Suicaに後れを取った格好のPASMOでしたが、ここへきて追い上げを見せています。

Android端末でモバイルPASMOが利用可能となったのに続き、8月28日には手持ちのPASMOカードをモバイルPASMOに移行可能となりました。

そして、10月6日からはiPhoneでもPASMOが使えるようになりました。

【8/28より】手持ちのPASMOカードを「モバイルPASMO」に移行可能になった

PASMOカード
≪画像元:PASMO

PASMO利用者にとって、モバイルPASMOは待望のサービスでした。

加えて、モバイルSuicaアプリからバス定期券を購入できませんが、モバイルPASMOアプリならそれも可能です。

Suicaカード → モバイルSuicaへの移行は可能な一方、PASMOカード → モバイルPASMOへの移行はできませんでしたが、8月28日、それも可能となりました。

定期券情報はもちろん、SF(電子マネー)の残高もそっくり移行されます

モバイルPASMOについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。

「PASMOカード → モバイルPASMO」移行の流れ

ここからは、PASMOカードをモバイルPASMOに移行する手順を紹介しましょう。

まずは下準備

モバイルPASMOに移行する手順
≪画像元:PASMO

まず、モバイルPASMOを利用可能なスマートフォンを用意してください。

FeliCaチップを搭載した、購入時にAndroid6.0以上、最新版のおサイフケータイアプリがインストールされている、Android端末が対象です。

詳しい対応機種については、こちら(PDF)を確認ください。

モバイルPASMOアプリを持っていない人は、ダウンロードしてインストールしてください。

パスモの裏
≪画像元:PASMO

PASMOカード → モバイルPASMOへ移行可能なのは、記名PASMO・PASMO定期券です。

移行にはカード裏面にある17桁のPASMO ID番号が必要です。

モバイルPASMOアプリでの移行手順

モバイルPASMOアプリでの移行手順
≪画像元:PASMO

下準備が完了したらアプリを起動させます。

PASMOを発行する → モバイルPASMO新規発行 → 記名PASMOとタップしてください。

利用規約を読んだら、会員登録に必要な情報を入力しましょう。

会員登録に必要な情報を入力
≪画像元:PASMO

「PASMOをモバイルPASMOへ切替える」をタップしたら、カード裏面にある17桁のPASMO ID番号を入力します。

「PASMO切替受付確認」画面で注意事項などを確認したら、「カードから切替える」をタップしてください。

そうすれば、PASMOカード → モバイルPASMOへの移行手続きは完了です。

注意点を確認

PASMOカード → モバイルPASMOへの移行については、以下の注意点を確認してください。

モバイルPASMOアプリの使用開始時に限り移行可能

PASMOカード → モバイルPASMOへの移行ができるのは、モバイルPASMOアプリの使用開始時のみです。

モバイルPASMOアプリから新規でPASMOを発行して利用してから、別のPASMOカードをモバイルPASMOに移行しようとしてもできません。

新たにPASMOカード → モバイルPASMOへの移行を希望するなら、1度モバイルPASMOを退会後に移行手続きが必要です。

その際、210円の返金手数料がかかり、バス・鉄道の定期券がモバイルPASMOに入っている場合は、それぞれに対して210円かかります

退会手続きをした翌日5時以降、モバイルPASMOアプリ内で新規発行が可能になります。

モバイルPASMOに移行できないPASMOカード

移行できないPASMOカード
≪画像元:PASMO

前述の通り、PASMOカード→モバイルPASMOへ移行可能なのは、記名PASMO・PASMO定期券のみです。

・ 無記名PASMO

・ 小児用PASMO

・ 一体型PASMO

・ モバイルPASMOでの定期券発行に未対応の事業者が発行するPASMO定期券

・ 企画券や乗車証を搭載したPASMO

・ 通学定期券(18歳未満)が付加されたPASMO定期券

は、モバイルPASMOに移行できません。

ANAマイラー必携のソラチカカードは、モバイルPASMOに移行できず残念です。

企画券や乗車証を搭載したPASMOについては、券面情報を消すことで移行可能です。

企画券や乗車証を発行した事業者に申し出てください。

移行当日は定期券・残額履歴のみ利用可能

PASMOカード → モバイルPASMOに移行した当日に利用できるのは、定期券・残額履歴のみです。

・ SF(電子マネー)

・ オートチャージ設定

・ バスポイント

・ 特典バスチケット

については、翌朝5時以降、モバイルPASMOアプリ上で「SF(電子マネー)の受取操作」を行った際に利用可能です。

オートチャージ設定済みのPASMOについては、それ以外の新たな手続きは必要ありません。

オートチャージ申込中のPASMOカードは駅での手続きが必要

オートチャージに申込中のPASMOカードをモバイルPASMOに移行する際は、注意してください。

「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ」というはがきが届きますので、それを持って駅へ行きオートチャージ設定をしてから、モバイルPASMOに移行してください。

