私はマイナポイントが気になりつつも、マイナンバーカードを申請するのが面倒で最近まで手を付けずにいました。

マイナンバーカードが健康保険証として使用可能となるという話を聞いて、遅ればせながら2月に申請してみました。

マイナポイントの対象となるのが「2021年3月末までにマイナンバーカードを申請した方」となっていたので、駆け込みで何とか申し込むことができたのです。

この記事では、マイナンバーカードを申請してマイナポイントの申し込みした体験談をお伝えしたいと思います。

マイナポイントの対象は「2021年3月末までにマイナンバーカードを申請した方」

マイナンバーカードに申請すると上限5000P付与

マイナンバーカードをお持ちでない方も、マイナポイントの申し込みにはまだ間に合います

QRコード付きの交付申請書が2021年3月までに順次発送されているので、交付申請書が手元にあればスマホで簡単に申請ができるのです。

交付申請書
マイナンバーカードの申請手続き
≪画像元:マイナポイント事務局「マイナポイントパンフレット (pdf)」≫
交付申請書のQRコードをスマホで読み取り、メールアドレス・顔写真・その他必要な情報を入力すれば申請完了なので、10分程度でできました。

3月末までに申請の手続きをすればマイナポイント対象となるので、上限5,000円分のポイントを獲得できるチャンスはまだ残されています。

カード受け取り後にマイナポイントを申し込み、2021年9月末までにチャージまたは買い物をすることで上限5,000円分のポイントを受け取れるのです。

今からの申請を検討されている方は、まずは交付申請書が手元にあるかを確認してみてくださいね。

マイナンバーカード到着後からの流れ

申請してから交付通知書が届くまではおおむね1か月程度かかり、さらにマイナンバーカードを交付場所に取りに行かなければならないため、実際にマイナンバーカードが手元に届くまでは時間がかかります

私の場合には申請後3週間で交付通知書が届いたので、すぐに交付場所である区役所に取りに行きました。

私と同じように駆け込みでマイナンバーカードを申請されている方も多いようで、窓口の待ち時間が1時間ほどありましたが、受け取りやパスワード設定は5分程度で終了しました。

マイナポイントの予約、申し込み

マイナポイントの申し込み
≪画像元:マイナポイント事務局「マイナポイントパンフレット (pdf)」≫

自宅に帰って早速マイナポイントの予約、申し込みを開始しました。

「マイナポイント」のアプリをダウンロードして予約手続きから開始します。

マイナンバーカードをスマートフォンで読み取り、窓口で設定した「利用者証明用パスワード」を入力すれば、予約手続きは完了です。

マイナポイントを決済サービスと紐づけ

次に、マイナポイントの申し込みですが、どの決済サービスと紐づけるかを迷いました。

上乗せポイントがもらえるイオンカードやd払い、au PAYは魅力的ではありますが、これらに新たに登録するのはさすがに面倒だと考えました。

私が普段から使っている

・ 楽天カード
・ Pay Pay
・ Suica

の3つの選択肢から考えることにしました。

この中でSuicaは5,000ポイントと、上乗せで1,000ポイントがもらえるキャンペーンをしていました。

しかし、Suicaでマイナポイントを申し込むには「JRE POINT」のウェブサイトにSuicaを登録する必要があります。

ところが、私が使っている「記念Suica」では「JRE POINT」に登録できないことが分かったので、Suicaでの申し込みは諦めることにしました。

「超PayPay祭」開催中のPayPayも迷いましたが、結局は最も利用頻度の高い楽天カードと紐づけすることに決めました。

上乗せキャンペーンや還元祭は魅力的ですが、利用頻度の1番高い決済サービスと紐づけるのが無理なくポイントを使い切る方法だと考えたからです。

マイナポイントを楽天カードで申し込み

楽天カードでマイナポイント
≪画像元:楽天カード

利用頻度が最も高く、通常のカード利用獲得ポイントの還元率も良い楽天カードでマイナポイントを申し込みました。

2021年9月末までに累積2万円以上の利用で、翌々月の25日頃にマイナポイントとして最大5,000ポイントが付与されます。

楽天カードの通常のカード利用獲得ポイントもいつも通りに付与されます。

SPU4.5倍の私は楽天市場で2万円分の買い物をすると、通常ポイントが900ポイントも付与されることになります。

結果として、マイナポイント最大5,000ポイント+SPU900ポイント獲得できる予定です。

9月末までまだ半年程度の期間があるので、日用品や食品などで無理なく上限5,000ポイントを獲得できそうです。

通常利用のポイントに加えて5,000P付与
≪画像元:楽天カード

マイナポイント獲得にまだ間に合う

マイナポイント付与の対象となるのは「2021年3月末までマイナンバーカードを申請した方」です。

QRコード付きの交付申請書があれば、申請自体はすぐに終わるのでまだ間に合います。

マイナンバーカードの到着までには1か月程度かかりますが、マイナポイント申し込んで9月末までにチャージや買い物をすれば上限5,000円分のポイントを受け取るチャンスがあります。

行政はマイナンバーカードを「デジタル社会のパスポート」として広めていく方針のようなので、マイナポイントのもらえるこの機会に申請を検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:桐里 もえ)