Go To キャンペーンは、

・ トラベル
・ イート
・ イベント
・ 商店街

の4本柱です。

この中で最も事業規模が大きいのがGo To トラベルであり、これを軸にするとお得度も高くなります。

しかし、Go To トラベルと他のお得の合わせ技でさらにお得になるので、今回は、Go To トラベルを軸にしたお得術を4つ紹介しましょう。

お得術1:USJでトラベル・イート・イベントの「Go To 三重取り」

Go To 三重取りができちゃいます
≪画像元:USJ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)なら、交通手段・ホテル・パス付きを「Go To トラベル」だけで賄えます。

確かにGo To トラベルは割引額も大きく使い勝手もよいですが、

・ Go To トラベルの還元上限に引っかかる

・ 柔軟なスケジュールを組みたい

・ 帰省先の祖父母と一緒にUSJでお得になりたい

という人は、Go To トラベルだけだと少し難しいかもしれません。

USJ、4本柱のうちトラベル・イート・イベントの「Go To三重取り」が可能です。

Go To イート:大阪府のプレミアム付き食事券を利用可能

大阪のプレミアム付き食事券
≪画像元:大阪観光局

Go To イートは、以下の2本立てです。

・ オンライン予約サイトでの予約でポイント還元

・ 25%のプレミアム付き食事券

しかし、オンライン予約サイトが使える飲食店はUSJパーク内にありません

一方のプレミアム付き食事券は、パーク内のレストラン・スナックスタンド・フードカートで大阪府の食事券を利用可能で、Go To トラベルでもらえる地域共通クーポンとの併用もできます

パーク外ですが、USJオフィシャルホテルやユニバーサル・シティウォークなら、オンライン予約サイト・プレミアム付き食事券の両方を利用可能な店舗が少なくありません。

Go To イベント:20%引き&1,500円分クーポン付きの「1デイ・パス」を販売

20%引き&1,500円分クーポン付き1dayパスを使ってお得
≪画像元:USJ

Go To イベントとは、イベントのチケット代金などを20%引きする事業です。

UFJでは、Go To イベント専用のチケット「Go To USJ 1デイ・パス」を販売しており、通常の1デイ・パス(平日価格)と比較して以下のように20%引きになっています。

・ 大人(小学生でない12歳以上):7,800円 → 6,240円

・ 子ども(4~11歳):5,400円 → 4,320円

・ シニア(65歳以上):7,100円 → 5,680円

大人2名と子ども2名なら、5,280円お得になる計算です。

さらに、パーク内のフードやグッズの購入に使える1,500円分のクーポンも付いています。

単独での購入も可能なため、Go To トラベルとは無縁な地元の人でも、Go To イベントを使ってお得になれます。

ただし、購入方法はWEBのみで、チケットブースでは販売していません

受取方法は、ダイレクトイン(QRコード)・宅配・パーク引換えの3種類です。

お得術2:実家への帰省は「移動手段+ホテル1泊」がお得な場合も

実家に帰るならgotoを使ってお得な手段もある

実家への帰省にもGo To トラベルが使えればいいのですが、宿泊先が実家で電車や飛行機など移動手段のみの場合、Go To トラベルの対象になりません

しかし、1泊でも宿泊施設を利用すれば、Go To トラベルの対象になります。

以下の条件で検索してみました。

・ 12月30日:羽田 → 伊丹 ANA013便

・ 12月30日より1泊:大阪新阪急ホテル(ツイン)

・ 1月3日:伊丹 → 羽田 ANA016便

・ 飛行機だけの利用はANAの公式サイト、飛行機+宿泊は楽天トラベルで検索

飛行機だけの利用ですと最安でも4万6,200円ですが、1泊だけホテルに宿泊すると、通常5万9,400円がGo To トラベルで35%引きで3万8,610円となり、飛行機だけの利用より7,590円安くなります

しかも、5万9,400円の15%相当分になる9,000円分の地域共通クーポンももらえて、実質1万6,590円お得な計算です。

先ほどのUSJを例に挙げると、帰省する人たちは「移動手段+ホテル1泊」でGo To トラベルの適用、帰省先の祖父母は「Go To USJ 1デイ・パス」でGo To イベントの適用を受けられます。

