最近では、スピーディーさと衛生面を考慮して、キャッシュレス決済を推進する店舗が増えています。

スタバもすでに多くのキャッシュレス決済に対応していますが、このたび、交通系電子マネーにも対応しました。

お得なキャンペーンと合わせて紹介しましょう(断りのない限り記事中の価格は税別)。

スターバックスが交通系電子マネーに対応

1月6日から、全国1,600店以上のスターバックス店舗において、支払いに交通系電子マネーが使えるようになりました。

これまでも、駅チカや駅ナカの店舗では交通系電子マネーに対応していましたが、それ以外の店舗でも使えるようになったのです。

対象の交通系電子マネー

対象の交通系電子マネー

対象となる交通系電子マネーは、以下の通りです。

Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

例えばSuicaであれば、モバイルSuica、Apple PayのSuica、楽天ペイのSuicaなども使えます。

ただし、「PiTaPa」は対象となる交通系電子マネーに含まれません

交通系電子マネーの支払いではスタバのポイントが貯まらない

交通系電子マネーでの支払いではStarが貯まりません

スタバには独自のポイントプログラム「Starbucks Rewards」があります。

54円(税込)ごとにStarが1つ集まり、集めたStarの数に応じて特典を受けられるプログラムです。

ただし、Starを貯めるにはスターバックスカードで支払う必要があり、交通系電子マネーでの支払いではStarが貯まりません

【6/30まで】交通系電子マネーでの支払いでおかわりが100円から楽しめる

交通系電子マネーで支払った際のレシートがあるとお得

交通系電子マネーでの支払いでスタバのポイントは貯まらないものの、お得なキャンペーンがあります。

交通系電子マネーで支払った際のレシートを持って、当日営業終了時までに来店して提示すると、

・ ドリップコーヒー:100円

・ カフェミスト:150円

でおかわりを楽しめます。

「ワンモアコーヒー」というサービスですが、通常は、スターバックスカードで支払った場合のみ、おかわりを100円か150円で楽しめ、交通系電子マネーを含むそれ以外の支払い方法では150円か200円が必要です。

しかし、キャンペーン期間中は交通系電子マネーで支払っても、おかわりを100円か150円で楽しめるのでお得です。

支払いをした店舗とおかわりをする店舗は、同じでなくても構いません

おかわりの注意点

おかわりのサイズは、1杯目と同じかそれより小さくなければなりません

1杯目頼んだものがホットコーヒーの人でもおかわりの際、アイスコーヒーに変更できます。

また、1杯目とおかわりは、別のカスタマイズをしてもOKです(別途カスタマイズの料金は発生)。

3杯目は通常料金が発生し、お得な料金でおかわりを2杯楽しむことはできません。

おかわり注文の際には1杯目のレシートが必要ですので、なくさないようにしましょう。

安心&スピーディーになるスタバのお会計 おかわりでさらにお得に

全国のスタバでは、交通系電子マネーへの対応をします。

これにより、スピーディーにお会計ができるだけでなく、現金の受け渡しがないため感染症予防にもつながります。

そして、交通系電子マネーで支払えばおかわりもお得にできますので、利用しない手はありません。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)