間違えて駅へ行かずにモバイルPASMOに移行した場合は、はがきに記載のPASMOオートチャージサービスセンターへ連絡して、指示を仰ぎましょう。

移行済みのPASMOカードは利用できない

PASMOカード → モバイルPASMOに移行した後、移行済みのPASMOカードは利用できません。

PASMOカード発行時にはデポジットとして500円を支払っていますが、移行手続きをしただけでは返金されません

翌朝5時以降に、モバイルPASMOアプリ上で「SF(電子マネー)の受取操作」を行ったら、駅やバス会社の窓口で返金してくれます。

その際、PASMOカードは回収されます。

【10/6より】iPhone・Apple WatchでもPASMOが利用可能に

Apple WatchでもPASMOが利用可能
≪画像元:PASMO

iPhoneユーザーの皆さん、お待たせいたしました。

10月6日より、iPhoneやApple WatchでもPASMOが利用できます。

Android端末の「モバイルPASMO」という名称ではなく「Apple PayのPASMO」ですが、

・ 標準アプリでPASMOを発行可能

・ 既存のPASMOカードを移行できる

・ 定期券の購入も可能

・ Suicaとの共存も可能

など、その機能はモバイルPASMOに引けを取りません。

PASMOカード発行時のデポジットが移行時に残高にチャージされる点は、モバイルPASMOにはないメリットです。

Apple PayのPASMOの始め方

Apple PayのPASMOは、以下の手順で始めましょう。

対応機種を確認

Apple PayのPASMOに対応している機種は、

・ iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降

・ watchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降(Face ID、Touch IDまたはパスコードが設定されているもの)

ですので、確認しましょう。

新規にPASMOを発行する

新規にPASMOを発行する
≪画像元:PASMO

PASMOアプリをインストールしてもいいですが、Walletアプリからも以下の手順で無記名PASMOを発行できます。

1. 右上の「+」ボタンをタップ

2. [PASMO]をタップ

3. 入金したい金額を選択し[追加]をタップ

4. 規則に同意するとPASMOが新規作成

既存のPASMOカードを取り込む

既存のPASMOカードを取り込む
≪画像元:PASMO

既存のPASMOカード・PASMO定期券をApple PayのPASMOに取り込むことも可能ですが、Android端末とは若干手順が異なります。

PASMOアプリ・Walletアプリのどちらでも可能ですが、PASMOアプリを使っても途中からWalletアプリが自動で開くので、Walletアプリでの移行方法を説明しましょう。

1. 右上の「+」ボタンをタップ

2. [続ける]→[PASMO]とタップ

3. [お手持ちの交通系ICカードを追加]をタップ

4. PASMO ID番号の下4桁(記名式・定期券は生年月日も)を入力 → 「次へ」 → 「同意」をタップ

5. iPhoneの上部をカードの中央部の上に置き、しばらくすると転送完了

Apple PayのPASMOの注意点

Apple PayのPASMOとAndroidのモバイルPASMO、注意点はほぼ共通しています。

ここでは、AndroidのモバイルPASMOとは異なる注意点を紹介しましょう。

対応クレジットカード

Apple PayのPASMOはWalletアプリ・PASMOアプリのどちらからでも利用可能ですが、対応クレジットカードが以下のように異なります

・ Walletアプリ:Mastercard・JCB・アメックス

・ PASMOアプリ:Visa・Mastercard・JCB・アメックス

Walletアプリは、日本国内で発行されたVisaカードを利用できませんので、注意しましょう。

チャージ金額の単位

また、Walletアプリ・PASMOアプリのどちらを使うかによって、チャージ金額の単位も以下のように異なります。

・ Walletアプリ:最低100円、以降1円単位

・ PASMOアプリ:最低500円、以降1,000円単位(1,000円~1万円)

Walletアプリの方が、端数まで細かくチャージできます。

Suicaとの共存も可能だがエクスプレスカードにできるのはどちらか一方

改札を通過するとき、面倒な認証手続きを省略できるのが「エクスプレスカード」です。

Apple PayではPASMOとSuicaとの共存も可能ですが、エクスプレスカードにできるのはどちらか一方に限られます。

モバイルPASMO・PASMOカードへの移行はできない

モバイルPASMO・PASMOカードからApple PayのPASMOへの移行はできますが、Apple PayのPASMOからモバイルPASMO・PASMOカードへの移行はできません。

さらに便利になったPASMO 電池切れと残高不足には注意を

Suicaに対する遅れを取り戻すかのように、PASMOの進化が止まりません。

JRを使わないで通勤する人やバス利用者にとって、モバイルPASMOの利便性は非常に高いです。

スマホに多くの機能が集約されると、特にバッテリー切れには注意したいところです(エクスプレスカードに設定してあればある程度利用可能ですが)。

また、オートチャージ設定していない人は、チャージ残高を確認しましょう。(執筆者:角野 達仁)