安くておいしい、そして栄養も豊富な「きのこ」は食費節約の強い味方です。

本日は、管理栄養士である筆者が考案した「きのこ」を使った節約 × 健康レシピをご紹介します。

きのこを使った節約レシピ

「きのこ」は安定価格 × 栄養満点な節約食材

野菜の価格高騰はいったん落ち着きを見せていますが、このところ頻繁にある野菜の値上がりで、食費がかさんでしまっているというご家庭も多いのではないでしょうか

そんなご家庭におすすめしたい食材が「きのこ」です。

「きのこ」は1年を通して価格が安定しています。

免疫強化の効果が期待できるビタミンDや食物繊維が豊富で、野菜に負けない栄養素を含んでいるのもうれしいポイントです。

きのこ類を使ったレシピのレパートリーをいくつか知っておけば、野菜が値上がりしたときも困りません。

今回は、スーパーで手に入りやすい、「舞茸」「えのき」「エリンギ」を使った簡単レシピを紹介します。

【レシピ1】舞茸とフワフワ卵の味噌マヨ炒め

舞茸とフワフワ卵の味噌マヨ炒め

きのこの中でも、舞茸には便秘解消や免疫強化に効果的なβグルカンが豊富に含まれています。

便秘気味のときや風邪を引きやすい季節にはピッタリのレシピです。

材料(4人分・150円)

舞茸:1パック

卵:4

味噌:大さじ2

マヨネーズ:大さじ2

油:適量

塩コショウ:少々

下準備

・ 舞茸は食べやすい大きさに手で割いておく

・ 卵はボウルに割り入れ軽く溶いておく

作り方

1. フライパンに油を入れ中火にかけ、舞茸を炒める

2. 舞茸に火が通ったら味噌を入れて全体になじませる

3. 2にマヨネーズを入れて全体にからめたら、卵を入れて火が通るまで炒め、塩コショウで味を整えれば完成

ポイント

卵はマヨネーズで炒めることでフワッと仕上がります。

そのため、マヨネーズを入れるタイミングは卵を入れる直前にしてください。

濃いめの味付けがお好みの場合は、味噌とマヨネーズを大さじ3ずつ入れてください。

【レシピ2】エノキと白滝の中華風そぼろ炒め

エノキと白滝の中華風そぼろ炒め

エノキはひき肉のかさましにピッタリの食材です。

今回は白滝も入れて、さらにかさましした節約メニューに仕上げました。

ご飯のお供にピッタリの1品です。

材料(4人分・275円)

エノキ:1袋

白滝(あく抜き済みのもの):1袋

豚ひき肉:100g

油:適量

すりおろし生姜(チューブでも可):小さじ1

あればすりおろしニンニク(なくても可):小さじ1

〇 水:150cc

〇 醤油:小さじ2

〇 顆粒中華だし:小さじ1

〇 酒:大さじ1

〇 砂糖:小さじ1

〇 お好みで豆板醤:小さじ2~

ごま油:適量

塩コショウ:少々

下準備

・ 白滝は軽く洗って食べやすい大きさに切る

・ エノキは石突を取り除き、食べやすい大きさいに切る

作り方

1. フライパンに油を入れ中火にかけ、生姜、お好みでニンニク、豚ひき肉を入れて炒める

2. ひき肉に火が通ったら白滝とエノキを入れてエノキに火が通るまで炒める

3. 〇の調味料を入れて軽く煮たたせる

4. 3にごま油を回し入れ1度味見をし、最後に塩コショウで味を整えたら完成

ポイント

最後に水溶きかたくり粉を入れ、具材に味を絡めてもおいしく仕上がります

【レシピ3】エリンギの和風きんぴら

エリンギの和風きんぴら

きのこの中でも食感と風味が抜群のエリンギは、シンプルな調理でもおいしく仕上がるのがうれしいポイントです。

きんぴらなら5分もかからず完成するので、忙しい日の1品に最適です。

材料(4人分・175円)

エリンギ:6本

すりおろしニンニク 小さじ1かけ分(チューブの場合は小さじ1弱)

ごま油:大さじ2

醤油:大さじ1~

酒:大さじ1~

下準備

・ エリンギは食べやすい大きさに手で割いておく

作り方

1. フライパンにごま油とニンニクを入れて中火にかけ、香りが立ったらエリンギを入れて炒める

2. エリンギに火が通ったら、酒と醤油を加えて炒めれば完成

ポイント

エリンギの大きさによって調味料の量を調整します

味が薄い場合は最後にお好みの量の醤油を追加してください。

食費節約と健康維持におすすめ

本日は「きのこ」を使った節約レシピをご紹介しました。

「きのこ」は食費節約と健康維持に最適な食材です。

ぜひ今回のレシピを参考にして、食費の節約に役立ててください。(執筆者:管理栄養士 佐藤 まゆこ)