子供連れでGo To Eatを利用するとき、「子どもの人数はポイント付与対象になるのか」疑問になりませんか?

我が家は子ども3人。

6歳、4歳に加えて、0歳もいるので、乳児は対象になるのかどうかも気になりました。

乳幼児と一緒に食事をする方は、筆者のように子どもが対象になるのか気になる方が多いかと思います。

そこで今回は、3つの飲食系ポータルサイトに絞り、子どもが付与対象になるか調査しました。

実際に筆者が利用した体験談もあるので、信ぴょう性は高いです。

「子どもがGoToポイントの付与対象になるのか」「子どもを予約人数に入れるべきか」など、さまざまな疑問を徹底解説いたします。

Go To Eatで 子供がポイント対象になる条件

大手3つの飲食系ポータルサイトの「子どもポイント付与条件」

子どものポイント付与条件についてまとめた表

ホットペッパーグルメ:飲食をする子供のみ対象

ホットペッパーグルメの公式ホームページには、乳幼児のポイント付与について、以下の記載があります。

Go To Eatキャンペーンは飲食店を応援するものとなりますので、当日店舗でご飲食頂ける方を人数としてお願いしています。

そのため、乳児は対象外、お席が必要な幼児以上は予約人数に含めていただけます。

例)
家族構成:大人2名、小学生1名、3歳1名 0歳1名

予約人数:4名(大人2名、小学生1名、3歳1名)

※0歳は乳児になるため、予約人数に含めません。

引用:hot pepperグルメ公式サイト

つまり席に座って食事をする子どもであれば、大人同様1人としてカウントされます

実際にホットペッパーグルメのGo To Eat対象店で、筆者が0歳を連れて2人で来店したところ、ポイント付与は筆者1人の扱いでした

ぐるなび:飲食を伴わない子どもは対象外

ぐるなびの公式ホームページには、乳幼児のポイント付与について、以下の記載があります。

飲食を伴わないお子様は本キャンペーンの対象外となります

ポイントの対象とするかは、お店の判断となりますため、ご不明点はお店にご確認ください

引用:ぐるなびヘルプ公式サイト

ホットペッパーグルメ同様、席に座って、食事をする子どもであれば、大人同様1人としてカウントされます

お店で「離乳食」を注文したら、0歳児も対象になった

離乳食を注文すればOK

ぐるなびとホットペッパーグルメでは、1つだけ異なる点があります。

それは、公式ホームページにも記載がある通り、判断がお店によって異なることです

筆者が実際に、ぐるなびを使ってGoToイート対象店で、筆者が0歳を連れて食事をした際に0歳児の分の「離乳食」を注文したところ、0歳児の我が子もポイント対象となりました

離乳食を注文したことで、乳児でも「食事を伴う子供」にカウントされたようです。

ただし、離乳食を用意している飲食店はいくつかありますが、判断はお店によって異なるので、注文したからと言って必ずポイントがもらえるかは不透明です。

気になる方は、注文時に確認しておくことをおすすめします。

Yahoo!ロコ:飲食をする子どものみ対象(子ども料金が無料コースの場合要注意)

Yahoo!ロコの公式ホームページには、乳幼児のポイント付与について、以下の記載があります。

Yahoo!ロコの公式ホームページにあるポイント付与条件

Yahoo!ロコも、他サイト同様、食事をする子どもだけがポイント付与の対象です

ただし、食べ放題などの「コース予約」をする際は、食事をする子どもでも注意する必要があります。

なぜならYahoo!ロコの場合、「小学生未満0円」「未就学児0円」といった内訳がある場合、飲食をしてもGoToポイントの付与対象外となってしまうからです

筆者が実際に行ったところ、牛角の食べ放題コースは小学生以下0円でも、子ども分のポイントも付与されました。

ちなみに筆者の経験では、ぐるなび、ホットペッパーグルメで子ども料金が無料のコースで食事をしたところ、ポイント対象でした。

「小学生未満0円」「未就学児0円」という内訳があるかどうかで対象外となるのはYahoo!ロコの特徴ではありますが、詳細はお店によって異なるので、事前に確認しておくと確実です。

また、Yahoo!ロコでも「席のみ予約」でもGoToポイントが付与されるようになりました。

コースではなく、席だけを予約して食事を注文するスタイルで楽しむのもおすすめです

ルールに沿って賢くGo To Eatを楽しもう

Go To Eatキャンペーンは、飲食店を応援することを目的として行われている政策です。

どのサイトでもポイントをもらうには、「飲食をすること」が前提となります

子どもはもちろん大人でも同様です。

しかし、Go To Eatのルールが複雑であるため、飲食人数は自己申告になっている部分もあります。

そのため通常なら対象外となる乳児でもポイント対象としている店も一部あり、絶対的なルールとは言えません。

最終的な判断はお店が行うことが多いので、ルールや節度を守り、子連れのGo To Eatを楽しみましょう。(執筆者:三木 千奈)