今回は前回に引き続き、1年で最も決算月が集中する3月期の中で、企業の本業の利益に当たる営業利益が増益予想となっており、配当+優待利回りが良好な株主優待株を四季報を参考にご紹介します。

新型コロナがまだまだ日常を脅かす中で、業績のトレンドはこのまましばらく続くのでしょうか。

3月期は株主優待株多数のため、数回に分けて証券コード順にご紹介します。

株価その他の情報は1/25終値時点でのYahoo!ファイナンスから引用しています。

(1) モーニングスター(4765)

「モーニングスター」は投資信託データ販売や投信運用、投資関連セミナーを行う企業です。

第二四半期決算によれば、コロナ禍により対面でのセミナーなどが大きく制限されたため、セミナー収入や付随する広告収入が減少した一方で、投信信託報酬の増加により全体では増収増益となりました。

四季報によると21年3月期、22年3月期とも増収増益予想です。

株主優待として自社で運営する株式新聞の購読が無料となるため、配当+優待利回りはなんと110%超えであり、新聞購読料のみで投資分がペイされてしまいます。

モーニングスター
≪画像元:モーニングスター

◆モーニングスター(4765)

・ 株価 490円

・ 最低購入代金(100株)4万9,000円

・ 権利日 3月末日・9月末日

・ 配当 15.5円

株主優待

(1) 仮想通貨(暗号資産)XRPを贈呈

(2) 株式新聞ウェブ版無料購読クーポン

【3月末】

100株以上 (1) 50XRP+(2) 6か月無料(2万6,400円相当)

500株以上 (1) 50XRP+(2) 12か月無料(5万2,800円相当)

【9月末日】

100株以上 (1) 50XRP

(2) TAC(4319)

「TAC」は会計・法律分野など資格取得のための学校を展開しており、そのほか法人研修や出版、人材紹介事業なども行っています。

第二四半期決算によれば、新型コロナに伴う試験延期などで売上が減少し、消費税値上げ前の駆け込み消費があった前期と比較すると減収となりました。

四季報の21年3月期の予想では、校舎を減床した分の原状回復費用などがかかった前期と比較すると営業利益は増益予想であり、翌期22年3月期は横ばい予想です。

「TAC」の株主優待は、自社で行う講座受講料が10%割引となるものであり、10万円以上かかる講座も多いなか割引が適用されれば1万円以上の優待となるため、優待利回りが高くなります

年間で1講座受講し割引1万円が適用された場合、配当+優待利回りは約40%と破格の利回りとなるので、資格取得検討中の方はいかがでしょうか。

資格の学校TAC
≪画像元:TAC

◆TAC(4319)

・ 株価 267円

・ 最低購入代金(100株)2万6,700円

・ 権利日 3月末日・9月末日

・ 配当 5円

株主優待

受講割引券(10%割引)

100株以上 1枚

1,000株以上 2枚

(3) 飯田Gホールディングス(3291)

「飯田Gホールディングス」は戸建て住宅全国シェア3割を誇る建設会社です。

第二四半期決算によれば、新型コロナによる生活様式の変化ともない、より広い居住空間の戸建て住宅への関心が高まったことを受け、増収増益となりました

四季報によると、21年3月期、22年3月期とも増益予想となっています。

「飯田Gホールディングス」の株主優待は神奈川県の景勝地・江の島にある「江の島アイランドスパ」入場券4枚となっており、正価で換算すると配当+優待利回りは約8%と高利回りです。

飯田グループホールディングス

◆飯田Gホールディングス(3291)

・ 株価 2,373円

・ 最低購入代金(100株)23万7,300円

・ 権利日 3月末日

・ 配当 62円

株主優待

「江の島アイランドスパ」温泉・プールエリア利用券

100株以上 4枚(有効期間中4名様分の施設利用(入館)無料

(4)アジュバンコスメジャパン(4929)

「アジュバンコスメジャパン」は美容室経由でスキンケア、ヘアケア、美容機器を販売する企業です。

第二四半期決算によれば、コロナ禍により商品を卸しているサロンの客数減少の影響があったものの売上高は微減に留まり、営業利益はゼロでした。

四季報によると、新商品の投入やイベント自粛による販管費圧縮効果により、21年3月期の通期では増収増益を見込んでいます

配当+優待利回りは7%と高利回りです。

アジュバン

◆アジュバンコスメジャパン(4929)

・株価 1,055円

・最低購入代金(100株) 10万5,500円

・権利日  3月20日

・配当 24円

株主優待

自社商品

100株以上 5,000円相当

1,000株以上 1万円相当

(5)アグレ都市デザイン(3467)

「アグレ都市デザイン」は東京・神奈川地盤にデザイン性を高めた中価格帯の戸建て分譲を展開する企業です。

第二四半期決算によれば、コロナ禍などによる先行き不透明の中でも業績を伸ばし、増収減益となりました。

四季報によると、高値仕入物件の一服などの効果で、2021年3月期の通期では増収増益を見込んでおり、翌2022年3月期も続けて増収増益予想です。

配当+優待利回りは約4.8%と高利回りです。

Agrアグレ都市デザイン
≪画像元:アグレ都市デザイン

◆アグレ都市デザイン(3467)

・ 株価 683円

・ 最低購入代金(100株) 6万8,300円

・ 権利日 3月末日

・ 配当 23円

株主優待

クオ・カード

100株以上 1,000円分

(6) ハウスコム(3275)

