「家計簿を買ってみたけれど、1週間も続かなかった」

などという経験はありませんか。

筆者も毎日のレシートを記録するタイプの家計簿を3日で投げ出したことがあります。

「そもそも、躍起になって出費を記録する家計管理に意味はあるのか」と白紙の家計簿を前に考えた結果、ズボラな筆者がたどりついたのが今回紹介する家計管理術です。

手間を最大限に省いた方法ですが、ズボラさんでも続けられてしっかりと貯金もできます

月1度3行だけのズボラ家計簿でしっかり家計管理

ズボラさん向け家計管理術のやり方

必要なものは2つだけです。

・ 銀行の預金通帳

・ 100均のノート

この家計管理術で必要なものはこの2つだけです。

ノートは月1回、数行しか記入しないので小さめのシンプルなもので十分です。

ノートのかわりにGoogleスプレッドシートのような表計算ソフトでもよいことでしょう。

家計簿に記載するのは3つだけ

銀行残高と高額出費だけを記載するシンプル家計簿

月に1回、月末に記入するのはこの3つです。

1. すべての銀行口座の残高

2. 残高の合計金額

3. 特別な出費や大きな臨時収入など

1か月間の収支は気にしません

1~3月、4月~6月と、3か月くくりで見て黒字か赤字かを計算します。

3か月の収支が黒字ならまずは及第点赤字なら危険信号です。

3か月で収支を見る理由

1か月ごとに収支を計算しない理由は、そもそも毎月を黒字化する意味はあまりないからです。

【各月の出費の増減例】

・ 年末年始、5月のGW、8月の夏休みは出費が多い月

・ 6月と12月はボーナス支給月

・ お子さんがいる家庭は2月、6月、10月に児童手当

だいたい3か月くくりで収入の多い月と出費が増える月がきますので、3か月で収支を見てしっかりと黒字化することが重要です。

上記の例で言うと、2月に児童手当6万円が振り込まれているにも拘らず、3か月収支はプラス5万円のみです。

収支が黒字なので及第点ですが、出産祝い以外にイレギュラーな出費がなかったかどうかを調べた方がよいことでしょう。

このように普段はどんぶり勘定で過ごしていても、月1回の記録と3か月に1回の振り返りだけで、ざっくりとしたお金の流れをつかめます

貯金は専用口座を作って先取りする

多くの人にとって家計管理の目的は貯金だと思います。

貯金をするには、最初に「これだけは絶対に手をつけない!」という聖域の預貯金口座を作ることが鉄則です。

毎月黒字化して余ったお金を貯金に回すやり方は、ストレスが掛かる割に効果が薄いのでおすすめしません。

・ 財形貯蓄などの給与天引きタイプの貯蓄を利用する

・ ボーナスなどの特別な収入は、振り込まれたらすぐに預貯金口座に移す

・ 児童手当やお年玉は子供名義の口座に入れる

毎日の出費を細かく記録して残金を移すより、こちらのほうが確実に貯まります。

カード払いが多いならアプリを上手に利用する

・ メイン口座にネット銀行を利用している

・ 普段からカードや電子マネーで支払うことが多い

このような方には、アプリの利用をおすすめします。

筆者は無料の家計管理アプリ「マネーフォワード ME」を愛用しています。

マネーフォワード ME
≪画像元:Money Forward

複数のカードの使用歴を一括管理でき、銀行口座や証券口座とも連携させられるので、記帳に行かなくても残高がわかって便利です。

「先月はなんでこんなに出費が多いんだろう」と疑問に思ったときにも、すぐにカードの利用歴を調べられます。

筆者は超ズボラなのでマネーフォワードで家計簿を付けることには挫折しましたが、月1回の残高の記録の際にはいつもマネーフォワードの画面を見ながら行っています。

来年こそは家計管理と貯金をする

年末が近づくと、1年間の貯金額をみて反省する方も多いと思います。

「新年から頑張ろう!」と家計簿を買いに行く前に、ノートを1冊用意しましょう。

・ 月1回の銀行残高の記録と3か月に1回の収支計算で、大まかなお金の流れを把握する

・ 先取り貯金をする

この2つを守れば、ズボラさんでもしっかりと貯金できます。

大雑把にでも収支をつかめば家計の不安も減りますし、「スマホ代を使いすぎてるかも」「来月の外食は控えよう」と家計改善にもつながるので一石二鳥です。(執筆者:青井 千夏)