かつてはファミマ専用だった「FamiPay」ですが、加盟店を着々と増やしています。

FamiPayを利用すると半額還元というキャンペーンが実施中ですので、注意点と合わせて紹介しましょう。

【2/8まで】FamiPay払いで半額相当のFamiPayボーナスを還元

半額相当のボーナス還元があります

2月8日までの期間中、FamiPayが使えるお店でFamiPay払いをすると、半額相当のFamiPayボーナスを還元します。

エントリーは必要ありません

対象業種ごとにキャンペーン期間が以下のように異なり、還元上限も割り振られていますので、確認してください。

還元の上限やキャンペーン置換が違うので注意

先陣を切って登場するのはドラッグストアとファミマで、ドラッグストアは1月25日までで1,000円相当が還元上限、ファミマは2月1日までで500円相当が還元上限です。

1月26日からは飲食店が登場し、2月1日まで1,500円相当が還元上限となります。

しんがりは家電量販店で、2月2日~2月8日の期間中に3,000円相当が還元上限です。

対象の店舗

対象店舗もしっかりと確認する

対象のドラッグストアは、

・ウエルシアグループ
・ツルハドラッグ
・スギ薬局
・薬王堂
・サンドラッグ
・くすりの福太郎

などです。

飲食店も参入しているので確認してね

対象の飲食店は、

・魚民
・はなの舞
・さかなや道場
・日高屋
・目利きの銀次
・豊後高田どり酒場

などで、お酒に合いそうな飲食店が多いですね。

家電量販店はこちらです

対象の家電量販店は、

・エディオン
・ツクモ
・100満ボルト
・ベスト電器
・マツヤデンキ
・ヤマダ電機

で、全国展開しているお店もあります。

いろいろとあるので確認をわすれずにね

ファミマ以外の業種には一部対象外店舗がありますが、販促物の有無などで対象店舗を確認してください。

キャンペーンの注意点

ただし、このキャンペーンは以下の点に注意してください。

参加条件

キャンペーンのエントリーは必要ありませんが、キャンペーン期間終了時点で以下のいずれかを登録している人が対象です。

・銀行口座
・ファミマTカード
・銀行口座とファミマTカードの両方

参加の条件があるからちゃんと確認してね
≪画像元:auじぶん銀行

ただし、じぶん銀行などFamiPayへの登録及びチャージを一時停止している金融機関は、対象ではありません。

対象外の商品・サービス

対象外の商品があるから間違えないでね

FamiPayボーナスの還元対象外となる商品・サービスがあります。

ファミマでは以下の商品・サービスが対象外です。

・切手、はがき、印紙
・自治体ごみ券・袋
・チケット、回数券
・公共料金
・代行収納
・各種通信販売、クレジット・ローンのお支払
・スポーツくじtoto

プリペイドカード類(POSAカード除く)

・その他金券

・電子マネーのチャージ
・クオカードの発行(販売代金)
・Go to Eatチケット

他の対象業種については、それぞれのキャンペーンページで確認してください。

還元されるFamiPayボーナス

このキャンペーンのFamiPayボーナスは、2月25日頃にファミペイアプリ上で還元されます。

ただし、このFamiPayボーナスは期間限定ボーナスですので、ファミペイアプリ上で有効期限を確認してください。

対象業種と期間、上限の確認を忘れずに

対象店舗でFamiPayを利用すると、利用金額の半分のFamiPayボーナスが還元されます。

対象業種が決まっており、業種ごとに期間や上限は異なりますので、確認してください。

ファミマでは1,000円利用して上限、家電量販店では6,000円利用して上限など、簡単に上限に達しそうです。

また、ファミマ以外の業種は期間が1週間弱しかないので、忘れず参加しましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)