先日楽天市場のSPU(スーパーアッププログラム)の倍率変更が発表されました。

倍率変更に伴い、楽天ゴールドカードの倍率が+4倍だったのが2021年4月1日以降+2倍に引き下げられてしまいます。

この記事では楽天ゴールドカードのSPU倍率の引き下げについて解説します。

楽天市場のSPU(スーパーアッププログラム)とは

楽天の各サービス使用状況により、楽天市場でのお買い物で還元されるポイントの倍率が上がるプログラムのことです。

毎月各サービスの条件を達成することで、その月の楽天市場の還元倍率が決定します。

SPUプログラム改定は2021年4月1日以降

ポイント付与が変わるので間違えないでね
≪画像元:楽天

従来、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを保有していると、SPUでは+4倍にポイントアップしていたのですが、今回のプログラム改定により楽天ゴールドカードが+2倍に引き下げられることが発表されました。

付与上限は5,000ポイントと変更はありません。

しかし、従来であれば5,000ポイント獲得するのに12.5万円必要だったのが、改定後は25万円の買い物が必要になったということです。

付与上限に達するまでの必要買い物金額に12.5万円の差が出る

と考えると今回の改定のインパクトの大きさが分かります。

プログラムの改定は4月1日以降ですので、ゴールドカードの解約検討をする方はその前にふるさと納税や必要な買い物を済ませることをおすすめします。

2021年1月14日までに加入した人には年会費の返還措置

2021年1月14日までに楽天ゴールドカードに入会している場合、年会費の返金・請求停止が可能です。

2021年3月31日 23:59までに楽天e-NAVI内の申込みフォームで手続きが可能です。

新たに追加される「お誕生月サービス」

誕生月に楽天市場・楽天ブックスを利用するとポイントが+1倍(付与上限2,000ポイント)加算されます。

しかし、+2倍 +1倍なので +3倍にしかならず、誕生月のみのサービスとなるため、補填とはいいがたいです。

楽天プレミアムカードは変更なし

今回のSPUプログラム改定に楽天プレミアムカードは変更ありません。

楽天プレミアムカードは年会費1万1,000円に対し、楽天ゴールドカードは年会費2,200円であるため、ポイント倍率に差がついたことで楽天プレミアムカードとの差別化ができたことになります。

楽天ゴールドを持ち続けた方が良いケース

楽天カードは年会費無料ですが、楽天ゴールドは年会費2,200円かかります。

どのような場合楽天カードゴールドを持ち続けた方が良いのかを検証します。

今回のSPU改定により楽天市場での獲得ポイントの差がなくなりました。そのため楽天市場を主に使う人は楽天カードで十分になります。

1. ETCカードの使用金額が多い場合

ETCカードが無料になるから使うならそのまま持ってて
≪画像元:楽天カード

楽天カードではETCカードの年会費が550円かかりますが、楽天ゴールドカードでは無料で発行できます。

そのため、ETCカードの使用金額が多い場合は、楽天ゴールドカードでも良いかもしれません。

2. 利用可能額が100万円以上必要な場合

楽天カードでの利用可能額が100万円までに対し、楽天ゴールドカードの利用可能額は200万円までです。

100万円以上必要な場合、ゴールドカードが必要になります。

3. 国内旅行・ハワイ・韓国に年1~2回程度旅行する場合

楽天ゴールドカードを保有していると、国内空港ラウンジ・一部の海外空港ラウンジが年間2回まで無料で利用可能です。

しかしエリアが限られていることと、回数が年2回までなので1往復分です。

頻繁に海外へ行く場合や国内旅行に行く場合は、楽天プレミアムカードへのグレードアップのほうがお得な場合もあります。

またAMEXでも国内のラウンジが利用可能ですので、楽天ゴールドカードである必要はありません。

ラウンジ利用だけの観点であれば楽天カード以外も視野に入れると、楽天ゴールドカードの年会費が節約できる可能性があります。

もしゴールドカードの必要がないと判断した場合は期間内に年会費の返還措置の手続きを忘れずに行いましょう。(執筆者:飯田 あゆみ)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンも覗いてみましょう。

楽天SPUとは?

【楽天ポイント】SPUでラク&効率よく最大16倍にする「8つのコツ」と最大44倍にする方法