お得術3:地域共通クーポンを額面以上にお得に使う

地域共通クーポンを額面以上に使ってみよう
≪画像元:Go To トラベル事務局

旅行代金の15%を目安に発行される、Go To トラベルの「地域共通クーポン」、筆者も函館で使わせていただきました。

地域共通クーポンは、額面通りの金額に使うのが基本ですが、中には額面以上のお得な使い道もあります。

東京メトロ:「東京メトロトラベルセット」は100円お得

東京メトロトラベルセットはメッチャ得
≪画像元:東京メトロ

東京・埼玉・千葉への宿泊や日帰り旅行する人を対象に、地域共通クーポン1,000円分と引き換えに「東京メトロトラベルセット」を提供しています。

東京メトロ24時間券(600円)とお買物券(100円×5枚)のセット内容で、この時点で100円お得ですし、24時間券を4回以上使うとそれ以降はお得になる一方です。

お買物券は、Echika・Echika fit・Esola・売店など東京メトロの駅ナカ、駅チカ施設300か所以上で利用できます。

東京メトロの旅客案内所や定期券売場で引換可能で、セットの有効期限は地域共通クーポンの期限と同一です。

近鉄:「周遊きっぷ」「しまかぜ体験チケット」と交換可能

近鉄にもお得がもりだくさん

近鉄では、地域共通クーポン(電子クーポンは不可)を以下のチケットに交換可能です。

・ しまかぜ体験チケット:1,000円

・ 伊勢志摩周遊きっぷ:1,000円

・ 伊勢志摩周遊きっぷ(フリー区間特急券引換券2枚付き):2,000円

・ 奈良周遊きっぷ:1,000円

・ 奈良周遊きっぷ(往復特急券付き):2,000円

しまかぜと伊勢志摩周遊は、地域共通クーポンの利用エリアに「三重県」を、奈良周遊は「奈良県」「京都府」を含んでいなければなりません

奈良周遊きっぷ(往復特急券付き)を使い京都と奈良を特急で往復すると、運賃1,280円、特急券が1,040円で2,320円、これだけで320円お得です。

しかもフリー区間乗降自由の券もついていますので、使えば使うほどお得になります。

お得術4:ふるさと納税との併用も可能

ふるさと納税との併用だってできちゃう
≪画像元:楽天市場

ちょっと変わった切り口としては、Go To トラベルと「ふるさと納税」との併用があります。

ふるさと納税とは、実質2,000円の負担で返礼品がもらえる制度で、石川県七尾市では1万円~10万円の寄付をすると、返礼品として和倉温泉の対象宿泊施設で利用可能なクーポンをもらえます。

例えば、5万円の寄付なら1万5,000円分の割引クーポンといった具合です。

温泉旅行gotoでそしてふるさと納税でお得
≪画像元:和倉温泉加賀屋

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で36年連続日本一の老舗温泉旅館、「加賀屋」も含まれています。

8万円の宿泊料金が、Go To トラベルとふるさと納税で実質5万5,000円お得に

2名で8万円かかるとして、Go To トラベルの35%引きで5万2,000円、さらにふるさと納税のクーポン1万5,000円を引くと、4万3,000円引きの3万7,000円で宿泊可能です。

もちろん、8万円の15%分の1万2,000円分の地域共通クーポンももらえます楽天トラベルから予約してください。

クーポンは納税から2週間程度で付与され、付与日から89日間が予約対象期間(宿泊日はもう少し先でもOK)です。

自治体独自のプレミアム付き商品券、旅行予約サイトのクーポンなど、他にもお得はいっぱい

今回は、王道ではないGo To トラベルと絡めたお得術を紹介しました。

・ 自治体独自のプレミアム付き商品券

・ 旅行予約サイトのクーポン

・ Go To イートで予約サイトから申し込んでポイント還元

といった王道のお得術もあります。

旅行や帰省をするなら、今が最もお得です。

もちろん、感染症対策をしっかりと施して、新しい生活様式のもとでお得になりましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)