コロナ禍で「食費」が家計を圧迫

新型コロナウィルスの感染拡大を予防する自粛期間から、外食を控えて家で自炊する機会が増えました。

さらに、職場ではリモートワークが導入され、子どもの学校も休校措置となったことから、家族が家にいる時間が増え、予想以上に膨らんだ食費が家計を大きく圧迫する家庭も多いと思います。

筆者の家庭でも、自粛期間中にコロナ禍で家計の収入が大幅に減額していくなか、増える一方の食費に頭を抱えていました。

どうやったら食費を抑えたことがわからない食卓を作るのかに良い知恵が浮かばなかったからです。

食費は数十円であっても「節約している」という実感を持ちやすいため、「とりあえず節約するには食費から」と考えてしまいます。

しかし実践してみると、家で食べる食費を削ることは大変でした。

食費が増えて家計がひっ迫

節約で品数減少、食卓からの笑顔も減少

「なんとかして食費を抑える工夫をしなくては」と感じたため、

・ 安い食材を中心にした献立を考える

・ 食卓に並べる品数を減らしてみる

・ 夕方の値引きセールに合わせてスーパーに行く

・ すこしでも安い値段のスーパーをはしごする

など思いつく限りの節約方法を試してみることにしました。

しかし、常に「食費を節約しなくてはいけない!」というプレッシャーに縛られてしまい、体力的にも精神的にも疲れ果てて料理を作る元気もなくなってしまう日が増えてしまいました。

確かに家計的には食費を予算内に収められましたが、1食分の予算を下げて品数が少なくなったことで食卓には彩りがなくなり、食事時の家族の会話も減り、食卓から笑顔を少なくなってしまいました。

使わない外食費やレジャー費を食費へ

そこで家計全体を見直し、食費へシフトできる項目を探すことにしました。

「コロナ禍で、以前のような外食費やレジャー費などはかかっていない。

そこから増えた食費へシフトしよう」

と考え方を変えてみました。

これまでどおりの買い物サイクルに戻し、家族の健康を考えた献立や品数に戻して食費の過度な節約をやめました

ひと手間と工夫で節約料理

それでも食費に使える予算には限りがあるので、食材の使い方にも工夫をし、必ず1食材で2品を作ることを心掛けました。

例えば、ザートにオレンジがあったら、オレンジの皮や果汁をあらかじめ少しだけ取っておき、オリーブオイルと塩の簡単なドレッシングであえたシンプルなサラダに、あらかじめ絞っておいたオレンジの果汁とすりおろしたオレンジの皮を混ぜ合わせ翌日の1品にします。

グリーンが中心のサラダにオレンジの彩りが加わり、味もオレンジ風味にアレンジされます。

いつものグリーンサラダが彩り鮮やかなオシャレなサラダに変身し、家族も大満足したようでした。

サーモンの刺身用切り身を買った時は、半分はサーモンとマイタケの炊き込みご飯に、残りの半分はサーモンの刺身を春巻きサラダの具に使うなど、同じ食材でも異なる食感や料理になるように心掛けて品数を増やしてみました。

今までよりは手間は増えましたが、食材をアレンジして使うことで料理が改めて楽しく、食費は予算内に収まり、時には予算よりも低くでき、食事中も彩りと食事に満足してくれる家族の笑顔が戻ってきました。

無理な節約方法をしなくても、ちょっとした工夫で食費をうまくコントロールできました。

少しの手間と工夫で食費を確保

健康管理も大切

栄養のバランスを考えると、食費が高くなるので切り詰めていたときには栄養価もさがった食事になってしまいました。

体調を崩せば、ほかの出費が負担になります。

数十円、数百円の節約が、医療費などで意味をなくしてしまうより、しっかりとした食事で健康な体を保つ方がよいと感じました。

コロナ禍で実感する「食」の大切さ

出費が多くなったり、収入が減るとまずは食費を減らそうとしますが、悪影響があっては節約の意味がありません。

コロナで使わなくなった予算を足りない食費にシフトする。

それだけでも、家計のひっ迫が和らぎます。

コロナの影響はまだ続いており、新しい生活スタイルを見いだしていかなくてはいけません。

「健康を維持しながら快適な生活を過ごすためにお金をかけるべきところにはしっかりかけ、いま節約できるものはしっかり節約する」といった家計のメリハリが大切になってきます。

年末が近づき、今年のはじめに立てた予算には大きな修正点がたくさんあります。

必死に食費を削らなくてもシフトできる予算がでてくるかもしれません。ぜひ家計の見直しをしてみてください。(執筆者:花見 結衣)