高速道路や有料道路を利用する場合、ETCカードはゲートをキャッシュレスで通過できるうえ、ETC割引の適応もあり、便利でお得なカードです。

楽天ユーザーなら「楽天ETCカード」を使うと条件次第で年会費が無料になり、通行料金で楽天ポイントも貯まりとってもお得です。

私自身も楽天カード作成と同時に、楽天ETCカードも申し込み、これまで多くのポイントを獲得しています。

今回は楽天ETCカードのお得な使い方を紹介します。

楽天ETCカードとは

楽天ETC
≪画像元:Rakuten Card Co

楽天ETCカードは、楽天カードに付帯して利用できるETCカードです。

そのため、楽天ETCカードの申し込みには楽天カードの保有が条件となります。

すでに楽天カードをお持ちの方は、楽天e-NAVIから簡単に申し込みができます。

楽天カードをお持ちでない方で、ETCカードの作成を検討されている方にもオススメしたいカードです。

続いて楽天ETCカードの、具体的なメリットをご紹介していきたいと思います。

メリット1:通行料金でポイントが貯まる

楽天ETCカードなら高速道路や有料道路の通行料金で、楽天ポイントが貯まります。

少額な通行料金でも、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まるので、還元率は1%です。

ETCカードの中でも年会費無料や、お得な特典・優待があるカードは多いですが、通行料金でポイントが貯まるカードはそう多くはありません。

更にETCカード独自のポイント、「ETCマイレージ」も貯まるため、ポイントの二重取りと言えます。

楽天ポイントとETCマイレージポイントで、結果的に通行料金がお得になります。

ETCマイレージサービスは、

登録無料、所定のポイントが貯まれば自動的に還元額に交換されるしくみ

です。

わが家では夫の単身赴任中、月1万円程度ETC通行料金を支払い、楽天ポイントを年間で約1,200ポイント貯められていました。

これからはETCマイレージポイントも活用し、更にETC通行料金をお得にやりくりしていく予定です。

参照:ETCマイレージサービス

メリット2:楽天ETCカードは年会費がお得

楽天ETCカードは、基本的に年会費550円(税込)がかかりますが、この年会費が無料になる条件があります。

条件1:楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードを持っている

条件2:楽天PointClub会員ランクがダイアモンド会員・プラチナ会員

会員ランクは、楽天ポイントの獲得回数と獲得ポイント数によって決まる仕組みで、プラチナ会員の条件は過去6か月の獲得ポイント数が2,000ポイント、獲得回数が15回となっています。

ポイントアップの期間に楽天市場でのお買い物や、楽天ポイントが付くお店でカードを提示すればポイントを獲得できるので、案外あっという間にランクアップできます。

楽天ヘビーユーザーなら、年会費無料の条件はそれほど厳しくないと言えます。

年会費がかかったとしても550円は手頃な価格設定です。

年間で5万5,000円以上ETC通行料金がかかる場合にはポイントで元が取れるので、高速・有料道路をよく使う人にはオススメなカードです。

メリット3:楽天ETCカードにはお得な優待・サービス

お得な優待サービスがたくさんあいります
≪画像元:Rakuten Card Co

楽天カードユーザーなら、カーライフに関連したお得な優待・サービスも受けられるようになっています。

ENEOSでの給油・洗車・オイル交換などを楽天カードで支払えば、楽天ポイントが最大1.5倍貯まるサービスはとても魅力的です。

他にも自動車保険や車検がお得になるサービスもあります。

ETCカード発行までの期間に注意

楽天カード発行まで約1週間、その後約2週間でETCカードが郵送で届く仕組みとなっているため、お急ぎの方は注意してください。

楽天ETCカードに付帯する楽天カードは、ポイントが貯まりやすい仕組みや特典がそろっているので、節約につながります

ETCカードの新規作成や作り替えをご検討されている方には、年会費もお得・通行料金でポイントも貯まる楽天ETCカードをご検討ください。(執筆者:桐里 もえ)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンを覗いてみましょう。