2020年9月1日、三井住友カードよりポイント特化型プラチナ「プラチナプリファード」が誕生です。

ポイント特化型と銘打っているだけあって、ポイントがザクザク貯まります

どのようにポイントが貯まるのか、プラチナプリファードの概要や注意点とともに紹介しましょう。

プラチナプリファードの概要

プラチナプリファード
≪画像元:三井住友カード

まず、プラチナプリファードの概要を紹介しましょう。

プラチナプリファードの概要を紹介

本カードの年会費こそ高額ですが、家族カードの年会費がかかりません

年会費2万円程度のプラチナも他社にはありますが、還元率や三井住友カードというステータスを考慮すると高コスパです。

白・黒から選べるカード表面には、カード番号・氏名などがなく、全て裏面に記載されています。

表面も艶消し加工が施されていて、落ち着いた雰囲気です。

プラチナプリファードはポイントがザクザク貯まる

「ポイント特化型」と銘打っているだけあって、プラチナプリファードはポイントがザクザク貯まります。

100円(税込)利用ごとにVポイントが1ポイント貯まり、1ポイント=1ポイント相当ですので還元率は1%です。

三井住友カードのクレカの中でも高還元カードです。

海外ショッピングは3%還元

また、海外でショッピング利用(外貨での利用)すると+2%で、還元率は3%となります。

新型コロナの影響で気軽に海外旅行できる雰囲気ではないものの、うれしいです。

プリファードストア(特約店)では最大10%還元も

特約店では最大10%還元
≪画像元:三井住友カード

さらに、「プリファードストア」と呼ばれる特約店では、+1~9%還元率がアップし、最大10%還元も夢ではありません。

特約店紹介
≪画像元:三井住友カード

・ 大丸松坂屋
・ エクスペディア
・ ETC利用
・ セブン-イレブン
・ マクドナルド
・ すき家
・ マツモトキヨシ
・ アピタ
・ 西友

など、特別なときだけでなく、日常生活で使えるお店もそろっています。

新規入会+利用で4万ポイント、継続で最大4万ポイント

新規入会+利用継続で最大4万ポイント
≪画像元:三井住友カード

プラチナプリファードに新規入会した上で、入会月の3か月後の月末までに40万円以上利用すると、4万ポイントがプレゼントされます

また、前年100万円以上プラチナプリファードを利用するごとに、毎年1万ポイントがプレゼントされ、最大4万ポイント(年400万円利用)還元も可能です。

プラチナプリファードのデメリット・注意点

しかし、プラチナプリファードには以下のようなデメリット・注意点があります。

還元ポイントで年会費の元を取るのは難しい

プラチナの中では比較的安価な年会費なものの、それでも3万3,000円の年会費は決して安くありません。

新規入会+利用特典を除いて、どのようにこのカードを使えば年会費の元を取れるのか、シミュレーションしてみました(還元率は予想)。

年会費の元を取れるのかシミュレーション

結構たくさん利用したつもりでも還元ポイントは年間2万6,200ポイントと、年会費相当の3万3,000ポイントには6,800ポイント足りません。

6,800ポイントは還元率1%で68万円利用、2%でも34万円利用する必要があります

家族カードを発行して家族の協力を仰ぐか、特約店の利用比率を増やすなどしないと、ポイントだけで年会費の元をとるのは難しいかもしれません。

20%還元キャンペーンの対象外

20%還元キャンペーンの対象外
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードでは、新規入会してVpassスマホアプリにログインすると、利用金額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

ただし、プラチナプリファードはこのキャンペーンの対象ではありません。

「三井住友カードプラチナ」と比べて補償・サービスに劣る

あらゆる面でプリファードの方が上位互換
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードには、「三井住友カードプラチナ」というプラチナカードもあります。

この2枚を比較してみましょう。

2枚のカードを比較

通常のプラチナと比較して、プラチナプリファードは発行しやすく、年会費がお得でポイントをザクザク貯めることができます。

それに対して、通常のプラチナはサービス・補償・ステータスに優れていることが分かります。

実利をとるならプリファード、プライスレスな価値を求めるなら通常のプラチナ、といったところでしょうか。

ちなみに、「三井住友カードゴールド」とプリファードを比較すると、あらゆる面でプリファードの方が上位互換です。

ポイントがザクザク貯まる「プラチナプリファード」

プラチナプリファードは、通常の三井住友カードプラチナの2倍となる還元率1%です。

特約店を利用すれば、最大10%還元も夢ではありません

その分、補償・サービスは三井住友カードプラチナほど充実していません。

しかし、旅行保険やショッピング保険は付帯しているので、補償・サービスは最低限でいいという人におすすめのカードですね。(執筆者:角野 達仁)