「ハウスコム」は大東建託の賃貸仲介子会社で、東京・中京圏を中心に直営店を展開しています。

第二四半期決算によれば、新型コロナの影響により賃貸仲介件数が減少し、減収減益となりました。

四季報によると、広告費圧縮や高単価リフォーム拡大により、2021年3月期通期や2022年3月期では増収増益を見込んでいます

配当+優待利回りは約3.8%です。

株主優待の権利を得るには200株以上の保有が必要ですので、投資を検討されている方はご注意ください。

ハウスコム

◆ハウスコム(3275)

・ 株価 1,350円

・ 最低購入代金(100株)13万5,000円

・ 権利日 3月末日

・ 配当 36円

株主優待

「ハウスコム・プレミアム優待倶楽部」ポイント進呈

200株以上 継続保有期間 1年未満:3,000ポイント 1年以上:3,300ポイント

300株以上 継続保有期間 1年未満:5,000ポイント 1年以上:5,500ポイント

600株以上 継続保有期間 1年未満:1万ポイント 1年以上:1万1,000ポイント

1,000株以上 継続保有期間 1年未満:2万ポイント 1年以上:2万2,000ポイント

(7)TOKAIホールディングス(3167)

「TOKAIホールディングス」は、東海地方を地盤にLPガス販売、ケーブルTV運営、水宅配などを行う企業です。

第二四半期決算によると、ケーブルTVやLPガスなど契約数の増加はあったもののLPガス事業では原料価格の下落に伴う販売価格の下落などにより減収減益となりました。

四季報によると、LPガス販売数量の伸びにより2021年3月期の通期や翌2022年3月期では増収増益予想となっています。

配当+優待利回りは、優待品を1,000円相当とした場合、約4.9%です。

トーカイホールディングス

◆TOKAIホールディングス(3167)

・株価 976円

・最低購入代金(100株)9万7,600円

・権利日 3月末日・9月末日

・配当 28円

株主優待

Aコース:アクア商品

(1) うるのん「富士の天然水さらり」500mlボトル または

(2) 飲料水宅配サービス「おいしい水の宅配便」「うるのん」の12Lボトル

Bコース:QUOカード

Cコース:フレンチレストラン「ヴォーシエル」お食事券

Dコース:グループ会員サービス「TLCポイント」

Eコース:「LIBMO」月額割引(6か月間)

100株以上 A:(1)12本、(2)1本 B:500円分 C:1,000円分 D:1,000ポイント E:2,100円

300株以上 A:(1)24本、(2)2本 B:1,500円分 C:3,000円分 D:2,000ポイント E:5,100円

5,000株以上 A:(1)48本、(2)4本 B:2,500円分 C:5,000円分 D:4,000ポイント E:1万1,280円

(8)パピレス(3641)

「パピレス」は電子書籍販売や電子貸本を行う企業で、電子書籍レンタルサイト「Renta!」を運営しています。

第二四半期決算によると、コロナ禍での巣ごもり需要を受け増収増益となりました。

四季報によると、ネットやTVなどの広告費負担の膨らみをこなし、2021年3月期の通期や翌2022年3月期でも増収増益予想となっています。

配当+優待利回りは約4.8%です。

電子書店パピレス
≪画像元:パピレス

◆パピレス(3641)

・ 株価 2,301円

・ 最低購入代金(100株)23万100円

・ 権利日 3月末日

・ 配当 10円

株主優待

100株以上 電子書籍レンタルサイト「Renta!」において利用可能な1万ポイント(1万円+消費税相当)と交換可能なギフトコード

(9)大成ラミック(4994)

「大成ラミック」は食品用などの包装用フィルムの製造販売トップで国内シェア3割を誇る企業です。

第二四半期決算によると、新型コロナの影響により需要増加の面もあったものの、低採算取引の見直しによる売上高減少などにより減収増益となりました。

四季報によると、引き続き内食・中食需要増などの効果により2021年3月期は減収増益予想となっています。

翌2022年3月期は増収減益予想です。

株主優待をいただけるのが、1年以上保有の株主に限りますのでご注意ください。

配当+優待利回りは約4.2%です。

大成ラミック
≪画像元:大成ラミック

◆大成ラミック(4994)

・株価 2,890円

・最低購入代金(100株) 28万9,000円

・権利日  3月末日

・配当 70円

株主優待

自社製品に関連する商品

1年以上保有 100株以上 5,000円相当

(10)ファルコホールディングス(4671)

「ファルコホールディングス」は臨床検査受託大手で、調剤薬局も展開する企業です。

第二四半期決算によると、新型コロナ感染拡大により医療機関を受診する患者が減少した影響を受け検査受託件数も減少しましたが、固定費削減の効果があり減収増益となりました。

四季報によると、PCR検査などの伸長や新規開拓や前期の構造改善などの効果により、2021年3月期は減収増益予想となっています。

翌2022年3月期は増収増益予想となっています。

配当+優待利回りは約4.2%です。

ファルコホールディングス

◆ファルコホールディングス(4671)

・株価 1,615円

・最低購入代金(100株)16万1,500円

・権利日 3月末日・9月末日

・配当 48円

株主優待

QUOカード

100株以上 1,000円分

証券コード3,000番台は外食産業などコロナの影響の直撃を受けた企業が多かったです。

株価その他の情報は今後変更される可能性があります。

投資をお考えの際はご自身でご確認の上お願いいたします。(執筆者:取得優待は120以上 吉井 裕子)