ブラックリストというものの存在を聞いたことがある方も多いかと思います。

借金を滞納したり、債務整理をしたりするとブラックリストに載る場合があります。

ブラックリストという名前だけは聞いたことがあっても、

・具体的にどのようなものか

・ブラックリストに載った場合にどのような不利益があるのか

については、あまり知られていません。

今回は、借金とブラックリストとの関係について解説します。

ブラックリストとは

ブラックリストとは

ブラックリスト」とは、正確には、信用情報機関に事故情報が登録された状態のことを言います。

信用情報とは

契約後に各金融機関が登録した、

・ お金を借りている人の個人情報

・ 現在の借入状況

・ 返済状況

・ 残高

など、各金融会社が借入審査をおこなうときの大きな判断材料となるのが「信用情報」です。

事故情報とは

貸付が難しくなるような「借金の滞納や債務整理を行った」という情報のことを「事故情報」と言います。

信用情報機関に登録された情報は、主に、

・ 銀行

・ 貸金業者

・ クレジット会社

が審査の申し込みがあった人にお金を貸しても大丈夫かどうか、クレジットカードを発行しても大丈夫かどうかを判断するために利用されます。

ブラックリストに登録されるのは、あくまでも借金をした本人だけです。

なお、信用情報機関に事故情報が登録されているかどうかは、本人であれば誰でも確認できます

ブラックリストに載った場合の影響とは

ブラックリストに載った場合には、原則としてローンの審査には通りません

返済できるかどうか不安がある方にはお金を貸せないからです。

また、ブラックリストに載っている場合には、同様の理由から、クレジットカードの審査も通らないと考えたほうがいいです。

さらに、ブラックリストに載った場合、スマートフォンを買い替える場合にも影響があります

端末代金は毎月の利用料と一緒に支払われるため認識しづらいですが、端末代金を分割払いにしている場合、それもローンの一種。です。

近年、スマートフォンの端末代金は高額になっていますので、購入時に分割払いができないと購入自体が難しくなってしまいます。

ブラックリストに載った場合、このような不利益がありますので気を付けましょう。

ブラックリストに載った場合でもローン審査を通す方法

ブラックリストに載った場合でもローン審査を通す方法

実は、ブラックリストに載った場合でもローン審査を通す方法があります。

ブラックリストに1度載ったら、一生載り続けるわけではなく、一定期間が経過したらブラックリストの情報は抹消されます

ブラックリストの情報は、滞納が解消された日や債務整理をした日、または保証会社が代位弁済をした日から5~10年で抹消されます

現時点でローン審査に通らなかったからといって諦めるのではなく、

ブラックリストの情報が抹消されるまで待つ

といいでしょう。

不安な場合は信用情報を確認しよう

スマートフォンの端末代金の支払いは、3か月程度滞っただけでもブラックリストに載ってしまいます

若いころにお金が足りず、支払いを数回怠ってしまったことが、将来、住宅ローンを申し込もうとするときに影響するといったこともあります。

自分がブラックリストに載っているかどうか不安な方は、1度、ご自身の信用情報を取り寄せてみるとよいでしょう。(執筆者:弁護士 山本 静人)