あらかじめチャージされたPayPay残高を使うと、多くのキャンペーンに参加できるのがPayPayの特徴です。

PayPay残高は一見すると違いがないように思えるのですが、違いがあることはあまり知られていません。

この記事では、4種類あるPayPay残高の違いを徹底解説しましょう。

2/1から「PayPayボーナスライト → PayPayボーナス」に変更

「PayPayボーナスライト → PayPayボーナス」に変更
≪画像元:ヤフージャパン
ヤフーのサービスで付与されるポイントが「PayPayボーナスライト → PayPayボーナス」に変更

これまで、Yahoo!ショッピング、PayPayモールなどヤフーのサービスで付与されるポイントは「PayPayボーナスライト」でしたが、2月1日からは「PayPayボーナス」に変更されます。

ただし、1月31日までに付与が完了しているPayPayボーナスライトについては、2月1日以降も変更がありません。

PayPayボーナスライトには60日間の有効期限が設定されていますが、PayPayボーナスには有効期限がないため、期限切れの心配をせずに買い物できます。

PayPay残高には4種類ある

「PayPay残高」とは、実店舗やネットのPayPay加盟店で1円単位で利用できる電子マネーのことです。

PayPay残高には

・ PayPayマネー

・ PayPayマネーライト

・ PayPayボーナス

・ PayPayボーナスライト

の4種類あり、PayPay残高を使って支払う際には、「PayPayボーナスライト → PayPayボーナス → PayPayマネーライト → PayPayマネー」の順番で、自動的に利用されます

PayPay残高の種類の確認手順

自分が持っているPayPay残高の種類は、次のような手順で確認できます。

手順1. 画面下部の[残高]タップ

手順2. 画面上部の残高表記(〇〇円)横の[>]をタップ

手順3. 各PayPay残高の内訳が表示される

4種類のPayPay残高の違いを徹底解説

PayPay残高には4種類あり、その内訳を自分で確認できるということが分かりました。

ここからは、4種類のPayPay残高の違いを4つの観点から徹底解説します。

1. 残高が増える条件

まずは、残高が増える条件の違いです。

【PayPayマネー】
銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からのチャージ

【PayPayマネーライト】
ヤフーカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用したチャージ

【PayPayボーナス】
特典・キャンペーンで還元

【PayPayボーナスライト】
特典・キャンペーンで還元

PayPayマネーはPayPay株式会社が発行する残高ですが、PayPayマネーライトは別の会社の依頼を受けて発行する残高です。

マイナポイントにPayPay登録で5,000ポイント
≪画像元:PayPay

マイナポイントで還元されるのは、PayPayマネーライトです。

PayPayボーナス・PayPayボーナスライトは、キャンペーンなどで還元されるもので、自分で購入(チャージ)はできません

ちなみに、各残高の上限は以下の通りです。

【PayPayマネー】500万円

【PayPayマネーライト】100万円

【PayPayボーナス】なし

【PayPayボーナスライト】なし

また、銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!からPayPayマネーへのチャージ上限は、「50万円/24時間、200万円/30日間」です。

2. 有効期限

【PayPayボーナスライト】還元日より60日間

【それ以外】期限なし

PayPayボーナスライトのみ「還元日より60日間」という有効期限が設定されています。

PayPay残高の利用順でPayPayボーナスライトが1番なのは、期限切れを極力防ぐためなのです。

60日間の有効期限は短いかもしれませんので、ヤフーのサービスでもらえるポイントが無期限のPayPayボーナスに変更されるのは改善だと言えますね。

3. 利用上限

【全残高】合計50万円/24時間、200万円/30日

利用上限は残高の種類にかかわらず、合計50万円/24時間、200万円/30日です。

ちなみに、PayPay残高払いではなくクレカ払いの場合には、本人認証をしていないと5,000円/24時間、認証済みであれば2万円/24時間です。

4. 出金・送金・割り勘機能

出金・送金・わりかん機能
≪画像元:PayPay

PayPay残高は、銀行口座への出金(払い出し)、友達への送金や割り勘などに使うこともできます

より金融サービスに近い感じです。ただし、残高の種類によって使える機能には次のような制限があります。

、残高の種類によって使える機能に制限

キャンペーンなどで高還元を期待できるPayPayボーナス・PayPayボーナスライトは、決済でしか利用できません

PayPayが自社で発行した残高であるPayPayマネーは、最も自由度が高いと言えます。

ヤフーカード、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してチャージするPayPayマネーライトは、安易な現金化を防ぐ目的で出金できません。

用途によって適したPayPay残高は異なる

決済サービスとして使うか、金融サービスとして使うかで、適したPayPay残高は異なる

最後に、4種類のPayPay残高の違いを表にまとめました。

4種類のPayPay残高の違い一覧表

PayPay加盟店での支払いに使うだけでしたら、PayPayボーナス・PayPayボーナスライトでも問題ありません。

ただし、PayPayボーナスライトの60日間の有効期限に気を付けてください。

ヤフオク!やPayPayフリマによく出品している人は、最も自由度の高いPayPayマネーを手にできます。加盟店で使ってもよし、出金してもよしです。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)