昨年来、経済的な先行きに不安を感じます。

貯金をするにも、定期預金は万が一を考えると預けにくいとも思います。

「出し入れしやすく、貯めやすい」預金方法はないものかと探し見つけたのが、あおぞら銀行BANK支店です。

圧倒的な金利と利便性、また使いすぎが心配な現金派にもメリットが大きいデビットカードのお得な使い方も含めてご紹介します。

※金利は、2021年1月4日現在の税引き前のものです。

金利0.2%:ゆうちょ銀行の200倍

ゆうちょ銀行の200倍の金利があります
≪画像元:あおぞら銀行

自由に出し入れできるという点では定期預金より普通預金は使いやすいですが、一般的に普通預金の金利は低く、ゆうちょ銀行では現在0.001%です。

あおぞら銀行の有人店舗ではゆうちょ銀行と同様に0.001%ですが、インターネット上の店舗であるBANK支店では200倍の0.2%になります。

通帳はありませんが、明細はBANKアプリでも、インターネットバンキングからでも確認できます。

変動金利ではありますが、仮に100万円を1年間預けていれば受取利息は約1,590円、株や投資のように元本割れする心配はありません。

ATM手数料:ゆうちょ銀行を使えば無料

普段使いにしたいからこそ、気になるのがATM手数料です。

あおぞら銀行BANK支店は、ゆうちょ銀行のATM手数料が無料です。

最近ネット銀行でも会員ランクや預金残高で無料回数を制限しているところがありますが、あおぞら銀行では回数にかかわりなく無料です。

しかも利用できる時間は毎日8:00~21:00、ゆうちょ銀行のATMは全国に3万2,000台以上あり、入・出金・残高照会ができます。

なおセブン銀行でも、毎日8:00~21:00まで回数制限なく入金・残高照会・キャッシュカードの暗証番号の変更はできますが、出金には110円もしくは220円が必要です。

参照:あおぞら銀行

貯金が苦手な人に:「The Savings」で貯める仕組みを作る

貯金が苦手でもできる仕組み
≪画像元:あおぞら銀行

普通預金は確かに気軽に出し入れできますが、それだけに「貯めるぞ!」という強い意志がないと継続しにくいというデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが、「The Savings」というBANKアプリ限定の貯蓄預金です。

預け入れ期間は自分で決められますし、金額は1円以上いくらでもOK、以下の3種類があります。

1. デビット積立 Visaデビットで買い物をすると、設定した比率が自動積み立てされる

2. 毎月定額積立 定額が毎月自動で積み立てられる

3. 手動積立 手動で積み立てる

銀行へわざわざ行かなくてもアプリから設定するだけで、数分で完了します。

ゆうちょ銀行の定額貯金の金利は現在0.002%、「The Savings」はどれも普通預金と同じ0.2%です。

あおぞら銀行のデビットカードとは

ここ数年でどんどん広がるキャッシュレスはとても簡単で便利ですが、使いすぎを不安に感じる声も絶えません。

あおぞら銀行BANK支店のキャッシュカードには、Visaデビットカードの機能がついたあおぞらキャッシュカード・プラスがあります。

デビット機能がついてて安心
≪画像元:あおぞら銀行

1枚のカードにキャッシュカードとデビットカードの機能を備えたもので、挿入方向を変えることで目的に応じた使い方ができます。

現金派に使いやすいデビットカード

デビットカードは即時決済ですから、普通預⾦の残⾼の範囲内でしか利用出来ません。

「使いすぎ」る懸念は減るうえ、現金払いでは味わいづらいキャッシュバックがあります。

利用額によって還元率は異なり、半年間で15万円未満なら0.25%ですが、半年間に60万円以上決済すれば1%となり、現金が年2回普通預金口座に振り込まれます。

月平均10万円使っている方は、1年間で1万2,000円戻ってきます。

半年の合計金額で判定されるので利用金額が上下しても大丈夫、コンビニやカフェなどの日常からネットショッピングまで使えます。年会費や入会金などもかかりません。

ただし支払い回数は1回のみ、Visa加盟店でもガソリンスタンド、高速道路通行料金、一部インターネットプロバイダーや海外のホテルやレンタカーは利用出来ない場合があるのでご注意ください。

参照:あおぞら銀行

デビットカードの3つのお得

新規入会もしくは更新であおぞらキャッシュカード・プラスを発行した方は、Visa加盟店にて期限までに5回以上使用すれば1,000円が口座入金されます。

カードに記載された有効期限の翌々月末までに決済しなくてはなりませんが、利用金額を指定されていませんし、エントリーは不要です。カードが届いたら早めにご利用ください。

参照:あおぞら銀行

2021年3月31日までに高額なお支払いがある方は、キャンペーンが開催中です。

期間を以下のように2つに分けてそれぞれ集計され、利用金額100万円ごとに8,000円分のQUOカードがもらえます。もちろん、通常のキャッシュバックにプラスαの特典です。

キャンペーン期間A:2020年12月1日~2021年1月31日 

キャンペーン期間B:2021年2月1日~2021年3月31日

参照:あおぞら銀行

2か月で100万円を使うのは現実的にはあまりないかもしれませんが、1回でもデビットカードを利用すれば翌々月の他行振込手数料が無料になります。

さらに振込手数料の回数上乗せを狙うなら、口座残高合計が500万円以上になれば2回分プラスされ合計3回、振込にお金がかからなくなります。

参照:あおぞら銀行

ご時世に負けず、自分に合った方法でキッチリ貯めよう

筆者は引き続き使用していますが、利用時間が長いゆうちょ銀行が使えるので、都市銀行に預けるより便利に感じています。

たとえ普通預金でも貯める口座に位置づけたことから貯蓄額が明確になりましたし、タンス預金にしておくよりも「引き出しに出かける」ワンクッションがあるだけで、貯まりやすくもなりました。

口座開設にはある程度の時間が必要です。

筆者の場合は1~2か月ほど時間がかかったので、お早めにご検討ください。(執筆者:吉田 りょう)