特に交通系ICは上限に注意

交通系ICは上限に注意
≪画像元:PASMO

電子マネーは、電子マネー自体の上限額に注意してください。

特に交通系ICには、残高上限を2万円に設定しているものが多いと言えます。

たとえば、現在のPASMOの残高が1万6,000円で、そこから2万円分のチャージをしようとしても4,000円で上限に達してしまいます

その場合には、2回に分けて合計2万円分をチャージしなければなりません。

また、現在のPASMOの残高が1万6,000円で5,000円分のマイナポイントを受け取ろうとしても、超過した1,000円分は受け取れませんので残高の確認をしておきましょう。

注意点6. すぐに還元されないものもある

キャッシュレス決済サービスによって、マイナポイントが還元されるタイミングが異なります。

スマホ決済などでは利用の都度に即時還元が多いようですが、クレジットカードなどは還元が少し遅いので注意が必要です。

三井住友カードは上限に達しないと還元されない

三井住友カードは上限に達しないと還元されない
≪画像元:三井住友カード

たとえば、三井住友カードでは累計利用金額が2万円(税込)以上に到達した翌月末頃にVポイント5,000ポイントが還元されます。

利用の都度に還元されるわけではありません

累計利用金額が2万円(税込)に達しなかった場合には、2021年5月末頃に利用金額の25%分のVポイントが還元されます。

自動で還元されるのでうっかり忘れはありませんが、利用するのを忘れそうですね。

手持ちのキャッシュレス決済のマイナポイントを改めて確認

クレカはそもそもマイナポイントへの参加数が少なく、対象外のクレカもあります。

電子マネーでは、残高と受取方法を確認しましょう。

スマホ決済ではチャージ・利用のどちらをマイナポイントの対象にするか、自分のスタイルに合わせて選んでください。

手持ちのキャッシュレス決済のマイナポイント、改めて確認しておくとよいと言えます。(執筆者:角野 達仁)