ベルマークを覚えていますか。

お菓子やノートに付いているマークを切り取って、学校に持って行った記憶があるでしょう。

ベルマークは基本的に学校などが得をするもので、集めた人は得をしません。

しかし、ベルマークを寄付しつつ自分も得できるチャンスがあります。

今回は、ベルマークについて学ぶとともに、お得なチャンスの内容を紹介しましょう。

ベルマークで懸賞応募

ベルマーク運動とは

ベルマーク

ベルマーク運動とは、子どもたちが豊かで平等な環境で学ぶことを目的とした活動で、その仕組みは以下の通りです。

まんが・ベルマークの仕組み

(1)「協賛会社」と呼ばれる会社が自社商品にベルマークを付け、ベルマークの点数分の資金援助をします。

(2) 協賛会社の商品を消費者が購入し、商品に付いたベルマークを「各種団体」(学校・公民館など)に寄付します。

(3) 各種団体はベルマークの点数を集計し、その点数を使って「協力会社」が扱う教材や備品を購入します。

そして、ベルマークに関するあらゆる事務的なことを担当するのが、「ベルマーク教育助成財団」です。

ベルマークの対象商品

どんなものにベルマークが付いているか、協賛会社とその商品を紹介します。

イシイのおべんとクンミートボール

イシイのおべんとクンミートボール
≪画像元:石井食品株式会社

石井食品株式会社のイシイのおべんとクンミートボールは、お弁当のおかずの絶対王者、今でも筆者は「あん」をご飯にかけて食べています。

袋をきれいに洗って、約1cm角の小さなベルマークを切り取るので、ベルマーク難易度は高めです。

ショウワノート「ジャポニカ学習帳」

ショウワノートのジャポニカ学習張

「ジャポニカ学習帳」でおなじみショウワノート株式会社のノートにも、ベルマークが付いています。

「気持ち悪い」という理由で1度は消滅した昆虫シリーズも、50周年を記念して復活です。

気持ち悪いと感じる方向けには、イラストバージョンもあります。

あいおいニッセイ同和損保の「タフ」

あいおいニッセイ同和損保のタフ

お子さんとは直接関係ないかもしれませんが、あいおいニッセイ同和損保の保険商品「タフ」シリーズにも、ベルマークが付いています。

あいおいニッセイ同和損保のタフのベルマーク協賛
≪画像元:あいおいニッセイ同和損保「タフ ブランドパンフレット(pdf)」≫

ベルマークの交換商品

集まったベルマークは、1点=1円相当として協力会社のこんなものに交換できます。

黒板ふきクリーナー

黒板ふきクリーナー
≪画像元:株式会社内田洋行

内田洋行の黒板ふきクリーナー(税別1万3,500円)です。

筆者の学生時代にもある日これがやってきて、従来は窓の外でパンパンたたいて黒板吹きの掃除が、非常に楽になった記憶があります。

屋外時計

SEIKOの屋外時計

SEIKOの屋外時計(税別34万円)は、グラウンドのどこからでもよく見える場所に設置されていました。

ベルマークを集めると抽選で賞品が当たる

ツルハドラッグのベルマークキャンペーン
≪画像元:ツルハドラッグ

ベルマーク運動は、マークを集める消費者は直接得をしません

ボランティアとはいえ、自分もなにか得をしたいです。

現在、ツルハドラッグでは関東地域限定(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・長野県・山梨県)ですが

ベルマークを集めると、抽選ですてきな賞品が当たるキャンペーンを実施しています。

関東地方では10月19日まで、キリンビバレッジの対象商品のベルマークを6点分集めて、ツルハにある応募はがき(官製はがきでも可)に貼って送ると、合計160名に以下のような賞品が当たります

・ ふるさと応援関東地方「結(むすび)」:60名

・ ツルハグループ商品券1,000円分:100名(結にはずれた方の中から)

ふるさと応援関東地方「結(むすび)」は、銘柄肉・麺類・果物など厳選された関東エリアのグルメボックスです。

ベルマークの対象商品は、キリン生茶・キリンレモン・小岩井純水果汁シリーズ・キリンラブスポーツです。

応募に使ったベルマークは、関東地方の小学校などに寄贈されます。

開催期間:2020年10月15日(木)まで

応募締切:2020年10月19日(月) ※当日消印有効

ベルマークで抽選に参加し子どもたちをサポートしよう

子どものころよく集めていたベルマークは、学校の教材などに活用されます。

1人1人が集められるベルマークの点数は決して多くありませんが、多くの人が協力すれば高額商品も購入可能です。

学校をよく見ると、あれもこれもベルマークでもらったものかもしれません。

消費者は直接的に得をしないベルマークですが、ベルマークを送って抽選ですてきな賞品がもらえるキャンペーンもやっています。

ぜひ参加して、学校に貢献するとともにすてきな賞品を獲得しましょう。(執筆者:角野 達仁)